一番大事な事

 世の中には色々な宗教があり、また多くのセラピスト、心理カウンセラーがいる。そして、色々な人生上の困難、悩みに対して、こうしたらいい、ああしたらいいと色々アドバイスをくれる。生長の家も色々な先生が居て、信徒はそうした先生にこういう時はどうしたらいいか、どういう心の持ち方をしたらいいかという事を相談する。 
生長の家の本では聖典「生命の実相」第七巻「生活編」にそうした事が事細かに書いてあり、信徒の人はそれをバイブルとして、生活する上でどういう事をしたらいいかという指針をこの本から得ている。

 難しい教義よりもこうした具体的生活指針の方が取っ付きやすいし、また、実際どうしていいか分からなくなった時にこうすべしと書かれているから、信徒に取っては有り難い本である。

 しかし、それだけでは根本的救いにならない。どういう時にどうすべきかと言う事を本とか自分以外の先生に習った所で、自分が何をすべきかと言うことはその時、その場、又は相手、状況によって、色々変わるからである。
 例えば、人の良いところを観るというのでも、その事は大切な事だが、余り、それにとらわれると注意すべき時にきちんと部下とか子供に注意する事も出来なくなる。また、祈りが大事だと教われば、暴漢が今、正に自分の大事な人を襲おうとしているのに、「あなたは神の子でございます」なんていう事でその場に座って、ただ祈っているだけで何もしない事だってあり得る。

 要するに我々は善をなすのに、真理の実行をするのに人事処に応じ、自由自在にその時何をすべきかを瞬時に判断して、やって行かなくてならないのである。その為には自分の外の先生とか本ではなくて、自分の中の神に相談しなくてはならないのである。そして、その為には自分の中に神を直接、発見しなくてはならないのである。
 我々の人生はその自分の中にある神を発見する為の道程であり、学校である。それは人生において、自分に巡って来る課題を真剣に受け止めて、その中で全力を尽くす事により、必ず発見する事が出来るのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-03-18 13:05 | 信仰 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7511088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いろどりひかる☆ at 2008-03-20 15:24 x
いつもお世話になっております。どの記事も「ああ〜」と沁みるのですが、今日の
>>人事処に応じ、自由自在にその時何をすべきかを瞬時に判断して、やって行かなくてならないのである。。は、まさに「そう!それです!」と大拍手いたしました。
>>その為には自分の中に神を直接、発見しなくてはならない。。。そうですね〜常に神想観で内なる神様と対面しなければならないのですね。
そうしているうちに、行動が全て「節に当たる」ようになるのですね。

ああ〜スッキリいたしました。いつもありがとうございます。
Commented by 三谷文人 at 2008-03-20 23:24 x
 有難う御座居ます

 先週は、誌友会、勉強会とお世話になりました。お陰さまで充実した週末を過ごせました。有難う御座居ました。

 私達の信仰は、先生や書物といった他者外物にいつまでも頼っていては駄目なのですね。いかなる事態に処しても、どう行為すべきか、いかにあるべきか、正しい解答は常に自己の内に用意されている、という自覚を深めることが大切ですね。
 自己の内から展開された行為ならば、それが例え傍目には実相を拝んでいる様には見えない行為であっても、必ず相手の実相を引き出したり、良い結果をもたらしたりするものですからね。

 堀さんはテニスを通して、常に自己の内の神に相談する、という信仰を深めておられますね。文字にすれば、例え当たり前の技術であっても、それを習得するまでの精神的背景を思うに、堀さんの言葉には実に重いものを感じます。素晴らしいですね。

Commented by koujihori at 2008-03-21 09:25
三谷さん

 コメント有り難うございました。

>自己の内から展開された行為ならば、それが例え傍目には実相を拝んでいる様には見えない行為であっても、必ず相手の実相を引き出したり、良い結果をもたらしたりするものですからね。

 その通りですね。

>堀さんはテニスを通して、常に自己の内の神に相談する、という信仰を深めておられますね。文字にすれば、例え当たり前の技術であっても、・・・

 本当にそうです。文字上で頭で知るって事と本当に自分の生命で分かるって事は天地の開きがありますね。
Commented by koujihori at 2008-03-21 10:56
いろどりひかる☆様

 僕の言いたい事を受け取って下さって、有り難うございます。
人に尋ねなくても自分の中に神がおられるというのは素晴らしい福音ですね。僕はかつて榎本恵吾先生に「僕は自分の言った事が人々をミスリードするのではないかと時々不安になります。」と申し上げたら、先生はすかさず、「人間神の子という事は自分が神だと言う事だ。」と諭されました。僕はそれ以来、自分の言葉はそのままで神の言葉であるという自信を持ちました。人に色々真理の話をして、それが後であれは間違いだったんじゃないかと思う事もありましたが、ずっと後になってやはり間違いなかったと分かった経験が何度もありました。
<< これで分かったなんて言うのは分... 恥 >>