生かされている(3)

 吾々が生きているのは我(が)が頑張って、工夫して、努力して、自分で自分を支えて生きているのではない。神に生かされているのである。その神というのは全知全能である。その全知全能、無限力、完全円満である神に吾らは今、直接、つながり、生かされているのである。だから、吾らは如何なる時も乏しいという事も、困るという事も無いのである。それが歌われているのが「吾が生くるは吾が力ならず、天地(あめつち)を貫きて生くる祖神(みおや)の生命(いのち)」と唱える生長の家の招神歌(かみよびうた)である。

 その生かされているというのは実相の話で現象面では中々そういう訳には行かず、その事を祈って、愛行する中、やっとその実相が出て来て、生かされる様になるというのではないのである。
 吾々は今、そのままで迷っていようが、潜在意識が清まっていようがいまいが、このままで神に生かされているのである。その迷いや紆余曲折さえも神の悟りに通じる道であるからである。だから、神の道は常楽の道であり、全託の道であり、かつそれは峻厳なものである。

 全ての経験があの時、ああいう困難な思いをしたけれども、それが却って良かった。その事により、表面的物質的な繁栄にはすぐ結びつかなかったが、結局、自己の内在の無限を自分は発見する事が出来たのだと言う事はいくらでもある。

 生かされているという事は別の言い方をすれば、実相は自分で出て来るという事である。実相は自分で出て来るから、吾々は必要な時に必要な導きを得られ、力と勇気を自ずと出す事が出来るのである。それを何とか自分の力で自分の工夫で自分の努力で実相を引き出さなくてはならないと思う所、自分の迷いとか弱気とか能力の無さとかを自分でつかみ、これを良くしなければならない、強くしなければならない、上手い方法を探し出さねばならない、考え出さなくてはならないとなる。その問題を心でつかんで良くしようという心が自らの無限力を自ら縛る行為である。それは実相が自ずと出て来るという事を知らず、神に今、生かされているという事にまだ目覚めず、問題を良くしよう、悩みを解決しようという心が問題をつかんでいる為に心の法則が働いて、今、現に吾々は無限の神に生かされ、導かれているのに自らそれに対して、目を閉じて、自分を良くしようと自分を縛り付けて、苦しい、苦しいと言っているのである。それが聖経「甘露の法雨」に示されている所の「病気、不幸、不調和、不完全に積極的力を与えたるは吾らの悪夢にして、吾らが夢中に悪魔に圧えられて苦しめども覚めて観れば現実に何ら吾らを圧える力はなく、吾と吾が心にて胸を圧えいるが如し。」と言う事である。

堀 浩二
by koujihori | 2008-03-31 13:02 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7604930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 磯山さやかのDVDメイキ.. at 2008-04-03 19:18
タイトル : 磯山さやかのDVDメイキングVTRで見せてはいけないシー..
磯山さやかがココマデ脱いでいた! DVD未収録のVTR流出! DVD本編の最後にメイキングビデオとして収録されるVTRモチロン乳首やヘーアーが出てしまう部分はすべてカット 未収録となるはずなのですがゥ・... more
<< 出来る所からやる 全託こそ力が出る >>