天下無敵になるコツ

 この人生は人生学校である。我々の実相は神の子無限力であり、この人生はその素晴らしさを自己表現する場であり、同時にその為の学習及び訓練の場である。従って、我らの全ての経験が我らの生長に無くてはならぬ栄養になり、教材になるのである。
 だから、我らはどんな経験も恐れる必要は無いのである。この人生は実は我らが生きているのではない。我が内の神が生きているのである。だから、我らの人生は人生ではなくて、神生である。それがどんなに表面的に失敗があろうと挫折があろうと情けないものであっても、それは現象の面から見て、勝手に人間がそう思うだけであって、実相、神の面から見れば、ただ実相、神が自分で出て来ている人生なのである。繰り返すがこれを神生と言う。
 従って、まだ神の心が表面に出て来ていない人に真理を語ってもそれをすぐには受け取る事は無い。解する事が出来ないのである。でも、そういう人であっても紛れもなく神の子即ち神であり、表面はどんなに無理解であっても、それはその奥に神の叡智が息づいており、その素晴らしさが自分で出て来ている最中である。しかし、それがまだ表面化していないだけである。

 それをこの世に実在するものは「神と神より出でたるもののみなり。」と言うのである。どんなに愚かでかつ苦しい人生であっても、それはその人の実相が自己表現しようとして、自分に問題を課しているのである。その中で自分の業が引き起こした事を自ら引き受ける事により、その人は魂の進歩、生長があるのである。だから、我々は如何なる経験も困難も恐れる必要は無い。この事で失敗した、自分は不幸だなんて思ってもそれで却って、心境が進み、運命が開け、実相顕現につながる事が沢山ある。だから、我らは全ての運命を恐れずに引き受ける事が大事である。信仰で何とか運命を良くしよう、苦難を避けようなどと思わない事である。それが分かれば、我らはこのままで天下無敵になる事が出来るのであり、そこに真の心の平和がある。

堀 浩二
by koujihori | 2008-04-16 12:30 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7715930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 問題は神が消して下さる 生長の家とは何か(8) >>