そのままでよい(12)

 そのままでよいというのが榎本恵吾先生の最大の教えである。そのままでよいというのは聖典「生命の実相」の中に出て来る「自己の生命が自性円満完全(そのままでえんまんかんぜん)という事を悟れば、内側から自ずと治す力が働いてメタフィジカルヒーリング(物質的医療を超えた癒し)となる。」という事と全く同じである。

 要するに我らの生命の実相は円満完全無限力であって、潜在意識を清めなくちゃならんとか先祖供養を完璧に漏れなくしなくちゃならんとか親に感謝が大事だから、何としても親に感謝しなくちゃならんとかそして、祈らなきゃならんとか愛行しなくちゃならんとかまた、心のレンズを歪みの無いものにする為に常に注意を払わなくちゃならんとか、また激高してはならん、平静さを保たなくちゃならんとかそんな事ではなくて、そのままで何をしても、又しなくても円満完全であるという事である。

 それが分かれば、我らは本当の意味で心を乱しようがないのである。嬉しくて悦ばずにおれないのである。親に感謝せずにおれないのである。妻や夫を大事にせずにおれないのである。先祖や地元の神様のお祭りをないがしろにするはずが無いのである。目の前の事に背を向けて逃げるはずが無いのである。目の前の不憫な人を放っておくはずが無いのである。
 そして、神想観せずにおれないのである。聖典を読まずにおれないのである。我らは何の工夫も何の力みも何の自ら注意する事無くそのままで円満完全、無限力の神であり、そして、無限智恵であり、大胆であり、勇気であり、思いやりである。だから、病気になりようが無いのである。能力を発揮出来ないはずがないのである。

 我らはそのままでよいのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-04-23 12:29 | 信仰 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7760870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-04-26 00:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 三谷文人 at 2008-04-27 14:18 x
 誌友会、素晴らしかったですね。有難うございました。

 そのままは無限生長ですね。そのままは自由闊達ですね。そのままは創造力ですね。そのままは与えたくて、与えたくてウズウズする心ですね。
 自分を良くしよう、現象を良くしようという気持ちを捨てて、「そのまま」に還る時、それら神様の諸徳が自然に溢れ出て、素晴らしくならずにはいられなくなりますね。
 そのままになるということは、私達をどれだけ偉大な境地にまで高めてくれるのでしょう。

 堀さん、いつも素晴らしい御文章を有難うございます。そのままを生きる信仰の悦びを表現されているのですね。
 今年は一緒に全国大会に参加できなくて残念ですよ。今度、お話を聞かせて下さい。では、楽しいゴールデンウィークを!
Commented by koujihori at 2008-04-28 09:45
いろどりひかる☆様

 シークレットコメントでお気遣い有り難う御座いました。そうですか。分かってしまったのですね。当日驚かせようと思っていたのですが。

 僕は普段、講話をしているので5分位の体験談などどうって事ないと思ってましたが、そうではないですね。やはり、全国大会で、雅宣先生、純子先生ご臨席となると緊張しますよ。でも、それが又、信仰を育ててくれますね。何事も受ける事で生長出来ますね。
Commented by koujihori at 2008-04-28 09:47
三谷さん

 有り難うございました。「そのまま」で全て良かったんですね。本当に有り難いです。今年は全国大会には一緒に行けませんね。バスで皆で騒いで、帰りはビールとおつまみと言うのも楽しかったですけどね。でも、これも炭素ゼロの一環ですから、仕方無いですね。
<< 観世音菩薩のお働き 現象はナイ >>