生かされている(4)

 先日の5月2日の生長の家相愛会栄える会合同全国大会において、活動体験発表をさせて頂きました。私は教区の壮年層活動対策部長というお役を拝命しており、相愛会の壮年層の活動のお世話をさせて頂いており、それに対し、今回の全国大会で活動優秀賞を頂き、そして、その活動内容の発表の場を頂きました。相愛会中央部の皆様、誠に有り難う御座いました。特に渡辺先生には深く感謝致します。

 ところで私は最初は5、6分の発表などどうって事無いと高をくくっていた。私は講話も毎月、県内各地の誌友会でやっているし、発表内容に関してはもう研修会や教区大会で3回も発表していて、その時はちょっとの緊張感はあったものの難無く発表出来ていたからである。
 しかし、これがとんでもない思い違いであった。発表の日が近づくにつれ、段々緊張感が高まって来て、前の日、そして当日自分の番が回って来るまでの間の心境と言ったら、これは経験した者でないと分からないと思う。
 死刑執行を待つ死刑囚の心境ってこんなかなと思う位のものであった。私は以前、青年会時代、教区委員長を拝命していて、その時、女子部の見真会で講話を頼まれて女子青年達の前で講話した時、ある所で頭真っ白状態になり、数分間沈黙してしまい、とんでもない恥をかいた経験があったのでその時の悪夢がよぎった。
 そして、原稿の内容を忘れる恐怖から、原稿を何回も確認したい衝動に駆られたのである。しかし、今回はそれを敢えてしないで、自分の中の神に全託した。そして、今こそ今までの信仰を生かす時だとも思った。真理は我が内にあり、そして、全ての知識も自分の中にありと自分に言い聞かせ、原稿という自分の外部のものに頼らず、二、三回、自分の中で簡単なリハーサルをしただけで後は本当に神様に全託の心境で自分の発表の時間を待った。
 しかし、根本的には恐怖心は去る事は無かった。それでも私はその恐怖心もそのままにしておいた。神様が恐怖心も取って下さると信じていたのである。

 私の順番は最後から二番目であり、2時50分過ぎからであった。2時頃、係の方から舞台袖に来るように言われ、そこで待ったが、そこに来たら、緊張感、プレッシャーは大部軽くなり、いざ舞台に上がって、雅宣先生、純子先生にご挨拶し、会場の皆さんに合掌したら、不思議な事にプレッシャーは私から全く消え失せ、まるで神に導かれる様に自由にスラスラと話しをする事が出来た。誠に有り難い事である。

 私は今回の経験で自己限定をしてはならないという事を改めて、思い知った。本当にその日は何でこんな発表の依頼を受けてしまったんだろうと後悔し、逃げ出したい気持ちで一杯であったのである。しかし、それでも自己限定しないで自分の可能性に掛けると案ずるより産むが易しでいざとなれば出来るものである。どきどきするのは本番までで本番が始まればどうって事無いのである。そして、私は今回、自分の力ではない、神に生かされているという事を改めて、認識した。私の実相が自分で出て来て、自分で生長したのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-05-07 12:30 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7853563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 子供のアトピー 小児アトピー at 2008-05-07 15:37
タイトル : 職場の人間関係 上司のパワハラ
職場の人間関係 上司のパワハラでお困り、悩んでいる方へ。実用万象学・子育て版で実際に活用してみてはいかがでしょうか。... more
Commented by yuko at 2008-05-07 14:32 x
合掌、ありがとうございます。全国大会に行く前からとても楽しみにしてました。ご文章にある通りプレッシャーなど全く感じませんでした。常に神と一体なりを実行されてるんですね。おかげさまで、私も何があっても常に神を感じるようになってきて軽やかな毎日を送ってます。全国大会のおかげで、堀さんをとても身近に感じるようになりました。又、大好きな渡辺先生も共通の知り合いで本当に不思議でした。これからもい~っぱい悦びを与えてくださいね。私も堀さんにならって本気で栄える会活動をやつていきます
Commented by koujihori at 2008-05-07 17:08
yukoさん

>私も堀さんにならって本気で栄える会活動をやつていきます

 素晴らしいですね。頑張って下さい。ところで僕はそれほど気張って、活動している訳じゃありません。まあ、何というか当たり前にさせて頂いています。人類光明化は既に神様により完璧にされているのですから、僕は安心して悦んでいるだけなんです。

 ところで渡辺先生は本当に有り難い存在でした。理解者と言うか何と言うか。
Commented by 三谷文人 at 2008-05-07 22:18 x
 有難うございます

 全国大会ご苦労様でした。参加出来て、本当に良かったです。堀さんや皆さんに感謝します。

 勉強会の仲間一人ひとりの名前を挙げて活動内容を発表されていたのは、私達への心憎い気配りですね。嬉しかったですよ。

 帰りに新宿で飲んで、 電車の中で気持ち良さそうに寝てましたでしょ。神様に生かされているんだぁ、というような感謝に満たされた表情でしたよ。寝顔が真理を語ってましたね。
Commented by koujihori at 2008-05-08 08:49
三谷さん

>寝顔が真理を語ってましたね。

 素晴らしいお言葉有り難うございました。寝られるというのは本当に有り難いですね。何も問題が無かった時はそんな事当たり前だと思っていたのにね。寝られる、食べれる、便通がちゃんとある・・これらの当たり前の事が本当に有り難いという事、神様に生かされているという事を実感出来て本当に有り難いです。

 ところで当初はメンバー一人一人の名前を挙げるつもりは余りなかったんです。というのは時間短縮という事が一つの命題でしたから。でも、本番になったら自然に出て来ました。僕も皆の名前を言えて良かったです。
<< 神に全託する。(2) 悪い人は居ない >>