この世は学校である

 我々の実相は完全円満であり、無限力である。そして、この人生はその事を学び、悟り、そして、その完全円満さを能力的にも人格的にも表現して行く舞台である。

 私は幼い頃より生長の家を知り、そして、学び、宇治で榎本恵吾先生という人生最大の師に巡り会い、そこで自己の生命の実相が今、そのままで完全円満であるという事を悟る事が出来た。しかし、それはまだまだ観念的なものであり、その後の人生はその観念的な悟りを実際的なものとしてより具体的なものとして掘り下げて行く道程であった。その悟りの深まりと同時に神の子無限力、完全円満さがより生活に具体的なものとして表現されて行っている。

 そして、それは実相の方から観れば、私の実相が自分で出て来ているという過程なのである。その過程というのは具体的にどういう状態であるかと言うと、大抵、私が真理を生活に実行していないで失敗する。そして、その失敗の中には身体の能力の損傷、健康を害するという事も含まれる。しかし、その中で自分の心の間違いの収穫を自分で刈り取る事により、自分の心の間違いを如実に悟り、そして、それを心から改めて行くという過程を経る。そして、肉体が修復され、能力も伸び、人格も完成されて行く。それが実相完全円満を表現するという事である。

 ところで私はこの一週間というもの急激な魂の生長をさせて頂いている。現象から観れば、失敗と不運と不遇の連続であり、これは一体どういう事だ、と思う程である。
 しかし、それは考えて見れば、私の心に全部原因があるのであり、自分が蒔いた種である。しかし、それにしてもちょっと強烈であった。殆ど一気に吹き出てきている感じでこれが運命のケミカライゼーション(自壊作用)というものかと思った。でも、その事で急激に魂が清められ、実相というもの、真理というものがより具体的に理解し、悟る事が出来たと思う。

堀 浩二
by koujihori | 2008-05-09 13:01 | 信仰 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7867259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-05-09 17:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 地獄の底は極楽である 神に全託する。(2) >>