生かされているということ

 私は神の子無限力という事を生長の家で教わって、この世界は自分の心が思ったら、思った通りになるという事も同時に教わり、それならば、自分の無限力を開発する為に必死に努力しなければならないと思う様になった。
 そして、人間の心というものは現在意識は表面の5%だけで殆どがその下の潜在意識であるから、それを是非、清めようと思い、せっせと聖経読誦や神想観に励む様になった。そして、自分の心が自分の肉体の健康不健康や自分の運命の良し悪しを決めるのであるから、それを一所懸命、良い状態にしようとし、そして、その信仰も必死に自分で支えようとした。要するに自分に無限力があって、それを自分の力で掘って、開発する為に自分の心や行動を訓練によって、高め上げ、そして力を増そうと思っていたのである。そして、自己の無限力を発揮する為に自分が出来ない事、不得意な事にことさら、挑戦する様にして、色々努力した。


 しかし、それでは不安が増すばかりであった。何故なら、自分の心の持ちようで自分の肉体の状態とか運命が決まるのであるなら、それを常に戦々恐々として、支えなくてはならない事になるからである。

 しかし、私はその後、榎本恵吾先生のお導きにより、生長の家の奥義を授けられた。即ち、私の心なるもの、現在意識や潜在意識なるものは存在せず、従って、それを清めるも良くするも無かったのである。
 ただここに神の生命のみがあり、それにより吾々は生かされているのである。全ての力は神に与えられ、全ての問題も神が解決して下さり、全ての導きも神が下さる。私は要らなかったのである。それが分かった時、私は実相の世界が今、ここにあり、何も心配が要らないという事が分かったのである。吾々が何か心配だとか不安だとか感じるのは自分で生きなければならない、自分で問題を解決しなければならない、自分で人を救わなくてはならないと思うからである。

堀 浩二

 
by koujihori | 2008-05-23 12:20 | 信仰 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7957229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-05-24 00:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 三谷文人 at 2008-05-25 13:13 x
 有難うございます

 仰る通り、「現象は心の影」だと教えられますから、最初は潜在意識を浄めることを目的として一生懸命行に励みますね。
 現象と実相との間に、潜在意識という厄介なものをはさんで、自己責任によって、まず潜在意識を浄めることが先だと思ってしまう。
 いつの間にか、実相世界を向こうへと追いやっていました。

 >即ち、私の心なるもの、現在意識や潜在意識なるものは存在せず、従って、それを清めるも良くするも無かったのである。-----------私は要らなかったのである。

 有難いですね!この真理を素直にハイと受けたいと思います。そうなんだ、と悦んでいるだけで良かったのですね。
Commented by koujihori at 2008-05-26 16:17
シークレットコメント様

 コメント有り難うございました。そう言って頂けると有り難いです。仰る通り、「これでいい」んですよ。
Commented by koujihori at 2008-05-26 16:19
三谷さん

 いつも、ストンと来るコメント有り難うございます。生長の家の奥義の真理は有り難いですね。って言うか、そのままで悦べますよね。
<< 悩み 生長の家とは何か(9) >>