今、悦んでよい(2)

 榎本恵吾先生が強調されていた事は「今、神に生かされている事を悦びなさい。将来、潜在意識が清まってからとか潜在意識が清まった事で自分の病気が治ってからとかそういう事でなく、今、神に生かされている事を素直に悦びなさい。」という事であった。

 吾々は生長の家などの信仰をするに知らず知らずの内に御利益信仰になってしまっていて、私がこれだけ信仰したら、そのご褒美として、将来幸せになるだろうから、その時、悦ぼうと何となく思ってしまう事がある。

これこれこういう事をやったら、良い業が積まれ、将来、健康になり、幸せになるだろうなんて考えるのが迷いである。それは現在、ここがこのまま神の国であるという事を分かっていないのである。そして、現象をありと思っているのである。
 どういう現象であろうが今、ここが神の国であり、今、自分に神の完全円満の生命が生きているのである。それを悦ぶべし。
 吾々はこれこれこういう事をやったら、将来良くなるのではない。今、完全円満であり、無限力であり、今、ここに私をして神が息づいているのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-05-30 12:26 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(9)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8002347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Payday loans. at 2008-12-15 00:18
タイトル : Payday loans.
Payday loans.... more
Commented at 2008-05-30 13:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-05-30 13:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-05-30 20:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-06-01 18:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 三谷文人 at 2008-06-01 21:08 x
 有難うございます。いよいよ講習会運動が始まりますね。

 悦ぶのが先ですね。別に良い心掛けを保てなくても、そんなことに関係なく、無条件に生かされているのですから。
 私達が病気になったり、貧しくなったり、不幸になったりするのも、悦ぶことを忘れていたからなんですよね。
 幸福になってから悦ぶというのでは、本末転倒ですね。

 今、無条件に悦ぼう。幸福は後からついて来る。今回の御文章はそのことを改めて教えてくれました。
Commented by koujihori at 2008-06-01 22:27
シークレットコメント様

 コメント有り難うございます。また、いつも私のブログ、読んでくださっていること、誠に有り難うございます。

 さて、ご質問の件ですが、貴兄のお考えになっている事で十分、正しいと思います。私は真理というのは人が決める事ではなくて、自分がこれが真理だと思う事はそれは百パーセント真理だと思います。何故なら、自分の中に真理があるのであり、またもっと端的な言い方をすれば、自分が真理そのもの、神そのものであるからです。

 また、榎本先生はこうも仰っておりました。それは真理というのは自分に取って、心地よいもの、懐かしい感じのするもの、自分らしい感じのするものだそうです。それが真理の性質だそうです。反対にちょっと変な感じのするもの、懐かしい感じのしないものは真理ではないという事になりますね。
Commented by koujihori at 2008-06-01 22:33
三谷さん

 先日は誌友会、おいで頂き有り難うございました。今、悦べるって言うのは日時計主義ですよね。今、既に与えられた良いことのみを観て、感謝するという事ですよね。それなら、今すぐ誰でも悦べるって事ですね。沢山、良いことが既に与えられているのにそれは観ないで、ちょっとした欠点、不足に目をやり、自分はこれさえ無くなれば、悦べる、だから、それを良くしようなんて引っかかっているのでは永遠に悦べないですよね。
Commented at 2008-06-03 15:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koujihori at 2008-06-03 16:16
シークレットコメント様

 丁寧なお返事有り難うございました。今後とも宜しくお願いいたします。
<< 問題はナイ(6) 利己主義 >>