今のままで良い

 私は仕事の他にテニスとか英会話とか野球とか色々やっている。もちろん、生長の家もやっている。それで仕事はもちろんだが、テニスと英会話はけっこう気を入れてやっている。それでこれが以前の自分に比べれば、自分の中では遙かに進歩、生長しているとは思うが、他人と比較したり、テストや試合に出てみると全然、結果が出ない事もある。それどころかに表面的な成績は以前より悪くなったりする事もある。
 要するにテニスや英会話では私より実力のある人が沢山いるのである。そうするとテニスも英会話も自分の天分とか使命なのだろうかと思う事がある。私は子供の頃からスポーツよりも芸術的な事に秀でていたと思う。それで粘土細工など毎日やっていて、大学の時は美術部に入り、彫塑で後輩の女子学生の胸像を造った事があり、それを芸大の彫刻科に通っている友人に見せたら、自分より上手いと言われた事もある。しかし、私は何故か絵とか彫塑はその後、やらず、趣味と言ったら前述の様にテニスとか野球などのスポーツをやる様になったのである。しかし、こっちの方は繰り返すが私より秀でた人が沢山いるのである。

 そうすると自分の才能とか使命はどうなっているのだろうと思う。余り、目のでないスポーツとか英会話を止めて、どちらかと言うと自信のある芸術関係の趣味を持とうかとか思う事もある。

 しかし、私の人生は現在のそのままでよいと思うのである。英会話やテニスを真剣にやる事で他の人に中々勝てないまでも人間の潜在能力を研究し、それで私の信仰も進み、悟りもある。それをこうしたブログで発表したり、誌友会の講話で講話のネタに出来るからである。

 そのままでよい。この自分の人生そのままでよいのである。もっとこうであったら良いのになどと思わなくて良いのである。この人生そのままで自分でなくてはならない人生であり、その中で自分を馬鹿にする人間も出て来るかも知れないが、自分の人生そのものが自分でなくてはならない人生であるから馬鹿にされてもそれで良いのである。そう思えばこそ、馬鹿にしてきた相手を赦せるというものである。

 そして、その自分ならではの人生がそのまま他の人の為、国の為、世界の為になるのである。こうでなくてはならない、こうであったらいいのになんて自分の丈に合わない人生を模索する必要は無いのである。

 自分は今、そのままで神であり、自分の歩み、選択して来た人生はそのまま神が歩み、選択して来た人生なのである。それを人生は人生ではなく、神の生、即ち神生と言うのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-06-24 12:31 | 信仰 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8157691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuko at 2008-06-24 13:08 x
解放されますね。ホントに私は私らしくですよね。自分の人生そのままでよいのであるというお言葉はとても貴重なお言葉です。私の職場でも色々と人のことを悪く言ったり、審いたりすることがありますが、その人の人生そのままでよいのだから、人と比べたり、批判したりすることは、ひとつも要らないですよね。こういうご文章を読ませていただくことに、心から感謝します。
Commented by koujihori at 2008-06-24 15:20
 yukoさん

 榎本恵吾先生はどんな人にも「あなたの人生は百点満点です」と仰られていたそうです。それが分かる事が実相世界が今、ここにあるという事を分かるという事だと思います。
Commented by いろどりひかる☆ at 2008-06-27 13:02 x
うっわ〜どの記事も素晴らしいのですが、この「そのままでよい」は効けました。ありがとうございます。嬉しくてなんだか泣きそうです、私。
今、作成中のブログ記事に対する答え、そのままです。記事内リンクさせてくださいませね。宜しくおねがいいたします。
Commented by koujihori at 2008-06-27 17:01
いろどりひかる☆様

 いつも有り難う御座います。吾々は後から考えて、こうしなくてはいけなかったのではないかとか反対にこうしてはいけなかったのではないかとあれこれ、自分で自分のやった事を後悔し、罪の意識にかられたりします。
 自分の人生はこれで良かったのだろうかとかはたまた、ひどい場合には自分の選んだ結婚相手は果たして本当の半身だったのかなんて疑う事もあるでしょう。生長の家で結婚する相手は魂の半身だなんて事を教えられていれば尚更です。
 自分の妻又は夫が本当に自分の半身かなんて、物質的に証明出来ませんものね。どうして分かるかはまあ、これは直感というものですが、でも、自分の人生は人生ではなくて本当は神が生きてきた、神が選択して来た神生であると分かると自分の人生は何も間違いの無かった、自分の結婚相手はそのまま自分の半身だったと理屈抜きで分かります。
 それが分かる事が生かされていると分かる事であり、自分が神であると分かる事ですね。

 ところで記事内リンク有り難う御座います。どうぞ宜しくお願いします。
<< 今、出来る(5) 赦し >>