実相は自分で出て来る。(13)

 実相は自分で出て来るという事は榎本恵吾先生に教わった事であるが、これはあの生長の家の初期の谷口雅春先生の高弟である彫刻家の服部仁郎先生が仰っていたそうである。実相は我(が)が心のレンズを真っ直ぐにしようとしたり、清めようなんてあくせくしなくても、実相自らが自分の力で出て来るのである。心を清める為に行をするとかなんとか言うがそれは我(が)がやっているという事になるので「願無き行は仏の魔事なり」という事になるのである。
 そして、その実相が自分で出て来るという事が先日も触れたが「吾が業(わざ)は吾が為すに非ず、天地(あめつち)を貫きて生くる祖神(みおや)の権能(ちから)」という招神歌として生長の家の神髄がそこに表現されているのである。
 そして、それこそが谷口雅春先生が「現象はナイ、心もナイ、実相のみがある。」という実相独在の生長の家の真理をお悟りになったあのお悟りである。それまでは先生は我(が)の努力で自己の心を清めよう、善行を為そうともがいておられたのである。
{しかるに何故、現代の生長の家の信者の多くは心を清める為に行とか行おうとか徳を積む為に講習会の券をこれだけ売ろうとかという段階に何時までも留まっているのであろうか?そういう時期は信仰する初期段階としては万人が通らなくてはならないが、それは信仰の、生長の家の初期段階であって、決して、神髄ではない。)

 従って、生長の家の迦葉尊者と呼ばれる吉田國太郎先生も榎本恵吾先生も口を揃えて、仰る所の「生命の実相」第七巻生活編から生長の家に入るのは感心しないという事になるのである。
 悟りも無いのに形だけ生長の家の生き方をやろうとしてもそれは我(が)が無理矢理やっているのであるから、所詮、真の実行は不可能になり、やれないという事になる。生長の家の生き方は我(が)の頑張りで出来る事ではなくて、我が内の神が直接、出て来て為される様にならないと真には出来ないのである。

 それは実相が自分で出て来る事によってのみ可能である。吾々は長年の血の滲む様な求道の中で自己の内部に神に生かされた完全円満の生命の実相を発見する。発見するという事はそれが出て来る初期段階である。発見したら、それを使いたくなるのである。自己に無限力があると認められれば自ずとそれを使えるし、使いたくなるからである。
 しかし、そうなるまでには一筋縄では行かない。自己の内部に完全円満の生命の実相があると自覚出来ればそれが使え、使えればそれが出て来るという事になるが、その自己の生命の実相の自覚の程度も段階があって、その自覚は徐々に深まって来るのである。
 即ち自覚や悟りというものも無限生長するのであって、その自覚が深まり、生長する毎に真理の実行の仕方の段階も高く、深く、多様性に富んだものになるのである。それが実相が徐々に自分で出て来るという事である。そして、それは決して甘い道のりではない。吾等の火の出るような求道生活において、色々な経験を踏みながら出て来る。それは我(が)が頑張っているのではなく、自己の中の生命の実相が自分で出ようと欲して、その営みをしているのである。

 私は11年前に生長の家の宇治の道場で榎本先生の薫陶により、自己の内部に完全円満の生命の実相を発見する事が出来た。そしてこの11年間はそれの自覚を如何に生活化するかの訓練の連続であったが、私は生長の家の「生命の実相」生活編に書かれている生き方を無理に自分に課す様な事は一切せず、自由奔放に生きてきた。怒りたい時は怒ったし、その他、余り、とらわれずにしたい事をして来たし、したくない事はして来なかった。しかし、そうする中で内側から自ずと生長の家の生き方が徐々に出て来ているのを実感するのである。

 私は人の良い所のみを見てそれを伸ばす、それは自分を含めてであるが、この事が最近、実感として分かってきたが、それは私の幾たびの様々な経験から自ずと自覚出来たのである。それは11年前に自己の内部に生命の実相を発見してから、それが徐々に自分で出て来たその過程の中での一つの大きな生長である。

堀 浩二
by koujihori | 2008-07-29 13:06 | 信仰 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8359530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ナオチャン at 2008-07-30 01:08 x
三谷さん、堀さんオバコです。飲み会の件、他のメンバーでも募ってください。後、三谷さんの連絡方法余りにもデータが古くてわかりませんのでシークレットメールでよろしいですので教えて下さいませ。BYナオチャン 拝
Commented by koujihori at 2008-07-30 08:56
ナオチャン

 三谷さんの連絡先は後日、お教えします。ところで八兵衛行くのに泊まりは無いでしょう。タクシーつかまえて横須賀線の衣笠駅かなんかに行けばいいですよ。いつ行くかはまた電話します。
Commented by ナオチャン at 2008-07-30 12:16 x
実は以前、葉山のワールド整体に行った時に先生のご好意ですごく夜遅くまで整体していただきました。その時上り逗子発最終電車に危機一髪間にあったのですがその時間が2315だったので間に合うかどうか心配だったので書きました。以前、堀之内にあった頃、店で大騒ぎをして駅に着いたら京急上り最終が時既になかった、経験がありました。まだイッチャンが新婚ホヤホヤの時の頃ですヨ。
Commented at 2008-11-18 18:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koujihori at 2008-11-19 09:19
橋本様

 初コメント、誠に有り難うございます。そうですか。あなた様も榎本先生から教えを受けられたのですか。それなら我々は同門ですね。この輪がどんどん拡がるといいですね。
Commented at 2008-11-19 17:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< とらわれない(3) 他力 >>