良くしようというのが迷い

 吾々は神の子である。神の子、完全円満、無限力である。それは勿論、現象の事や肉体の事ではない。肉体は現に色々な損傷や病気のある人もいるし、刻々老衰して、終いには肉体の死というものがある。
 現象もそれは一種の陽炎の様なものであり、良い時もあれば悪い時もある。だから、肉体や現象は不完全であって、完全円満なのは肉体や現象の奥の吾等の実相生命である。そして、それのみが実在であり、肉体や現象はその現れであり、表現体であり、それらはナイのである。それは単に吾等の認識が映っているだけであり、だから、吾等は今、完全円満、無限力であるという事は肉体や現象の事ではなく、その奥の実相生命の事である。
 従って、吾等は肉体や現象が如何なる状態であろうとも今、完全円満であり、無限力である。そして、それを認識すれば、この現象世界は吾等の認識が映っている世界というか吾等の認識そのものであるから、すぐにでも吾等はその無限力を実感する事が出来る。即ち使えるのである。それが自己の生命の実相の無限力を悟るということであり、悟れば自ずとそれはその無限力を現象や肉体に表現する事になるのである。
 しかし、肉体というのは自覚してもすぐには全面的に反応しない体であるから、それはある程度の時間は掛かる。しかし、そんなものは問題ではないのである。

 と言う事で吾等は今、肉体や現象が如何なる状態であろうとも完全円満で無限力であるから、今、悦べるのである。今、安心して良いのである。今、無限なる神に完全に導かれており、それに全託して良いのである。完全に無限なる神に生かされているのである。だから、「そのままでよい」のである。

 それを生長の家の人の中にはちょっと勘違いして、現在の肉体の状態、現象の状態に不足を見つけて、それを生長の家で良くしようとして、行に励んだり、どうしたら良いかなどと考えて、考えすぎて迷うなんて人もいる。その「良くしよう」というのが迷いなのである。何故ならば、それは今、完全円満で無限力である自己の生命の実相を悟らず、不完全な現象、肉体をアリとして、それを信仰の力で良くしようとしているからである。
 吾等は肉体や現象などという本来ナイものが如何なる状態であっても、今、完全円満で無限力なのである。そして、それは固まっていて、何も進歩発展しないという事ではない。完全円満で無限力であるという事は完全円満がますます完全円満して行き、今、この瞬間にも無限生長して行くという事である。それは我(が)の頭脳の計らいによるのではなく、自ずと神に内側から導かれて、進歩発展して行くという事である。

堀 浩二
by koujihori | 2008-08-04 12:25 | 信仰 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8392496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふじおか at 2008-08-05 00:27 x
堀さんの真理への想いの引き出しの多さにはいつも感心しております。
たしかにおっしゃる通りですね
生長の家の真理を学んでいる同士の人たちを拝見していてこの人、
とても信徒とは言えないと感じる人もいらっしゃいます。
これは自分も含めて真理の通りに人生を生きる事が難しい事だと思ってます。
人生は一生勉強  真理への追求の旅だと思います。
知る悦びを大切にしたいです。
Commented by koujihori at 2008-08-05 09:29
ふじおか様

 続けてコメント有り難う御座います。確かに生長の家の信徒の方には様々なタイプの方がいらっしゃいますね。中には生長の家の裏サイトみたいな掲示板で雅宣先生や本部の悪口を書いている様な人達もあれ、生長の家の信徒か、信徒だった人なんですものね。

 僕は生長の家の真理をどれだけ真剣に受け止めて行じるかという事が一番大切なポイントだと思っています。はっきり言って、生長の家の真理を真摯に受け止め、生活の中に行じていけば、かなり悩みが深くなると思います。でも、この悩みが悟りにつながるんです。僕はそうした真剣に生長の家をやっている人達の為にこのブログを書いているのです。

 でも、如何なる境涯の人でも皆、神の子ですから、いつかは必ずその実相を顕現させるのですけどね。

 また大麻相愛会の掲示板でやりとりしたいですね。何か提言みたいなものないでしょうか?政治的なことや歴史的なことも良いですが、出来れば生長の家の真理に関するものが僕は得意?です。(後、スポーツや芸能関係も詳しい?ですよ)
<< これさえ良くなったらというのが迷い とらわれない(3) >>