生長の家の信仰について(3)

 生長の家の信仰は実相は完全円満無限力であっても、それが出て来る迄は一所懸命、心を清め、行動を良くし、潜在意識に善業を積み、その後やっと肉体とか現象に実相が出て来たら悦びましょうというものではないのである。

 谷口雅春先生が生長の家の信仰を悟られたのは心もナイ、物質もナイと悟られ、実相が今、ここにあると悟られ、それから程なくして、「今立て」の啓示を受けられ、実相完全円満無限力というのは今の事であって、不完全な現象も肉体も今、ナイのであるとお悟りになられたのである。そして、ずんずん今、行動して生長の家を始められたのである。

 肉体の調子が如何なるものでも今、完全円満であり、無限力である。それが分かれば。今、どんどん力を発揮出来る。そして、今どんどん悦べるのである。それが生長の家であり、生命の実相である。

堀 浩二
by koujihori | 2008-10-14 12:22 | 信仰 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8763823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuko at 2008-10-14 13:45 x
合掌、ありがとうございます。いい季節ですね~。風が爽やかで、雲が楽しくて、自然が手伝って、より気持ちよく過ごしている毎日です。堀さん、私ですね、先日飛田給に経営トップセミナーを受けに行ったんですが、帰ってきてからというもの、神想観をあまりしたことのない私が早朝から自然に神想観をするようになったんです。自分でも不思議です。しかも祈りから祈りを教えてもらう、気づかせてもらうという感じで、神想観がこんなにすごかったんだーと感動してます。
Commented by koujihori at 2008-10-14 14:44
yukoさん

 お久しぶりです。そうですか。自然と神想観出来る様になった。これは素晴らしいです。また祈りから祈りを教えてもらっている・・・これはyukoさん、いよいよ本物が出て来ましたね。

 本当の神想観は神想観が神想観するというものでなくてはなりません。それは神が神するものでありますね。そうなると本当に自然に神想観するのですね。僕は以前は必ず朝晩やっていました。それは必ず励行するというもので、夜眠くても頑張ってやってました。それは我(が)の頑張りでやっていたのであり、神が神するものではなかったですね。現在は夜は眠いので神想観は全然しません。そして、朝起きると自ずと自然に正座瞑目合掌して神想観してます。でも、前の日、呑み会などで呑み過ぎた時は朝も寝起きが悪いのでそんな時も神想観しません。そして、神想観が時々分からなくなる時も焦らず内側からの神想観が自ずと神想観のやり方も教えてくれます。
Commented by yuko at 2008-10-14 15:19 x
 私も堀さんと全く同じです。夜は眠くてほとんどしません。でも朝起きると自然に正座暝目合掌なんですよね。驚きです。

<< 生長の家とは何か(10) 困難に戯れよ >>