神が解決して下さる。

 我々は生きていて、色々な難局に見舞われる事がある。家庭の問題、子育ての問題、仕事の問題、そして健康の問題等々。
 そうした人生の難局が来ると我々はそれを何とかしようと必死に頑張る。そして、色々な人に相談したり、また自力で解決しようとあくせく努力する。そして、病気などにかかれば、医者にかかり、一所懸命、治療に励むが、それでも駄目な場合は宗教に頼る人もいる。

 しかし、一切の問題は神が解決して下さるのである。全ての悩み、病は神により消される。私がやらなくてはならないというのは迷いである。それを榎本恵吾先生は「神の責任において」とか「我(が)は要らない」という様なお言葉で表現されていた。我々は普通、何か問題に見舞われると自分の力で一所懸命それを解決しようとする。そして、そうなってしまった原因を探り、それを解決する為に色々画策したり、奔走したりする。そして、信仰しているなら一所懸命、色々、行をやったり、努力する。そして、自分の努力でやっとこの問題が解決した、やっとこの病気が治ったとか言って、喜んだりするが、一難去ってまた一難という事で次の瞬間、また別の問題が生じて来たりなんかする。
 しかし、問題が解決されるのに「私」は、「我(が)」は本当に要らないのである。「私の努力」も「私の信仰」も本当に要らないのである。一切は神により解決される。一切の問題は神により既に消されているのである。この世は神以外存在しないのである。

 我々の人生は神が生き、神が前進している神生であるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-10-28 12:23 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8835139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【究極の宗教】Physi.. at 2008-10-28 22:22
タイトル : 【インド】ヒンドゥー教徒がカトリック尼僧を性的暴行、現場..
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1224945352/... more
Commented by yuko at 2008-10-28 13:48 x
素晴らしいですね。神一色のご文章に清み切ります。 榎本恵吾先生のお名前が出てくると、とても懐かしく嬉しくなります。
Commented by yukio aono at 2008-10-28 16:40 x
合掌

> 神一色のご文章に清み切ります

yuko さんの 言われるように
堀 先生の文章に、私も、包まれて、
癒されています。感謝です。

《 すべての真実の実在は
《 神と神より出でたる物のみなり
甘露の法雨の一節がでてきます。
               敬礼
Commented by 畑 中  正 at 2008-10-28 18:09 x
堀浩二さん、いつも素晴らしいぶろぐありがとうございます。人造り
の秘訣があれば、お教え下さい。会社も経営しているので、素晴らしいアイデアをお持ちでは、ないでしょうか?我が対策部も人不足であります。よろしくご指導下さい。合掌
Commented by ナオチャン at 2008-10-28 23:22 x
ありがとうございます
敬愛なる堀先生。
それでは神様に全託すれば解決できるのでしょうか?!。信仰や組織の問題は。善一元の世界に不正が蔓延るのは全て私が悪いのですか、全て神様の運動だから悪い事しても許されるとするのであればあのオウムの考え方と同じじゃないですか。ご教示ください。
Commented by ナオチャン at 2008-10-29 08:22 x
昨日は嬉しい事がありました。私の音楽の師匠の弟弟子がとうとう文化勲章を受けました。師匠も天国で斎藤秀雄先生と一緒に喜んでいると思います。あとは、今朝、衝撃的な死亡記事が掲載されました。昨日、時間の問題でしたが『総裁』谷口清超先生が実相世界へ旅立ちました。これで名実共に雅宣先生の時代になりました。嬉しかったり悲しかったり。
Commented by koujihori at 2008-10-29 08:52
yuko様

 有り難うございます。生長の家の教えって「甘露の法雨」に書いてある通りなんですね。
Commented by koujihori at 2008-10-29 08:53
aono様

 コメント有り難うございます。aono様に言われて、生長の家の教えが「甘露の法雨」そのままであると再認識出来ました。
Commented by koujihori at 2008-10-29 09:00
畑中様

 私は会社の幹部ではありますが、経営者ではありません。でも、人材育成的な事はいつも考えています。人材育成に関して、私が気をつけている事は出来るだけその人を生かす事です。出来るだけ、その人間に任せて、責任と権限を持たせて、判断させて、その人の潜在能力を出してもらう事を考えています。その反面、決してほったらかしにしないでしっかり、管理もします。そして、出来るだけその人の意見とかアイデアを生かすという事を心掛けています。

 それから、人材作り、組織作りは根本的に神様に全託しています。神様が良い人材を集めてくれますし、育成も根本的には神様がやって下さると思っています。
Commented by koujihori at 2008-10-29 09:37
ナオチャン

 ナオチャンのコメントを見て、一瞬、信じられない気持ちになりました。清超先生、お亡くなりになったのですね。何とも言葉がありません。このことに関してはいずれ、本文に書かせて頂きます。
Commented by koujihori at 2008-10-29 11:03
ナオチャン

 ナオチャンの一通目のコメントに対しての答えをさせて頂きます。
ナオチャン何かご立腹の様ですね。でも僕は組織が悪いのはナオチャンが悪いとは言ってないと思います。現象的には悪いのはナオチャンじゃなくて、確かに相手でしょう。でも、実相面から観れば、悪はナイというのが生長の家の教えであり、真理です。悪は単に自分の心が「悪がアル」と認めるその認識が自分に悪というものがここに確かにアルと思わせているに過ぎません。

 悪がナイ、善一元というのは何も現象の悪に対して何もしないで「それでよい」と放っておく事ではありません。悪がナイと信ずるからこそ、善一元の世界を実現する為に為すべき事をどんどん為して行く事です。その中にはその本来の姿を現していない相手に対して、鉄槌を下す事もありましょう。
Commented by ナオチャン at 2008-10-29 11:46 x
親愛なる敬愛する堀先生
ありがとうございます
実に素晴らしいご教示していただけましてありがとうございました。一応納得致しました。あとは善一元を信じて実相円満完全を祈り切って心を光明化すると良いのでしょう。
あとは予定通り講習会は開催するのか心配しています。なにしろお隠れ直後だから。
Commented by koujihori at 2008-10-29 13:57
ナオチャン

 光明化しようなんて思わないでもそのままで善一元であり、光明が満ちている世界しかないという事を知って下さい。

 ところで講習会が開かれないなんて事はあり得ないと思います。そんな事は清超先生はお喜びにならないでしょう。
<< 谷口清超先生のご冥福をお祈りい... そのままでよい(14) >>