神の国は我が内にあり(4)

 我々は何かの問題が起こって来ると頭を抱え込む。そして、それをどうしたら良いかと思案し、悩むのである。そして、色々な人に相談したり、その他色々その問題解決の為に努力したりする。しかし、問題は自ずと解決するのである。ひらめきや悟りも自ずから湧くのである。それを外に求める事が迷いである。

 聖経「甘露の法雨」の中に「キリストは『神の国は汝のうちにのみあり』と云い給えり。(中略)、外にこれを追い求むる者は夢を追いて走る者にして永遠に神の国を得る事能わず」とあるが、正にそれが真理である。真理を知らない人は問題解決のヒントを自分の中にあると思わないで誰か他のものに求めるのである。それで色々人に相談したり、何々先生の指導を仰いだりする。しかし、それ全て、神の国を外に求めているのである。神の国は自分の中に今、あるのである。そこからいくらでも問題解決のヒントも浮かび上がるのであり、もっと端的に言えば、問題は自ずと解消するのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-11-07 12:17 | 信仰 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8884895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ナオチャン at 2008-11-08 07:45 x
それでは家庭内の不調和が多いのは何故でしょうか。生長の家を信仰していても子供が小さな時には従っていたのに高校生位になると反発して信仰心を無くして物欲に走る事は、まるで副総裁の弟のように、犯罪をしてやっと気づき立ち直ったけど。
Commented by 昔の白鳩 at 2008-11-08 20:28 x
谷口雅春先生は「最愛の孫貴康」と 生長の家誌に書かれておられます 師の ご家族に対して あまりにも失礼ではないでしょうか
Commented by ナオチャン at 2008-11-08 23:48 x
昔の白鳩さんへ
そうでしょうか?本当の事を書いて失礼に当たるのですか?お隠れになった谷口清超先生は嘘はつかない、宗教は悪い事をしない、良い事をする、正直に生活すると常々教えて下さいました。それが失礼に当たるならば嘘をついて生活すると言う事ですか?それに谷口貴康氏は生長の家在職中、この事を講話のネタにされていますよ。それにいまでもご自身のブログでも
Commented by koujihori at 2008-11-10 09:02
ナオチャン

 家庭の不調和が出てくるのは神の国が我が内にあると悟っていない人が問題アリと問題に心を引っかからせるとその心を反映して、問題みたいなものがその人の周囲に現れます。でも、ナオチャンの言う通り、人はそうした問題を自ら現す事で自分で本当の事に気づき、生長しますね。
Commented by koujihori at 2008-11-10 09:04
昔の白鳩様

 初コメント有り難うございました。これからも宜しくお願いします。でも、雅春先生がそんな事を仰った事があるんですか。知りませんでした。貴重なエピソード教えて頂き有り難うございました。
Commented by 昔の白鳩 at 2008-11-10 19:48 x
堀浩二先生 ご挨拶も無く 突然のコメント失礼いたしました 谷口先生御一家様を お山様と呼び お慕いしておりました頃は 遠い昔のこととなりました 今は堀先生 ナオチャンさん達が 素晴しい御教えを伝え 光明化運動に邁進してくださっているのですね ありがとうございます お勧めサイトのブロクの皆様も素晴しい方達
ですね とても力強く ありがたく 嬉しく思っております 
<< 昨日は神奈川県大講習会でした KEIKO偉い! >>