祈りとは実感である。

 生長の家には実に多くの祈りがある。「真理の吟唱」や「私はこうして祈る」とか多数の祈りの本が出ている。近年では谷口雅宣先生御著書の「日々の祈り」も出ている。
 余談だが、私はこの「日々の祈り」を最初に先生のホームページで発見した時、とても驚いた。先生はどちらかと言うとその言葉の使い方がいわゆる宗教的な感じがせず、理論的な一種デジタル的なお話をされる印象を持っていたので、この祈りの御文章を拝読して、とても驚いたのである。大変失礼な言い方だが、「先生もこういう宗教的な表現のお言葉を発せられるのか」と思った。もちろん、その内容はとても素晴らしい。正に真理そのものである。

 ところで私は生長の家を知ってからしばらくの間、ずうっとこの祈りというものはこの様に祈れば、それが繰り返し毎日される事で潜在意識に印象され、その結果、病気が治り、運命が良くなり、富も入って来るものであると思っていた。しかし、それだと祈りは現象の富を得る為の一種の取引という事になるのである。別の言い方をすれば、自分は今、幸せでは無いし、無限供給も無いし、悦びも無いがこの祈りをする事により、幸せになり、病気も治り、富も得られると思っているのである。しかし、それでは本当の悦びの祈りにはならないだろう。

 本当の悦びの祈りとは今、生かされている事に悦び、それを素直に感謝する祈りである。そして、谷口雅春先生や谷口雅宣先生がその生かされている悦びを素直に御文章にせられたのが色々な生長の家の祈りになっているのである。

 この世界は神の国である。このままで神に生かされ、導かれ、幸はへられている。(誤解の無い様に言っておくがこの世界というのは自分の認識が映っている現象世界の事ではない。正に今、ここにある実相世界の事である。)生長の家の祈りはそれを実感出来る悟りを開いた方がただ、それを悦んでいるだけなのである。それを悦んだ時、現象世界は吾等の認識が映っている世界であるから、それが反映される事になるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-11-19 12:32 | 信仰 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8943954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukio aono at 2008-11-21 11:05 x
合掌  ありがとうございます
17日の 言葉のラリー、すごかったです。
議論のための議論になってしまい、主張する
自分はいったい、どこにいるのか、私には
読み取れませんでした。
谷口 雅春 尊師は
汝自身の生命の実相を自覚せよ。とあります
実相のうちにすべてがあると言います。
実相がハッキリすれば、
  とらわれ 生かさなければ、天皇国日本、
  日本精神、大切にしなければ、こだわり、
  教条主義、原理主義、懐疑主義、 等々
これらの展開は自ずと違ったものになって
いたと思います。
心を中心に、後先の違いが区別されないと
いつまでも平行線になってしまい、善の世界は
悦びの世界は、現れないのですね。
やっかいですね。
                 敬礼
Commented by koujihori at 2008-11-21 12:26
aono様
 
 お気遣い、誠に有り難うございます。ところで今回、色んな方と議論させて頂いた事は私も本気でものごとを考え、表現する場が与えられて良かったと思います。
Commented by 早勢 at 2008-11-21 12:48 x
”やっかい”の原因は、マイナス(負)の印象をあたえる“とらわれる”というコトバを安易に使ったからではないでしょうか?ですから、私は最初のコメントに「説明不足」と書いたのです。
Commented by yukio aono at 2008-11-21 17:45 x
堀さんの ブログ 上ですみません
早勢さん
“やっかい”の原因は、
私にはどうでもいいことなのです。
善の世界や悦びの世界があると云う、
生命の実相を自覚したいのです。
それを、私に教えてください。
Commented by 早勢 at 2008-11-21 19:02 x
ご指名ですか。困りましたねーー。
生命の実相を自覚したいのなら、「生命の実相を自覚しました」と宣言すれば良いのではないでしょうか。実相(本当の)世界は、神の知恵、愛、生命、供給、悦び、調和に満たされいるのですから、それ以外はないと自覚すれば良いのです。余談ですが、実相世界を表現しよう、現し出そうとしたら、必然的にこの現象世界になってしまうということではないでしょうか。他に何かありましたら、わかるのことについてはお答えします。(堀講師のブログ上で恐縮です。間違いがありましたらご指摘ください。)
Commented by yukio aono at 2008-11-21 20:00 x
早勢さん  早速にありがとうございました。
「実相を自覚しました」    宣言しました。
御教示ありがとうございました。

「招神歌」と共に
智慧、愛、生命、供給、悦び、調和に
満たされていると、精進してまいります。

堀さん お騒がせして、すみませんでした。
申し訳ありませんでした、終わりにします。
使用させていただき、ありがとうございました。
<< 死にきる そのままでよい(16) >>