そのままで完全円満である。

 私はかつて、生長の家で人を救わなくてはならないという事が強迫観念になって、夜も眠れなくなった事がある。それはそれは苦しかった。その状態は約一年続いたが、それは正にフライパンの上で炒り豆を炒められている様な苦しさであった。
 しかし、それも私の中の常楽の悟りが出て来る為の初期段階であり、散々その事で苦しんだお陰で榎本恵吾先生の元に導かれ、全ての人が既に救われているという生長の家の神髄を悟る事が出来たのである。

 さて、私は榎本先生に救われる前に他のある生長の家の先生の指導を受けたが、その先生は「君は我(が)が強いんだよ。」と私に仰った。私はそんなものかとその時、聞いていたが、今になってその言葉の意味が良く分かるのである。即ち、私は完全円満なのは実相世界だけであるが、その完全円満さをこの現象世界に持ち来すには私がしっかり心を清め、そして、他の人に生長の家の真理を伝え、その事により他の人を救わなくてはならないと固く固く信じていたものであるから、常に自分の心のコントロールに気をつけ、自分の行動が愛他的になっているかに神経をとがらし、かつ、他の人を救わなくてはならないと思っていたのである。それ、即ち、ひどい我(が)である。そして、それが出来ない自分を責め、そして、ついにつぶれてしまい、神経を壊してしまったのである。

 しかし、それは私の迷いであった。正に我(が)が強く、私が救わなくてはならない、私が良くしなければならないとして、一切、神に全託するという事を知らなかったのである。本当に真理を自覚するということは今、ここが神の国であり、現象はナイと悟り、そして神に本当に全託する事であったのである。私はそれを榎本先生に教えて頂き、目が覚め、そして、今、自分が神であり、同時に全ての人が今、神である事を悟る事が出来たのである。それは私がじたばたしなくても今、そのままで全ての存在が完全円満であったという悟りである。そこに救わなくてはならないとか良くしなくてはならないなんていう焦りは一切消えたのである。

 救わなくてはならないなんて言って、自分で自分を責めるのは自分が今、そのままで神が全ての存在、生きとし生けるものを完全に生かしているという実相を観ていなかったからである。

 そのままでよいのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-11-28 12:33 | 信仰 | Trackback(2) | Comments(33)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/8985296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 最新キーワードチェック! at 2008-12-05 14:24
タイトル : 【生長の家】についてブログの検索結果をまとめると…
生長の家 についてブログの検索結果をまとめると…... more
Tracked from 強迫性障害の治療法について at 2009-01-02 22:57
タイトル : 強迫性障害の治療法について
強迫性障害の治療法について詳しく載せてます。... more
Commented by JUN at 2008-11-28 16:34 x
合掌、ありがとうございます。
お言葉に甘えさせていただきまして、生命の実相より御文章を拝借しまして質問させていただきます。

『(生命の実相第30巻 P290より)
(略) 時代を超えた真理を知ろうとする者は、すべての宗教の中から、その時代色というものを脱色してそのおくにある真理をつかまなければならないと共に、これをある時代の人に、ある境遇の人に伝える場合には、それに相応するような対機説法を用いてゆかなくてはならないのであります。
(略)
真理には絶対的真理と相対的真理があります。相対的真理というのはその時の相手にとって相応するように真理を薄めて説く。「病気が無い」というのは絶対的真理すなわち第一義諦で、「病気は心の持ち方で生ずる」というのは相対的真理であります。
(略)
だから説教の上手な聴き方というものは、これは絶対真理、これは対機説法であるという区別を知って、時代、環境、聴者というスクリーンの奥にある絶対真理を掴むようにしなければならないのであります。』

Commented by JUN at 2008-11-28 16:34 x
谷口雅春先生は上記のように「絶対的真理(第一義諦)」と「相対的真理(対機説法)」の区別を示されております。
 私は「中心帰一の真理」は上で言う所の「絶対的真理」であると考えております。
それで間違いは無いと思います。
 堀先生が仰られるように雅宣先生は「中心帰一の真理」について触れられておりません。
 つまり時代に即した「中心帰一の真理」を伝える為の「待機説法」を行われてない事になります。

 そこで質問です。現在の谷口雅宣先生を中心とする生長の家の立場を次の4つの選択肢の内から、先生が妥当だと思われるものをお示しください
Commented by JUN at 2008-11-28 16:35 x
① 副総裁は「中心帰一の真理」を、絶対的真理と捉えず過去におこなわれた相対的真理(待機説法)のうちの一つだと考えられている。
② 副総裁は「中心帰一の真理」を絶対的真理とみとめながら、困難だからといってその待機説法をしないでいる、できないでいる。
③ 副総裁は「中心帰一の真理」を絶対的真理だとみとめ、無言の待機説法を行っている。
④ 副総裁は「中心帰一の真理」を絶対的真理か相対的真理か自覚できない為、待機説法を他の講師に任せている。
⑤ その他
Commented by JUN at 2008-11-28 16:35 x
私は副総裁の御発言等からと①であると考えております。
③であればとても宗教者としてすばらしいですが、事実がないとおもわれます。
あればお示しください。
堀先生が⑤その他だとお考えの場合、それを御説明いただければ幸いです。
Commented by JUN at 2008-11-28 16:37 x
訂正です。4つ⇒5つ
Commented by koujihori at 2008-11-28 18:43
junさん

 以前に申し上げましたが先生は中心帰一の真理を説いておられます。
Commented by JUN at 2008-11-28 20:56 x
どういう風に説かれておりますか、記憶にあればできれば堀先生自身講師としてお伝えください。また、継続して伝える必要はないのですか?
Commented by koujihori at 2008-11-28 22:35
junさん

 すいませんがどういう風に説かれたかあまり憶えておりません。中心帰一の真理を確かに説かれたという事しか記憶にございません。ではどうして中心帰一の真理を確かに説かれたのか憶えているかと言ったら、先生はその時の講習会で生長の家の教えを説かれた後で「皆さんはこの頃、生長の家が中心帰一の事を言わなくなったと誤解されているかも知れないがこの様(それまでの先生の御講話)に私はいつもこのこと(中心帰一の真理)は述べて来たのですよ。」というお言葉ははっきり憶えていて、私は「ああ、その通りだ。」と思った記憶はあるからです。
Commented by jun at 2008-11-29 06:31 x
何年くらい前の講習会ですか?
Commented by シコク嫁 at 2008-11-29 09:19 x
いつもありがとうございます。いつも素晴らしいのですが、特に、ここ数日の堀さまの記事には目が覚め、胸がすきます。私の(ブログにも書いた)もやもやに対するコメントのようにも(勝手に)感じております。ありがとうございます。「私がしなければならない」・・これはほんの少し前までの私でございました。白鳩のお仲間に「貴女、その問題は最後の課題よ」と言われたました。それが>>今、ここが神の国であり、現象はナイと悟り、そして神に本当に全託する事。。だったんだと実感しております。感謝合掌再拝。
Commented by JUN at 2008-11-29 11:08 x
 朝から少し考えが変わりました。
 車の中でふと思ったのですが、「天皇陛下が中心帰一の真理を語られた事があるだろうか?」という事です。
 私は耳にしたことがない。しかし私は天皇陛下に中心帰一しようとしている。

 しかし副総裁については「中心帰一の真理」を説かれた事実をしらないので、副総裁には中心帰一できないと主張してきた。

 自分の矛盾が一つ発見されました。
 
Commented by JUN at 2008-11-29 11:17 x
 副総裁自身が中心帰一を悟ってらっしゃろうが悟っていまいが、生長の家では副総裁に中心帰一すればよいのではないか・・・

 たとえもし副総裁が総裁になられて「私に中心帰一するな」(
勿論そんな事はないでしょうが)と仰られるような事があったとしても、中心帰一すればよいのではないか。

 副総裁先生も求道者のお一人でいらっしゃる、もしかしたら「中心帰一の真理」をお悟りになられていない事も充分ありうる(堀先生は副総裁は悟ってらっしゃるという立場でいらっしゃいますが)。
 しかし副総裁先生が悟っていようがいまいが、副総裁先生への中心帰一はなされるべきである。
Commented by JUN at 2008-11-29 11:23 x
 例えば、家庭内で飲んだくれの亭主の実相を拝む事ができず、其の亭主に中心帰一できない家庭は、改善されないのと等しく。

 「中心帰一」を説かれない事を理由にその総裁に、中心帰一できない組織も改善され得ない。

 逆にいうと、「中心帰一」を説かない総裁にも無条件に中心帰一できるかどうか信者に対し神がお試しになられているのではないだろうか。
Commented by ナオチャン at 2008-12-01 05:56 x
下ネタと幸せを運ぶナオチャンです。私事で恐縮ですが今日から月曜日・水曜日・金曜日の昼間だけ一年九ヶ月ぶりに仕事に復帰します、主治医の許可がおりたので。余命あるうちに仕事しなさいと。それと恐れ多くも天皇陛下の記述がありましたが今上陛下は強制が嫌いです。その例として石原都知事が君が世、日の丸を式典で強制しますと発言したところ、都知事対して陛下は強制はよくない、やめないと明言されております。
Commented by koujihori at 2008-12-01 09:36
junさん

>何年くらい前の講習会ですか?
 
 2年位前だと思います。

>逆にいうと、「中心帰一」を説かない総裁にも無条件に中心帰一できるかどうか信者に対し神がお試しになられているのではないだろうか。

 そういう言い方も出来るかも知れませんが、私は飲んだくれの父親とか上司の器ではない上司に中心帰一など出来ませんね。中心帰一するのは中心帰一したくなるから中心帰一するのです。私は雅宣先生の御講話や御著書を良く拝聴し、拝読する中でこれは尊敬できる素晴らしい先生であると思い、自ずと中心帰一せずにはいられないから中心帰一しているのです。
Commented by koujihori at 2008-12-01 09:42
ナオチャン

 お仕事、復帰おめでとうございます。頑張って下さい。「病気はナイ」を実践して下さいね。

 ところで今上陛下に対する貴重なエピソード教えて下さって有り難うございます。でも、僕はそれに似たエピソードを知っています。それは教育再生何とかという委員会があって、それの委員長が将棋の名人の何とかという人で確か、園遊会の時にその委員長が「君が代を是非、学校で歌わせるべく頑張っています。」と陛下に申し上げたら、陛下は「余り強制にならない様にして下さい。」と仰ったのをテレビで観た記憶があります。これの勘違いでは?
Commented by koujihori at 2008-12-01 09:55
シコク嫁様

 有り難うございます。シコク嫁様のご経験された事は真剣に道を行じる人であれば誰でも通る道です。あなたは選ばれた人だと思います。どうぞそのまま生長の家をお続け下さい。

 ところでグルグルグルグルするのは僕も同じですよ。同じような事を何回も「ああ、そうだった。」と悟るのです。でも、それは同じようでいて、その深さがその度に深まっているのです。だから、それもそのままでいいんですよ。
Commented by JUN at 2008-12-01 10:55 x
>私は飲んだくれの父親とか上司の器ではない上司に中心帰一など出来ませんね。

 話はそれますが、では上記のような状況が改善されるのは具体的に当事者がどういう心理状況になったときですか?
 酔っ払いの亭主の現象をみず実相に中心帰一できたときではないのですか?

 わたしは副総裁の現在の現象のレベルを「すばらしい」と仰っているのだとすると、それはとてつもなく低レベルな評価だと思います。

 たとえば副総裁の描かれている絵は小学生でも描く子はいます。あの絵を大人の絵として「すばらしい」というのは適切ではないでしょう。

 副総裁の現在の表現なさったものを評価して、「すばらしい」から「中心帰一」できるというのは、生長の家全体を低レベル化していまいます。

 表現された物への評価抜きで、「中心帰一」できるというのが本当だと思います。
Commented by JUN at 2008-12-01 11:15 x
我々、信者が現在副総裁に「中心帰一」する、その具体的姿勢として副総裁の能力が高まるような行動をとるべく「甘やかさない」事です。
 現在までの副総裁の表現物に対し「すばらしい」と評価されている人は、私から言わせてみれば「所詮、副総裁の能力はこんなものです。」といわれているようで、逆に失礼のように感じます。

 副総裁の力はまだまだでていない。でない理由は「すばらしい、すばらしい。」と甘やかす人が周りに多いからです。
 副総裁の表現物は「まだまだすばらしくありません。」本当に中心帰一するものはそういいます。今はまだその時期です。
Commented by JUN at 2008-12-01 11:32 x
私は物事に感動しないタイプの人間ではありません。
雅春先生の御著書以外でも、多くの宗教・科学・文学・芸術等に対し感動するタイプの人間です。
 感動した場合、自然に涙がこぼれてくる事も多々あります。
 
 
Commented by koujihori at 2008-12-01 12:00
jun様

 あなたは雅宣先生をあなたが育てる気ですか?途轍もない見当違いをされてますね。

 感謝とか尊敬とか実相を観るというのはそんな上から人を見下ろす様なものでは到底あり得ません。

 それから生長の家の信仰は駄目なものを自分の念力によって、良くするのではなくて、既に素晴らしいものを自分が認められていなくてそれで相手の実相が観えなくて、感謝が出来なかったその自分の心が曇っていた、間違っていたという事に気づく事です。

 親に感謝するというのもそういう事です。飲んだくれの父親をアルと認めて、それでも一所懸命感謝していたら、私の念力によって、父親が良くなるだろうなんてものでは決してありません。最初から素晴らしくて完全円満で愛情一杯であった父親であるのにそれを観るこちらの心に曇りがあって、ひどい父親に見えていただけであって、その完全円満の実相を観ることが出来なかったこちらの心に曇りがあった、申し訳なかったというのが真の懺悔であり、それこそが真の親への感謝です。
Commented by JUN at 2008-12-01 13:14 x
「育てる」気は勿論ありません。しかし周囲で「甘やかせる」人達が雅宣が「育つ」のを逆に妨害しているように私は感じます。

 堀先生の御発言に対し大部分は反論ございませんが、『「育てる」つもりか?』と尋ねられます所は、「否」と反論いたします。

 私は雅宣先生が「育つ」のを過保護な周囲が妨害するべきでないと主張しているのです。その事に周囲の者は気がつくべきだと言っているのです。お間違いなく。
Commented by JUN at 2008-12-01 13:19 x
見下しているはずがありません。尊敬しているからこそ、その無限能力表出に期待しているのです。
 見下しているのは堀先生の方ではないですか?
 雅宣先生の実力はこんなものだ(今のような現状だ)とおもいますか?
Commented by JUN at 2008-12-01 13:24 x
 堀先生は、「雅宣先生を尊敬している」というご自分が好きなだけではありませんか?
Commented by JUN at 2008-12-01 13:25 x
雅宣先生を愛しているわけではなく、ただそういうご自分が好きなのではないですか?
Commented by JUN at 2008-12-01 13:35 x
言葉がすぎました。反省しております。      合掌
Commented by JUN at 2008-12-01 13:39 x
「雅宣」と呼び捨てになっておりました。「雅宣先生」と訂正致します。
Commented by JUN at 2008-12-01 13:53 x
算数の九九をすらすらいえる小学一年生を「素晴らしい」と賛嘆するのはしっくりきますが、算数の九九を小六がすらすら言っているのを観て「すばらしい」というのは不自然でしょう。

 今現在雅宣先生を「すばらしい」と仰っている人達は、その九九を唱える小六に「すばらしい」と言っている状況なのです。
Commented by JUN at 2008-12-01 13:55 x
勿論「算数の九九」が「すばらしくない」とは私も言わないのです。
Commented by JUN at 2008-12-01 14:19 x
それとも私は九九の言えない「小一」の立場に立って、その九九をすらすらいえる小六を見上げ、「お兄ちゃん九九言えるんだすごい!」と賛嘆すべきですか?
 
Commented by JUN at 2008-12-01 21:26 x
堀先生すみません。
自分がおろかな言動をしているのは解っております。
しかし、これが現在の私の生長の家に対する正直な気持ちです。
副総裁を心の奥底から尊敬したいと思っております。
生長の家で活動したいとも思っております。
 道場に行くと、日々副総裁のブログに見向きもしない人が「副総裁はすばらしい。副総裁に中心帰一」と仰います、「中心帰一なら副総裁のブログよみなさいよ・・・・」。
 「中心帰一」、炭素削減運動も副総裁のご意思への中心帰一があってこそ・・・・でも中心帰一って、天皇への中心帰一あってこそでしょ?・・・それは言わなくなったのに、副総裁への中心帰一は声を高らかに言っている。  矛盾・・・・
 運動の基本は「中心帰一」、副総裁のことを尊敬できるように講習会にもいきました。ブログも確認してます。今一尊敬できない・・・
 雅春先生の御著書を読むと、気分が晴れる。
 正直な気持ちです・・。
 
 愚かであることはわかっている、しかしこの気持ちを真摯にうけとめようとする人はなかなかいない。

 堀先生、失礼の言動の数々をお許しくださいませ。
Commented by koujihori at 2008-12-01 22:17
junさん

 感謝出来なくてもいいじゃないですか。まあ、気長に行きましょう。これからも当ブログ宜しくお願いします。
Commented by JUN at 2008-12-02 09:46 x
 ありがとうございます。
バカ正直ついでに私の見解をまとめておきます。これも「こんな考え方もするヤツがいるのか。」というぐらいに何かの参考にして頂ければ幸いです。

 ①現在の環境破壊は人類に蔓延している左翼思想の心の反映であること。
②「CO2」に原因有りとするのは「心の法則」に気がつかない左翼思想科学者達の責任転嫁であるということ。
③現在副総裁が支持されているオバマ氏は左翼思想集団との繋がりを指摘されている事。大統領就任後は世界が左翼化傾向になるということ。
④左翼思想では環境の改善はなされない、逆にさらなる悪化を招いてしまう事。
 
 ゆえに本当に人類の滅亡をくいとめたいのなら、「天皇思想」しかないということ。
 現在の生長の家はそれに気がついていないということ。
 
                                     以上
 
<< 篤姫 我が儘の反対そのまま >>