実相は自分で出て来る(18)

 吾等は生きている。そして、色々な事を自分の意志と判断でやって、生活又は仕事をしている。従って、生きているのは自分が生きていると思いがちである。だから、生長の家の生き方を実行するのも祈るのも自分がやって、自分が心を清めて、実相を顕現させるのだと思ってしまうのである。そこに、我(が)が生じる。要するに実相は完全円満であるが、この世界は自分達の念が作っているのであるから、大事なのはなんだかんだ言っても、この現象世界で幸せに健康になる事であるから、私が何としても心を清め、生長の家の行に励み、頑張らなくてはならないと思うのである。そこには最早、神に生かされている、幸はへられているという観念は消失している。即ち感謝は無いのである。

 そういう風に考えるのは生長の家の初期段階である。榎本恵吾先生は「皆さん、全託と言ったら本当に全託ですよ!」と強くご指導下さった。

 全て、神がやって下さる。自分がやっている様でも神がやっておられるのである。自分がやっていると思う事が迷いなのである。仕事をするのも、人とのつきあいも、スポーツも、そして生理作用も全て、私なるものは無くて、神がここに生き、活動し、それにより吾等は生かされ、幸はへられているのである。吾等は何も心配は要らないのである。

 それこそが生長の家の神髄即ち、「現象はナイ、心もナイ、実相のみが今、ここにある。」の実相独在の信仰である。

堀 浩二
by koujihori | 2008-12-17 12:22 | 信仰 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9073579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukio aono at 2008-12-17 21:53 x
合掌  ありがとうございます。色々考えさせられていました

見るもの、聞くもの、話すのも、行動するのも、自分が
していると思うと、実相である「生命を支配する力」は
生命だけであるということを忘れてしまい。自分が今、ここに
居ると解るのも、自分が生きていると認識出来るのも、
自分の心ではあるがその心さえも、ましてや生きていると云う
生命さえも支配しているのは神であることを忘れがちです。
又、この世は自分を抜きにしては、神も仏もないのだろうと
横道にそれますが、なんのその神や仏が居ないでは自分も
いないとなると「人間と神とは一体なり」とより一層
ハッキリします。
Commented by yukio aono at 2008-12-17 21:55 x
続き
思えると認識するのは心がすることなので心が問題です。
心の思いは色々あって、認めたものだけが現われて見えると
なると、今の自分の思いである、その思いの認識通りが
現われてその現われを見ていることになる、不完全であると
思えば不完全が見えるのだし。実相だと思えば実相が見える
ことになる。心の向け先が違って、生命を忘れるようでは
『生命が「認識の形式」を通過する際に起こしたる「歪み」
なりと』とあるように、歪みに捉われていることに
気づかないでいることになり、あれこれ思う心を、どのように
調えるのか、考え過ぎだと、悦べるはずの自分はどこへと
思っている所へ、 先生のブログでした。
後半からの文章で徹底した全託がすべてを生かすことにありと
自分を立て直すことができました。
                      敬礼

Commented by ナオチャン at 2008-12-17 23:08 x
へぇ~、高所恐怖症とは知らなかったなぁー、だから一緒に長崎総本山の団体参拝練成会に参加した記憶がないんだ。女性恐怖症は堀さんのワイフに対してですか、それとも会社のウーマンに対してですか!。あっもしかして○鳩○の??。
Commented by koujihori at 2008-12-18 09:28
aono様

 有り難うございます。そうですか。心は自分の心で神から離れたものであると思うと色々迷いますね。正にそれをどう整えようかと悩み、困り果てる事になりますね。心はナイという事は現在の自分の一挙手一投足、心の向け方云々そのまま神の心であり、行動であったと悟る事ですね。それが「今、吾、神なり」の自覚ですね。
Commented by koujihori at 2008-12-18 10:02
ナオチャン

 二つ目のコメントは余りにも下品な為、削除しました。ところで高所恐怖症と総本山とどう関係があるんでしょうか?飛行機に乗るからですか?
Commented by yukio aono at 2008-12-18 11:15 x
合掌 ありがとうございます
眞理のコトバはありがたいです。すぐ立て直しが出来ました。
ありがとうございます。

>心は自分の心で神から離れたものであると思うと色々
>迷いますね。
>心の向け方云々そのまま神の心であり、行動であったと
>悟る事ですね。

正に「吾が業(わざ)は吾が為すにあらず」
  「神の外にあるものなし」等、示された教えを忘れていて
迷うばかりでした。生かされている悦びを、嬉しさを
忘れないで、感謝の心を大切にしていきます。
                        敬礼

<< 神になる必要無し。 恐怖症などと言うものはナイ >>