オバマ新大統領について

 本日、日本時間午前2時頃、アメリカ、オバマ新大統領の就任式があり、いよいよ、オバマ氏がアメリカ合衆国第44代大統領となった。人種差別がまだまだ根強いアメリカで黒人初のアメリカ大統領(本当はオバマ大統領は白人と黒人のハーフなのだが)が選ばれたのも非常に画期的な事であるが、これはオバマ大統領のキャッチフレーズではないが正に世界的なCHANGE(変革)の時なのだと思う。もう人種がどうのこうのと言う時代ではなくなって来た証であろう。
 そして、それだけではなく、それは今までの地球環境を無視した目先の金儲け主義、そして超大国アメリカの強大な軍事力を背景として、単純な善悪思想で自分が悪と認識する相手を力任せに屈服又は破壊して行こうという考え方等々が自壊し、新たに相手との対話、融和、そして、地球環境を大事にし、目先の金儲けではなくて、お互いの為、社会の為、世の中の為になる真の産業を構築して、質素でも出来るだけ全ての人達が潤うという世界がいよいよ到来して来ているのだと思う。
 それは前々から言われている21世紀は霊の時代だと言う事であると思う。今までは唯物的価値観が先行し、目先の物質的利益を第一にした市場第一主義の元、弱肉強食の経済がグローバル経済と称して世界を覆い、それをアメリカが先頭に立って推進し、環境を破壊し、地球温暖化を促進させていたのをこれからはそうした物質主義がすたれ、霊的価値を第一にする、お互いが助け合い、生きとし生けるものを慈しむ生き方が地球を覆うのである。
 その流れにおいて、吾が日本国の使命は誠に重大であると思う。日本国こそは霊的文化の担い手であり、その建国の精神は神武天皇の八紘一宇の精神である。これは何も腹にいちもつも無くて空っぽの心で世界を大きな輪(大和の精神)で結び、かつ自らを主張する事無く、それで全ての民族と国と宗教の良さを生かし、そして、融和せしめる。そうした国に生長の家の様な人間神の子の教え、万教帰一の教えが出て来たのも自然の成り行きである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-01-21 12:33 | 時事問題 | Trackback(2) | Comments(5)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9230769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ハズレ社会人 at 2009-01-21 22:52
タイトル : オバマ大統領就任演説の全文 米国がひとつに 時代に変革を
オツカレです。 この素晴らしい演説にコメントはいらないだろう。 [21日 毎日]オバマ大統領就任演説全文 市民のみなさん。 きょう私は、私たちの前にある職務に謙虚な心を持ち、あなた方から与えられた信頼に感謝し、先人が払ってきた犠牲に心を留めながら、... more
Tracked from 情報商材アフィリエイトブ.. at 2009-01-23 21:39
タイトル : 人生を変えるほど豊かなビジネスを構築することに本気で取り..
最後に、もう一度整理してみましょう。以下のような膨大なコンテンツを、わずか3万円程度で提供しようというのですから私たちがまともではないということは、十分すぎるほど自覚しています。ただ、これはあくまでも私たちの感覚なので後はあなたが、このコンテンツと価格を見比べて、まともな感覚で判断してください。(私はこれを見ているだけで、頭がクラクラしてきます。笑)あなたがこの教材を申し込むことで、最低限手に入れることができるものは・・・■6章構成の、がっちりとしたノウハウ■ブログの独自性を出し、差別化を図るためのオ...... more
Commented by ゆきえ at 2009-01-22 01:29 x
私のブログを書き込んでいると、次男が来て、大統領の演説について作文の宿題があるから参考にさせてと言ってきました。お母さんの書いてることは何となくわかるけど、具体的でないと(その通りですが…)言われたので、堀先生のブログを開いて一緒に読ませていただきました。次男が良くわかったようで、大喜びで先生の文章を参考にさせていただいて作文を仕上げていました。ありがとうございます。
Commented by koujihori at 2009-01-22 09:44
ゆきえ様

 お役に立てて何よりです。

>お母さんの書いてることは何となくわかるけど、具体的でないと(その通りですが…)
 
 何を仰います。素晴らしい感性の御文章ですよ。ゆきえさんの御文章に触発されて僕も書いたんですよ。

 ところで作家の五木寛之が言ってましたけど現在は百年に一度どころではない、産業革命をも超える人類始まって以来の変革の時なのだそうです。

 これは目ある者、耳ある者は自ずと分かるのですよね。くだらない物質の利益とか快楽を第一に考えてきた人たちにはおよそ分からないでしょう。常に神の声を聞く事を第一にして来た人たち、要するに吾々の様な純粋な信仰者にしか分かりません。
 僕はこれからは偽物が廃れて、真に神の心を生かす働き即ち本物しか残らないのだと思います。今は偽物が自壊する時なので見た目は一時、不況みたいになりますが、神の声を聞き、それを第一に生きる人に取っては何も恐れるものはありませんね。
Commented by ゆきえ at 2009-01-22 15:57 x
うれしくて、又泣きそうになりました。 ありがとうございます。

主人の伯父は河を守る運動を長年しています。伯父は世界の河をカヌーで周って環境問題をいち早く察知していた一人でしたので、いつも怒りをもって文章を書き続けていました。
今月のアウトドアの雑誌に記事が載っていたのですが、以前は反社会的で絶望的な文章を書きがちだった伯父が、世界はもっとよくなる。現代の若者が素晴らしいからだと、自分が指導してきた若者達の本物を見抜く目の素晴らしさに自分が教えられたと、希望に満ちた文章を寄せていました。

私は今、足元を見つめて、力を抜いてできるだけゆっくりと生きていこうとしています。 そうしたいからです。 苦痛自慢の過去からの卒業です。  

感性の


Commented by ゆきえ at 2009-01-22 15:58 x
すみません、最後の文章消し忘れです。
Commented by koujihori at 2009-01-22 17:01
ゆきえさん

>現代の若者が素晴らしいからだと、自分が指導してきた若者達の本物を見抜く目の素晴らしさに自分が教えられたと、希望に満ちた文章を寄せていました。

 その伯父さんは素晴らしいですね。河を守る運動をするどころか若者が素晴らしいと賛嘆出来るのですからね。

 確かに最近の若者は素晴らしい人が割合いますね。でも、組織にいると大概は無視されたり、つぶされたりするのが多いのです。大人って汚いというか自分が下の人たちに牛耳られるのがこわいからです。でも、本当の大人物は若い有望な人の意見を大いに採り上げて、賛嘆出来ます。
<< 自己限定を解く 実相は自分で出て来る(19) >>