実相は自分で出て来る(20)

 「実相は自分で出て来る」とは私の尊敬するA先生がよく仰っていた事である。でも、一般的な生長の家の信徒に取ってはちょっと意外な感じのする響きの言葉だと思う。でも、生長の家の教えの根幹である「実相独在」の理念から言えば、これは当然の事なのである。

 生長の家は実相独在の教えである。それは何もしなくても、始めの始めから人間は完全円満であり、それ以外に人間の相は無いという事である。そして、本当に実在する世界は実相世界のみであり、そこには完全円満の実相人間が住んでおり、万物が完全円満の神の展開として、拡がっている世界である。
 生長の家の教えはその完全円満の実相世界即ち神の国は今、ここにそして、吾等の内に存在しているというものである。それを認識すればその認識通りの世界が唯心所現の法則により現象的に展開するというものであり、本当にその実相世界を認識するとは今、このままでこの世界が、そしてこの自分が完全円満で素晴らしいという事を認識するという事である。それは即ち「そのままでよい」という事であり、救わなくちゃならんとか善くしなくちゃならんとか私が神の代わりに何とか頑張らなくちゃならんとかそんな事ではなくて、既に内に、そして今ここに完全円満の世界が展開しているのであるから、それをただ、悦び、感謝しておればいいという事になる。
 それを本当に認識すれば、全託の生き方、そして、自分をこの身を何とか良くしよう、健康にしよう、安全にしようと思わないから、肉体を心で執着する事が無くなるから、そこに自らの身を放つ即ち、捨身の生き方が後から自ずと出て来るのである。そうなるとそこに自ずと全力の生き方が出て来て、能力は必要に応じ、状況に応じ、どんどん使って行くから、それが訓練となり、筋力も脳神経もどんどん発達して、能力がどんどん向上して行くのである。

 それが生長の家の教えの神髄であり、本当の生長の家の教えである。それに対して、親孝行しなくちゃならんとか夫婦仲良くして、感謝しあわなくてはならんとかというのは神髄に入る前の道徳的教えである。そういう段階の教えなら巷に沢山ある。潜在意識を良くしようとかプラス思考で行こうとかそういう事を説く市井の修養団体やカウンセラーはあまたあるのである。

 これこれこういう事をするから素晴らしくなるのではない。今、そのままで完全円満で素晴らしいから良い事をするのである。それが実相は自分で出て来るという事である。

堀 浩二
by koujihori | 2009-01-28 12:35 | 信仰 | Trackback(2) | Comments(8)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9261409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from スローセックス at 2009-01-29 22:00
タイトル : スローセックス
「夫が妻に拒否されるセックスレス事例」が多いということです。アダム氏は、妻に拒否されるのは結局は... more
Tracked from [野球]球速アップ(上げ.. at 2009-02-03 13:23
タイトル : 弱い肩を強くするトレーニング方法
和歌山県:桑原孝史くん(15歳)桑原くん、こんにちは。肩の筋力ももちろん大事です。だけども、他の部分で補えるものはたくさんあります。 総合的な力を身に付けて速球を投げるためには、どれか一つが欠けても駄目なんですね。このトレーニングプログラムは、安全に、体全体のパフォーマンスをアップしていけるので、これを信じて、一つ一つじっくりとトレーニングしていってください。 また、そのくらいの時期だと、成長の途中だと思いますから、成長していく過程での自然なパワーアップも後押ししてくれるはずです。 逆に、...... more
Commented by yuko at 2009-01-28 13:37 x
ありがとうございます。仰る通り、生長の家の教えの神髄は完全円満の実相は、今ここに我が内に存在していて、それをただ悦び、感謝したらいいんですよね。私もその神髄に入る前の段階で長い間ウロウロしてました。そしてその間は、常に安心できないでいました。でも榎本先生とのご縁で、自分が“今このままで素晴らしい”と悦んでからというもの、実相(神)が自分で出てくるのを実感してます。
Commented by koujihori at 2009-01-28 14:01
yukoさん

 素晴らしいですね。この心境でいらっしゃるというのは。でも、いきなり、今、ここに実相世界があるという事を悦べったって誰も出来ませんよね。だから、その前段階の修行の期間というのは皆、必要で、その間は苦しく、悦べないんですよね。だって、それは「今」の教えではないですから。

 でも、その奧伝には必ず常楽の世界があるんですよね。
Commented by yuko at 2009-01-28 14:34 x
正にその通りですね。私も5年間の修行期間は苦しかったですね。つい最近まであの5年間を思い出したくないと思ってたんですが、あの時があったからこそ、“今”があるんだと思えるようになりました。そしてその5年間が苦しかったという思いが剥落してきているんです。何故なら、堀さんが最後に仰っているように、「その奥伝には必ず常楽の世界がある」からです。先日、榎本先生にご縁のあった方と出会いました。不思議なことに堀さんと同じ空気がして、とても懐かしい思いがしました。またその方も「榎本先生とご縁のある方は皆似ている」と仰いました。繋がりが嬉しいですね~
Commented by koujihori at 2009-01-28 14:57
 五年間ですか。僕は約一年です。でもそういう状況になるまでの迷いの蓄積はそれこそ数十年ですね。というか僕の前世から持ち越して来たものが原因となっていると思います。でも、その迷いもそれから出てくる我(が)も全部、悟る為の予備段階ですから、本当に悪いものは存在しないですね。

 ところで僕の空気ってどんなですか?僕は自分では40歳ちょっと位に見えるだろうと思ってるのですが(もうすぐ50になります)、この頃、50歳過ぎだと思うって良く言われるんです。自分としては複雑です。
Commented by yuko at 2009-01-28 15:15 x
私の言う空気というのは、年齢じゃないんですよ。懐かしい雰囲気というか、何というか・・・私は堀さんより一つ年下なんですが、堀さんは年より若く見えますよ。私も気持ちは若いつもりでいますが、孫が誕生したんですよ。主人も私もメロメロです。
Commented by koujihori at 2009-01-28 15:36
 えー!yukoさん、僕より一つ下なだけなんですか?5~6歳は下と思ってました。ましてやご結婚してらしたとは!それからもうお孫さんも誕生したとは!
 yukoさんの中身はよく分かってましたけど、身上的な事は全然、知りませんでしたから。
Commented by yuko at 2009-01-28 17:21 x
まあ、私を独身だと思ってたんですか?冗談!でもこんなに早く孫が誕生するとは思ってませんでした。でも生まれたら、しっかり家族の一員ですからね。有り難いです。
Commented by koujihori at 2009-01-29 09:15
yukoさん

 すいません。最初、ネットだけのつながりの中では20~30代位の方かなと思っておりまして、お会いした時は40代前半かなと思い、今までお聞かせ頂いていたお話の内容から勝手に独身のイメージを持っておりました。
 でも、yukoさんの様な素敵な方が独り者の訳が無いですよね。すいません。勝手な思いこみをしてました。
<< 思ったら思った通りになる とらわれない(4) >>