自分の願いが神の願いである。

 吾々は各自、願いを持っている。もちろん、それは幸せになりたいという願いである。そして、それに含まれると思うが特に女性だったら、もっと綺麗になりたいとか男性だったら、もっと能力を出したいとか色々あるだろう。その他、あの大学に入りたいとかあの会社に入りたいとかあると思う。

 私は願いというものは神の願いに一致したものではなくてはならないと思っていた。何故ならば、自分の心が清まっていなくて、まだ物質的であるならば私の願いは物質的、利己的であって、それは我(が)の欲望に過ぎないものであるから、そんなものは迷いであると思っていたし、私はまだまだ自分の願いが神の願いである自信が無かった。

 例えば、自分は自分の能力を伸ばしたくて仕方がなかった。それで英会話とかの勉強もやりたくて仕方が無かったが、そんな事を考える事が利己的な気が良くしたものである。それは神様の事を第一にすべしと生長の家で教わっていたのであり、そうなると自分の能力を伸ばす為の勉強なんて利己的な事に感じたのである。そんな事をしている暇があったら、愛行にいそしむべきだし、ましてやビデオとか映画なんて観ている暇があったら、いつかシコク嫁さんもちらっとブログで書いていたが、講習会の参加促進家庭訪問しなくてはならないのではなんて内心思ったものである。

 それと私は子供の頃から家に卓球台があったので卓球に慣れ親しんで来たが、大学に入ってからさあこれからたっぷりキャンパスライフを満喫しようと思っていたら、体育の授業でテニスを選択し、それ以来、テニスの魅力にはまってしまった。当時は現在の様にラケットが進歩しておらず、面の小さい木のラケットしか無かったのでテニスでボールをまともに打てる様になるまでは最低3年はかかると言われたが私は熱心にテニスのレッスン書を買って来て、一人で練習している内に丁度テニスを始めて3年目の時に「インナーゲーム」というあるテニスのレッスン書に出会ったのをきっかけに急激に上達し、それ以来、本当にテニスの虜になってしまったのである。

 しかし、当時私は東京の生長の家青年会に入会したばかりで程なく池袋単位青年会の委員長を任され、青年会の運動をする様になったが、それは前述の様に自分の時間を全て、神様のご用事に当てなければ良心の呵責を覚える様なものであったので、私はテニスをしたい、その技を極めたいという強烈な願望を持ちながら、そういう願望を自己否定する精神状態でその後、十年以上も青年会運動を続けたのである。
 人間、これをやってはいけないと思うとその思いは反作用でますます強くなるものであり、私はたまにテニスをやりながらも心の奥底でそれは神に赦されない利己的行為であると自分を裁いていたのである。そんな状態では人間は精神的に持ちこたえる事は到底出来ないものである日、私の信仰生活は破綻を来たしてしまったのである。
 それが今まで何回も紹介させて頂いている事で自律神経に支障を来す様になった。今から13年前の事であるが、それがきっかけで宇治の私の尊敬するA先生の元に導かれ、その時、先生に素直に私の信仰の軌跡を全て吐露したら、先生は「テニスは大いにやりなさい。あなたの現在の切なる願いが神の願いなんだよ。」とご指導下さったのである。私は今まで、テニスだの英会話だのなどは生長の家の神様のお役に背くものであると思い、自分で自分の願いを否定し、そして自己処罰していたのを一気に神に赦された気になり、それで救われたのである。
 私はその時、現在の自分が神であるという事を悟り、同時に全ての人類、存在が既に救われている存在であるという事が分かり、これから救う必要が無い拝むべき尊い存在であるという事が分かったのである。

 吾等は神であるから、吾等の現在の切なる願いが神の願いであるのである。それをまだ駄目だ、まだ自分の心は完全に清まっていないなんて考えるから自分の願いに自信が持てないのである。そんな事を言っていたらいつまで経っても自分の心が完全に清まる時など来ないのである。自分の切なる願いが今、そのまま神の願いである。そして、それは既に実現しているのである。

 私はテニスとか英会話を全力でやらせて頂いているお陰でどれだけ、真理に関する学びが出来ているか分からない。その分かった事がどれだけこうしたブログとか誌友会の講話で役に立っているか分からないのである。それは既に神により全宇宙が救われているという悦びから来るのであり、その悦びを素直にこの場や誌友会の講話の場なので披露させて頂いているのである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-02-10 13:01 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9320588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ソフトテニス ソフトテニ.. at 2009-02-12 18:01
タイトル : ソフトテニス ソフトテニスのラケットと練習法
ソフトテニスについて書きます。 ソフトテニスの練習方法や ソフトテニスのラケット選び、 ソフトテニスのルール解説です。... more
Commented by 山崎 at 2009-02-11 21:18 x
合掌、ありがとうございます。
毎回拝見させて頂いております。
私はよく以前の先生のように、ある願望が湧き上がると、これは神意か単なる自己欲なのかと考え、峻別し、その結果、勝手に欲の烙印を押し、その願いを捨ててしまいます。
生長の家の真理を享受させて頂き、その実相円満完全性を現象界に神意を伴って顕せられないのは正直にいって苦しく悔しいし、神や凡てに対して申し訳がないです。
しかしそのような中でも吾々は既に救われ済みで、願いは成就し、神しかなかったのだと観じる事が出来ます。
なぜなら吾々は神の子だからです。
ありがとうございました。山崎拝
Commented by 三谷文人 at 2009-02-11 23:13 x
 有難うございます。

 堀さんの中の神様が、テニスや英会話をやりたくてウズウズしていたのですね。静かなワクワク、嬉々とした躍動、伸びやかな解放感。自分の願いは、神様が植え付けた悦びの種子ですね。

 実は私も、似たような悩みで随分苦しんだものです。神様が自分と離れた処にいる様な感覚が、自分の願いと神様の願いを対立的に隔てていたのでした。そんな距離感がどれほど神様を悲しませてきたのでしょうか。

 全ての人が本来の処を得、あるべき処にあるべき相が顕れる。そこに調和ある世界が実現する。自分の願いを生きることは、神様の御計画に協力することだったのですね。

 先日の誌友会、日本の国についての素晴らしいお話が聴けて良かったですよ。有難うございました。

 
Commented by koujihori at 2009-02-12 09:18
山崎様

 コメント有り難うございます。自分が神であるのですから自分のそのままの切なる願望はそのまま神の願望です。余り難しく考えないで自分のしたい事をしていいんですよ。
Commented by koujihori at 2009-02-12 09:20
三谷さん

 コメント有り難うございます。

>神様が自分と離れた処にいる様な感覚が、自分の願いと神様の願いを対立的に隔てていたのでした。そんな距離感がどれほど神様を悲しませてきたのでしょうか。

 この事に気がついた事は神様もお悦びでしょう。ご両親も同様だと思いますよ。
Commented by シコク嫁 at 2009-02-15 21:33 x
ありがとうございます。久々にゆっくり読ませていただいて〜〜どの御文章も沁みますが、この「自分の願いが神の願いである」は思わず涙が出そうになりました。
私も「こんなことやってていいのかな?」といつも自分で自分を裁いておりました。堀さまのおっしゃるとおり>>神に赦されない利己的行為。。であると思っておりました。
自分の切なる願いが神の願い・・・今日もまた救われました、ありがとうございます。
Commented by koujihori at 2009-02-16 09:26
シコク嫁様

 コメント有り難うございました。お忙しそうですね。でも、ご商売が繁盛の様で何よりです。世の中、右を向いても左を向いても不況だ、不況だと騒いでおりますが、何のことは無いと思います。それぞれがそれぞれの使命を自覚して、金儲けではなくて、真に世の中の為になる仕事をただしていけば自ずと生かされる道は開けると思います。

 ところで自分が今、神であるから自分のそのままの願い、やりたいことがそのまま本当に周囲に光を与える神の願いそのものなんですよね。それは同時に周りの人も全部そのままで救われ済みでこれから救う必要が無いと安心するから自分の本当にやりたい事を心おきなくやれるし、それが繰り返しになりますが周囲に光を与える事になりますね。
<< 日本の建国の理念の展開が生長の... 生長の家の信仰について(6) >>