吾々は今、完全円満、無限力である。(5)

 吾々は神の子である。神の子と言うことは神であるという事である。吾等は神なのである。神は完全円満であり、無限力であり、無限健康であり、無限智である。そして、それは何時の事かと言ったら、「今」の事である。「今」以外に時は無い。吾等は正にたった今、神であり、完全円満である。
 そして、現象はどこまで行っても不完全である。どんなに美しい肉体を持っていようとも完璧な肉体というのは無い。そして、それも年月が経てば朽ち果てるのである。現象は過去の吾等の念の残像であり、それはゆらゆらと良い時もあれば、悪い時もある。しかし、それらはナイのである。

 これから訓練して、祈って、少しずつ心を清めて行って、その後、その影である肉体が健康になり、故障も癒えるのではない。それは現象の話である。現象はナイのである。肉体はナイ。物質はナイ。従って、肉体の故障もナイ。今、ここに完全円満、無限力のみが息づいている。それが勇気となり、捨身となり、訓練となる。そして、結果的に想念が清められ、潜在意識が清められ、肉体や現象が後から整って来るのである。しかし、それも現象である。良くなったと思ったら、また調子悪くなる事もある。

堀 浩二
by koujihori | 2009-02-23 12:26 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9378945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神の国は我が内にのみあり(6) 実相は自分で出て来る(21) >>