この世に何も本当に恐いものも悪いものも無い

 実相世界は完全円満であるが、この現象世界は人間の心が創造する第二創造の世界であるから、吾々は注意して自分の心のありようを正しい方向に保ち、それにより、実相世界の完全円満さを現象世界に投影させ、それで自分自身も健康に幸福になり、又、そのお陰を独り占めしてはならないのでそういう風に自分がなったら、あなたも幸せになれますよという事で一人でも多くの人をこの生長の家の真理で救いなさいという風に大方の生長の家の人は考えていると思う。
 これはこれで一つの段階として、良いと思う。しかし、これは本当の究極の真理ではない。吾々は一度たりとも迷った事も無ければ、病気だった事は無いのである。そんな事を言うと「いや、それは実相世界ではそうかも知れないがこの実際、吾々の生活している現象世界ではいくらでも迷いはあるし、間違いもあるし、汚れもあるのだから、それを注意して心を不断に清めなくてはならないのだよ」という声が聞こえてきそうである。しかし、生長の家の真理は現象はナイという事であり、そして、迷いも悪もナイというのが本当である。要するに悪はナイ、病はナイ、迷いはナイ、不完全はナイと言ったら、ナイのであって、それは宇宙の始まった時からそうなのである。
 聖経「甘露の法雨」に「全ての真実の存在は神と神よりいでたるもののみなり」という一節があるが、正にその通りであり、吾等は一度として迷った事も、病に陥った事も、悪くなった事も無いのである。迷ったりなんかのように見えるのはそれはひたすら吾等の実相が自分で出て来る為のものである。宇宙には無限の領域に完全円満の神のみがおわしますのであり、それが自ずと自己表現するのである。そして、その自己表現として、実相が自分で出て来るという事になり、無限の実相世界からその表現として有限の現象世界が出て来て、無限の実相世界、実相生命の表現が行われるのであり、それは神みずから自分で行うのであり、その表現の過程において、迷った状態から悟った状態になるという表現を通して、実相の無限生命の表現が行われるのである。
 従って、この世界は聖経「甘露の法雨」にある様に「全ての真実の存在は神と神よりいでたるもののみなり」という事になるのであって、吾等の過去に如何なる不完全な状態が自分に感じられていようとそれは本当に不完全なのではなくて吾等の内なる無限生命の実相生命が自ら自己表現、自己顕現する過程における必要な基礎工事期間というか初期段階なのである。
 その事が分かれば、吾等は何一つ恐れる事も恥じ入る事も後悔する事も無いのであり、歓喜勇躍して人生を渡って行く事が出来るのである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-03-13 12:27 | 信仰 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9457701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なおちやん at 2009-03-14 05:14 x
そうですね、聖経『甘露の法雨』にもそれに近い記述がありますからな。(神はすべてにましまして絶対なるがゆえに)。以上すごい超大真面目なコメントをした『なおちやん』でした。ところでご子息はスキーですか。親の目が届かないからサゾカシ今頃はナンパしてたまっているモノを放出している事でしょう。腰を痛めないで帰ってきてくださいねー(笑)。22日、日曜日はダブルブッキングです。地方講師初年度登録の加古龍三さんの栄える会デビュー講話(前講なし)セツグウ担当なので無理です。後、翌日から検査入院でして(;_;)。
Commented by ふじおか at 2009-03-15 16:16 x
すべての真実は神から発せられたと思う事で後悔のない前向きな志を持って人生を進む糧となりますね。

今の時代は物や情報が豊かであっても心の持ち方や言葉の使い方の知らない人が多いと感じます。

特にこれからの社会情勢を考えると心をどのように豊かにしていくかによって幸福な人生を送られるかどうかが決まると思います。
Commented by koujihori at 2009-03-16 09:25
なおちゃん

 息子は所謂、典型的草食系男子なのでナンパしまくる位であって欲しいと思っています。でも、大学生位って割合、うぶでまだ清いですよね。いやらしくなるのは中年からですか。
Commented by koujihori at 2009-03-16 09:28
ふじおかさん

 >すべての真実は神から発せられたと思う事で後悔のない前向きな志を持って人生を進む糧となりますね。

 そうですね。その事を知っているのといないのとではまるきり人生に対する希望とか悦びが違うと思います。一人でも多くの人がこうした信仰をもっていればこの世はもっと素晴らしいものになりますね。
<< 今、出来る(6) 今、そのままで完全円満である、 >>