信仰って何だろう?感謝って何だろう?

 生長の家は信仰である。それは唯一絶対の神への絶対の信仰である。そして、それは同時に感謝でもある。それでは信仰とは何だろう?感謝とは何だろう?それは私は神への全託に他ならないと思う。と言うか、全託なのである。

 自分が生きている、何かが出来るという事が神のみから来る生かしとか力ではなくて、私がこれだけ祈ったからとか私がこれだけ行をしたから生きれた、病気が治った、何かが出来る様になったというのであれば、それは神ではなくて私が偉いという事になるのである。そこには信仰は無く、我(が)の驕りがあるばかりである。しかし、不安とか迷いの正体というのは何かと言ったら、私がしなくてはならない、私が救わなくてはならないという思いである。それは宇宙に既に遍満している既に始めの始めから完全円満の神に生かされているという大安心が無いという事である。全託とはこの完全円満、普遍なる神への本当の本物の全託であり、それこそが信仰である。私がこれだけ心を清めたから、救われたのなら偉いのはこれだけやった私という事になり、それは絶対の信仰ではない。そして、同じ理由で感謝も無いのである。

 そして、その事が如実にズバリ歌われているのが生長の家の招神歌である。

堀 浩二 
by koujihori | 2009-04-09 12:24 | 信仰 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9574027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふじおか at 2009-04-09 22:12 x
フォームが変わり文字が大きくなってとても見やすいブログになりましたね。
とてもいいです。

私達の信仰、感謝の心は簡単に表現できても実に奥の深く尊いものだと思います。
その追求そのものが幸福へつながっていくと思います。
Commented by なおちやん at 2009-04-09 22:18 x
神様は拝み屋ではない、信仰も拝んでやるものではない、それは普遍的に言えば信仰とはなんぞやになるので頭を空にして何でも受け止めれば良いのである。それが神様への全託につながると私は思う。大真面目なコメントの『なおちやん』でした
さて昨日の『斎藤秀雄』先生とは私の音楽の師匠の師匠で私も『斎藤秀雄』の孫弟子になります。以上
Commented by なおちやん at 2009-04-10 05:32 x
堀さん
総裁先生のブログご覧に戴けました?。そろそろ私の正体、暴露しても良いのでしょうか。一部の人々には既にばれていますが、それともまだ隠しておいた方が宜しいですが。ばらす時は堀さんがばらしてください。
Commented by 初心者 at 2009-04-10 11:42 x
なおちやんさんの正体ってなんですか?(わくわく)

やっぱり私が見込んだ(?)人ですからねー、期待してまっせ。

ちなみに、私の正体は天狗です。すぐに天狗になりますからねー。

堀せんせー、はやくなおちやんさんの正体をおしえてくださーいっ。
Commented by koujihori at 2009-04-10 21:12
なおちゃん

 見ましたよ。何と畏れ多い・・・。さっき、本部から連絡が入りましたが、余りにも無礼なコメントの為、光実から除名だそうです。ご愁傷様(涙)


 冗談です。ところでなおちゃんの青年会に来る前の過去は僕も知りませんでした。それにしてもすごい事知ってますね。
Commented by なおちやん at 2009-04-11 07:39 x
堀さん
冗談キツスギですよ、いくら何でも総裁先生だけに言葉はそれなりに選んで書いてますよ。ただでさえ青年会ホウツイになっているのに。まさか、総裁先生のブログに下ネタオンパレードできませんから、むしろ先生も好きだったりして。
さて、ブンブン紅茶店の件、空いている土日を教えてください、土日のランチ時に行きましょう。でわ。
Commented by なおちやん at 2009-04-11 23:32 x
ところで、過去の事教えていませんでしたっけ。航空自衛隊に在籍していた事、その関係で自衛隊から紹介された警備会社で空港専門で勤務していた事や外資系ホテルや大使館のセキュリティーアドバイザーしていた事。知らないですか?、だから、最後には日本航空とNTT.COM(OCN)にいたんですよ。
Commented by 初心者 at 2009-04-12 12:01 x
なおちやんさん、すごいです。もっとくわしくおしえてください。
Commented by 三谷文人 at 2009-04-12 23:14 x
 有難うございます 

 堀さんのお書きになる御文章はいつも、神様を愛する気持ちに溢れていますね。生かされていることを悦んでいらっしゃるのですね。
その悦びが感謝の源泉ですね。

 >私がこれだけ祈ったからとか、私がこれだけ行をしたから----

 こうした自力心は、他力本願の真髄を説く教えの先達たちが、一貫して排撃してきたところの傲慢さでありますね。
 「自分」を引っ込めたところに、神様の御業が満ちるのですね。

 お陰さまで、週末は有意義な時間を過ごせました。有難うございました。
Commented by koujihori at 2009-04-13 11:25
なおちゃん

 思い出しました。なおちゃんの経歴。でも自衛隊の事は失念してました。ところで今度の日曜日は空いてますよ。
Commented by koujihori at 2009-04-13 11:28
三谷さん

 土曜日の勉強会、昨日の誌友会と本当に有り難うございました。ところで土曜日は本当に充実してましたね。それで終わった後のあのレストランでああいう事になるとはね。僕は霊感が余り無いみたいでUさんとかDさんの様に感じられませんでした。でもUさんがあんな心霊関係に強いとか知りませんでした。
<< 問題が教えてくれるもの(2) 本当の訓練とは(2) >>