観世音菩薩のお働き(3)

 私はテニスが趣味で初めてラケットを握ってからもう30年近くなる。それで自分ではそれなりの腕を持っている積もりでいた。ダブルス、シングルスとも最近は勝率も上がって来たし、自分では上達していると思っていた。確かにそういう部分もあるだろう。しかし、先日、私はあるものを見て、愕然とした。
 それは何かと言ったら、自分のサービスのフォームの連続写真である。先日、息子とテニスをしたが、最後にお互いのサービスのフォームを携帯の動画で撮影し合った。息子は高校の時、一流の指導者にきちっと習っていたので動画の連続写真を見ても、理想的な実に綺麗なフォームであるが私のフォームは実にひどかった。何がひどいかと言ったら、ボールのインパクトの位置がとても低く、殆ど肩より少し上あたりでラケットがボールにインパクトしているのである。サービスは左手でボールをトスしてそれをラケットで打つのだが、本来はラケットを伸ばした一番高い位置あたりで打つのが良いのであり、プロなど上手い人は皆そうやって打っている。下手な素人は低い位置でインパクトしており、私はそういう人は何人か知っているがまさか自分がそうとは夢にも思わなかった。私はもっと高い位置できちんと打っているつもりだったのである。
 私は大学の時、テニス友達にお前は背の高さを全然生かしていない、即ち高い位置で打っていないと言われた事もあるし、最近でもコーチにもっと高い位置でインパクトしなければならないと注意はされていたが、私は聞き流していた。というのは自然にラケットを振れば、敢えて高い位置でボールをインパクトしようとしなくても自然にラケットを伸ばして高い位置でインパクト出来ると自分で思いこんでいたから、人のアドバイスを聞き流していたのである。
 しかし、ビデオで実際の自分の状態を目の当たりにした私は自分が自分で思っているより全然低い位置で打っている事実を突きつけられ、愕然としたのである。それで最初はショックだったが練習とか試合などで高い位置で打つ事を心掛けたらこれが素晴らしい威力もあり、正確なサービスが打てる様になったのである。ちょっと専門的になるがインパクトが低いと肩も良く回らないし、肘もきちんと使う事が出来ないのできっちりスイングが出来ないのでボールに威力も回転も与えられないので威力も無く、ミスも多いサービスになってしまうのである。セカンドサービスは回転を掛けて相手のコートに入れていくサービスを打たなくてはならないが回転が掛かっていないとダブルフォルトも多くなるのである。

 人は生長する為には自分の考えとか行動が真理に照らして間違っているという事を如実に知って、反省しなければならない。間違っているのにこれで良いと思っていればそれを治し様が無いのである。しかし、自分の真の姿というのは変なフォームで打っていた私の様に自分では分からないのである。そうした時に有り難いのが観世音菩薩の御働きである。観世音菩薩というのは生長の家では心の法則の事である。即ち自分の心の通りの姿を自分の肉体とか境遇とかまた隣人に映し出す事で自分の心の状態を知り、それにより自己反省が出来て、吾等の学びが進むという事である。そう思うと自分の不利な境遇、例えば病気とか待遇とかまた同僚や友人の自分に対する変な態度というのはこれは全て、自分の心の姿を現して、見せてくれる有り難い観世音菩薩の御働きであり、従って、そうした事にも感謝が出来るのである。

堀 浩二

(後日談)
 その後、テニスを続けて行く内に私のサービスの技術的欠点が「ボールを高い所でとらえようとしていない」という事ではなくて、①トスが低い事②バックスイングの時、ラケットを十分、頭の後ろに持ってきていない事、この二点にあるという事がはっきりしました。でも、私の言いたい事は元の文章のままでも伝わるので文章は原文のままにしておきます。(平成21年5月26日)
by koujihori | 2009-05-11 12:33 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9711906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 初心者がゴルフスクールに.. at 2009-05-20 20:38
タイトル : 初心者がゴルフスクールに通わずに正しいゴルフスイングの仕..
わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレーヤーへと導いた本物の教えを知れるとしたら?しかも、5ラウンドでスコア100を切れなかったら全額返金保証という条件付きだとしたら…あなたは、その教えを知りたくはありませんか?... more
Commented by なおちやん at 2009-05-12 04:08 x
親子でテニスコートでプレーすることは良いですね。ご子息も成人になったのですから飲み会もOKでしょう。今度、壮年組の飲み会に連れ出してください。(これを期に男の洗礼を)
まあ、私の方はさんざん飲みに行っては絡まれて愚痴言われ、不平不満で不完全燃焼で終わるんですが。あの~テニスは夫婦でやらないのですか。そうすればご令室の不満も解消するのでは。(*^_^*)(*^_^*)ポン
Commented by koujihori at 2009-05-12 10:54
なおちゃん

 テニスは夫婦でたまにやりましたが、女房は万年初心者なので最近は殆ど夫婦でやりません。女房のテニスに対する考え方と僕のとでは180度違います。僕はテニス道を追求しようとしますが女房は楽しく出来れば良いという考え方です。夫婦って殆ど正反対の性格の人が夫婦になるんですよ。
<< 自分の考えや行動が神の考え、行... 生長の家とは何か(11) >>