心の法則とは

 私は生長の家をやり始めた当初は心の法則の事で随分悩んだ。思ったら思った通りになるのならば、それは余程、自分の心をコントロールしないと大変な事になると思ったからである。しかし、谷口雅春先生が言われている様に心をコントロールする事はとても出来ないのである。しかし、先生は心はナイ、実相のみがここにあると悟られた事によって、心をコントロールしなくてはならないという段階を乗り越えられた。

 心の法則とは心をコントロールする事で人生を運転しようというものではなくて、自己の自覚を映してくれる働きであり、その人の自覚、認識をその人自身に包み隠さず体験させて下さる有り難い働きなのである。
 自己が今、このままで完全円満であると自覚すれば、それが自分の周囲の環境として出て来て、それがありありと実感される。それは心の法則に則って行われるのであり、それが悟りである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-06-18 12:28 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9875796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 良くしようとしなくてよい(4) 問題は神が消して下さる(5) >>