悩み、問題とは何か

 私の尊敬するA先生は明確に「ナイ!」と一喝されていた。現象はナイ、それなら現象の父母も、師もナイ、無論、病気もナイ、そして先生は「問題はナイ!潜在意識はナイ!」と断言されていた。生長の家では心の法則というのを説き、自分に何か病気とかの問題があるのは自分の心ことにその95%を占める潜在意識に歪みや迷いがあるから、それを清めるべしと指導される。それで一所懸命、皆、潜在意識を清める為に色々の行をやる。しかし、潜在意識はナイ!のである。そして、病気もナイ!のである。それが真理である。だから、聖経「続々甘露の法雨」には「「この病気はこの心の迷いの影」などと「迷い」をいちいち詮索することなかれ。「迷い」本来無ければ、「迷いの影」も本来無し。」と示されているのである。

 病気はナイ。不完全はナイ。今ここそのままで神の国である。病気がアル、不完全がアル、まだここは天国ではないという思いが天国への階段を踏み外して、転落し、病気になるという映像を作り出し、それを良くしようとか、病気にならないようにしようとかという心となり、病気を心でつかみ、悩みを心につかみ、問題を心につかみ、まだ不完全の、病気の、「天国への階段を踏み外す映像」を自ら投影し続けるのである。

 その心でいる限り、この問題や悩みが解決しても又、別の問題や悩みを自分で心に描き、それを自分の周辺に投影して、苦しみ続け、悩み続けるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-07-14 12:19 | 信仰 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/9982774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 仙川健一 at 2009-07-16 00:46 x
悩みにぶつかった時はいつも悦びの広場を訪ね、真理の言葉に触れて癒されています。ありがとうございます。
生長の家本部にもこのようなブログがあればどんなにいいだろうと思うのですが。
Commented by koujihori at 2009-07-16 09:48
仙川様

 そう言って頂くと冥利につきます。有り難うございます。
<< 良くしようとしなくてよい(5) 全力が神である。 >>