2017年 03月 11日 ( 1 )

都会化が招くもの

 この間、温和な性格と言われるゴールデンレトリバーが赤ちゃんの頭を噛んでその赤ちゃんが亡くなった事故があったでしょう?
 これ、最初、僕はてっきりそのゴールデンレトリバーがブリーダーが金儲けの為に回転を良くする目的で子犬を生後二ヶ月位で母犬から引き離す事で生じる子犬の精神の不安定さから来てるかと思っていた。
 しかし、これよく読むと事故は赤ちゃんの祖父母宅で起きた事で親が赤ちゃんを祖父母宅に預けていた際に起こった事だという。

 要するにその犬に取ってよそ者が侵入して来た訳だ。犬は番犬の役目もするから赤ん坊と言えども自分の家によそ者が入って来たら攻撃するだろう。


 これはその祖父母と間接的には父母の責任だと思う。

 要するに犬という動物の性質に対する無知という罪から来ている。最も重大な罪は無知である。

 でも何でこんな無知になるのか?それは人間が余りにも都会化されていて自然と離れた生活を何代にも渡って送って来たからである。だから自然に対する智恵、今回は動物に対する智恵だがそれが働かないのだ。

 自然を破壊し、都会化生活に慣れればそうした智恵は失われて行く。生き物として本来備わっている自然の智恵が。

 だから自然を回復し、自然と共生するライフスタイルを持つ努力をしなくてはならないのだ。今盛んに自動車業界を中心にもてはやされている自動化の波だがこれも人間の本来持っている能力をどんどん削いで行き、それに伴い当たり前の自然の叡智も失われて行く。

 今日は3.11だがあれの最も大きな教訓は「自然に対して謙虚であれ。自然をこれ以上破壊するな。原発などと言う自然界に取って最も脅威である発電設備を人間の都会生活での享楽の為に使うな。」という事であったのだが現政権は原発を重要なベースロード電源と位置づけそれらの教訓に背を向けている。

 そして今回の疑獄事件も検察は動かない。マスコミも事件の核心には迫らない。日本の崩壊が始まっているのである。それはとりもなおさず人間の崩壊である。

堀 浩二


by koujihori | 2017-03-11 10:12 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)