2017年 09月 21日 ( 1 )

今の世界の流れ

 最悪のシナリオとしてこのまま衆院選挙で自民が大勝し、その勢いを駆って「緊急事態条項」の改憲発議を出し、それを北朝鮮の脅威を散々煽って利用してマスコミをそれに総動員させて国民に恐怖心を植え付け、その為にはこの改憲が必要だと言う事で国民投票で過半数を取って、それが現実化する事だ。

 そうなったら安倍首相の意のままに緊急事態が宣言され、それこそ北朝鮮がミサイル実験をしたというだけでそういう事になり、そうなったら一切の法的手続きをすっ飛ばして安倍氏の完全独裁になってしまい、国民は完全に彼に生殺与奪を握られてしまう。

 これだけ嘘をつき、社会保障費や福島被災民の問題等があるのに諸外国に何兆円もばらまき、自分の仲間には不当に便宜を働き都合の悪い人間を排除する人間の完全独裁になるという事だ。

 安倍さんは非常に臆病で表面的に姑息な本来でない手段を弄する。今回の解散にしても森友、加計問題をうやむやにしてしまう為だがこんな天地の真理に反する事をしていればいずれ運は尽きる。しかし、不思議と何度となく倒閣の危機を迎えても今回の様に北朝鮮の脅威が丁度出て来て生き延びるのはおかしいのである。

 私はこれは安倍政権などというものより更に大きな人類全体の唯物論という間違った意識の終焉の時を迎えているのだと思う。その後に霊的自他一体の愛と思いやりの霊的文化が訪れると思う。
 それが神において動植物を含めて自他一体の自覚を持った人々による素晴らしい世界の到来となるだろう。これは現在、地球温暖化という人類中心主義と唯物論から来る地球全体の危機をきっかけとして人類全体の目覚めにつながって行く流れと丁度、連動していると思う。

堀 浩二
by koujihori | 2017-09-21 10:11 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)