<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

感謝(3) 

 何故、神に感謝するのかと言ったら、自分はナイからである。自分がしている事は自分ではなくて全て神が自分をしてなさる事であるからである。自分が針の先ほどもあれば、そこに感謝はナイ。何故なら成就出来た事でほんの少しでも自分の努力によりやれたという意識があれば、自分がこれだけやった、やってやったという事になり、神のお陰でということにはならないからである。

 自分が今までやって来た事でこれは自分がやった事だと思っているのは迷いである。自分はナイから自分がやった事など今まで一つもなく、これ全て、神が自分という表現の噴出口としておやりになられておられるのである。そこに自分の功績は一つもなく、全ての栄光は神に帰されるのである。そこにこそ神への満腔の感謝がある。

堀 浩二

Thanks

Ego do not exist, and which you do is done not by your ego but by God. That's why you thank God.
 If ego exist even if the amount is little, there is no thanks for God at there. Because you would reckon that some great work is done by your ego when you do the work by yourself. And you would reckon that the powor of your ego is so great,therefore you wouldn't thank God.

There is no thing which be done by your ego. All things which you have done were done by God through your ego. All grories return not to your ego but to God. At there, there is great thanks toward God.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-31 09:13 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

欠点

 生長の家では他の人に感謝せよと言われる。そして特に父母への感謝が大切であると教えられる。しかし、現実に隣人や同僚や家族に目を向けるとその人達に心から感謝するというのは至難の技である。特に生長の家をやって人間の本来のあるべき姿というものを学び、自らその様に生きようと努力している者に取っては、そうでない生き方、考え方をしている家族、隣人に感謝するのはとても困難である。何故なら自分の学んだ生長の家の真理で相手を審くからである。
 
 以前、ある生長の家の先生が仰っていたが生長の家の真理は切れ味抜群で、これで自分の親でも兄弟でも審くのである。 
 しかし、生長の家の根本真理は全ての人は今、そのままで神の子であるという事である。それは醜い現象の奥の姿が尊い神の生命であるからそれを拝みましょうという事であるが、今、欠点のあるままでそれが何もその人が心がけが悪いからではなく、その不完全な迷った姿、病んだ姿がそのまま悟りにつながる、即ちその人の内在の神の生命が出て来る過程の姿として拝むのである。

 人間は欠点や至らない所があるのは当たり前なのである。人間は人生学校に於いて、あらゆる能力を開発し、かつその人格向上を色々の経験と失敗とそこにタイミング良く来る神からの人生上の示唆の中からされていくものであるからである。
 
 従って、隣人に欠点や人格的に至らない所があるからと言って、その人間を否定してはならないし、神がその人をして、出て来る姿として拝まなくてはならないのである。

堀 浩二 

Fault

 Seicho-no-ie doctrine says that you should thank others, and that apreciation to your father and mother is very important especially.
But it is very difficult to thank others, for example your neighbors, your coleagues and your family, from the bottom of your mind, when you look at their daily behavior.
Especially, to whom learn ideal human model at Seicho-no-ie, and try to practice as the ideal model, it is very difficult to appreciate others who do not live like the ideal model,and do not think as the ideal model. Because you blame others with a doctrine of Seicho-no-ie

Several years ago, some Seicho-no-ie teacher said that the doctrine of Seicho-no-ie is very keen and that you blame others with a doctrine of Seicho-no-ie.
But the fundamental doctrine of Seicho-no-ie is that humankind is a son of God as it is. That means there is a life of God behind the superficial ugly phenomenon, and that you shold adore the life of God. But in the fundamental doctrine, there is aother meaning that the ugly superficial phenomenon of him is a process of appearing of his real life of God. Namely, you should appreciate his superficial sick phenomenon and his lost mind as a figure of appearing of life of God.

It is natural that humankind has several faults. Because humankind train them to polish their many kind of ability, and polish their personality in their life as school, the training and polishment are done by a lot of experiance of their failuress of their life and the timely message of God.

Therefore, you shold not deny others who have faults and you shold appreciate them as appearing figure of God.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-29 13:13 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

とらわれないということ 

我々はともすれば心に何かをつかみがちである。自分の財産とか名誉とか地位とか評判とか。欲望のある人間は物的な事、自分の利益とか欲望に引っ掛かるものである。それなら善人は何も引っ掛からないかというとそうではなく、善人は善に引っ掛かるのである。自分の仕事を完璧にやらなくてはならないとかあの人を何とか救わなくてはならないとかこの大事な事を何としても忘れない様にしなくてはならない、記録に残さなくてはならないとか等々。
 生長の家の教えは善にも引っ掛かるなというものである。全ての心のつかみを捨てて、自由になる事が肝要である。

 我々が成功する上で非常に大事なのは今に対して集中するという事である。しかし、我々が何かを心に引っ掛からせているとそれが例え善であっても、我々は心が自由でなく常にとらわれている状態で今に全面的に集中する事が出来ない。
 集中出来ないのは自分の心が何かを抱えて、引っ掛かっているからである。全ての心のつかみを捨てて、心を自由にすれば、今に対する集中力は上がり、判断力も記憶力も理解力も上がるのである。

 そして、一切の心のつかみを放した時、自ずと内側から神が働き、自由自在な判断と働きが出て来て、愛も完遂される。

堀 浩二

Not to be fettered

You have a tendency to grab something for example your property, your renown,your status, your reputation and so on, in your mind some times. Evil human is fettered with their own profit and material desire sometimes. But even righteous person is also fettered with something sometimes. That's a righteousness. Righteous person is often fettered with righteousness for example, doing their task perfectily, saving others throughly, remembering or recording some important thing and so on.

One of Seicho-no-ie doctrine is that you shoud not be fettered with anything even righteousness. It is very important to abondan your any grabing in your mind , be free from anything even righteousness.

To success in your life, you should consentrate on present. But if you are fettered with something even righteousness, you couldn't consentrate on present because your mind is not free.
If you could abondan your grabing in your mind and could make your mind be free, your consentration ability would be improved and your power of judgement and memory would grow up.

If you could abondan your grabing in your mind, God in your inside would work automatically. By the work of God, judgement and love would work apropriately and fully.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-25 09:56 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

感謝(2) 

生長の家をやっている人の中でたまに私はこれだけ行をしています、これだけ活動をしていますという事を自慢げに発表する人がいる。
 そして、それを聞いている人は「この人はすごいな、それに引き替え、自分は駄目だ。だから救われないのか。」なんて嘆息したりする。
 しかし、実は人間の力など所詮大したものではないのである。それどころか人間のやる事など罪だらけ、間違いだらけである。それを良くしようとかうまくやろうなんて考える事自体が間違っている。神の有り難い所はそうした人間の罪や間違いを全て消して下さる所である。

超人的なのが神の子ではない。自分だけが心掛けが良くて、うまく心の操縦も出来て、感謝も出来て、模範的な生長の家の生き方が出来るという人だけが救われるのだったら、救われる人なんてごく僅かである。
 本当の信仰は自分が偉くて、これだけ心掛けが良いから救われましたなんて事を鼻に掛けるようなものではないのである。人間はどんなにうまく生活出来なくても、感謝出来なくても今、そのままで救われるのである。何故なら、我(が)はナイのであり、ただ、ここに我が内に神が生きて、その神に我らは全面的に生かされているからである。そして、神の力により我らは生きて、能力も発揮出来て、感謝も出来る様になる。そこに真の感謝がある。その事に目覚めるのが本当の信仰である。

堀 浩二

Thanks

There is a few person who talk about his own doing Seicho-no-ie practice perfectly, and talk about doing Seicho-no-ie organized activity intensively with his boast.
And the other peson who hear his statements feel that he is great and that the other person is not great compared to him.
But the power of flesh of humanbeing is not great. Flesh of humanbeing ofen sin and he always make a mistake in his life.
Therefore, attempt to do everything rightly is wrong for flesh of humankind. But God erase a sin and a mistake of humankind. So we thank God so much.

If a person who can live rightly,can control his mind rightly and can thank others, would be only saved, there is few person who be saved.
True faiht is not to be proud of himself to be able to do his doing rightly, and to control his mind appropriately.
Humankind is saved by God right now even his flesh and his ego cann't live rightly or cann't thank others. Because his ego and flesh do not exist, because only God live right now here within ourselves, and because God give life to him. With God life and power , humankind can live and do a
task and thank others. By only realizing this truth, you could thank everything.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-24 10:20 | 信仰 | Trackback(2) | Comments(0)

 私は幼い時より生長の家を母より伝えられ、毎晩、就寝前に母と生長の家のお祈りをしたり、聖経「甘露の法雨」は子供の頃からお守りとして身につけ、又、母が仏壇の前で「甘露の法雨」を誦げる時は母の膝の上に頭を乗せて、それを聞いていたものである。
 そして、大学生の頃にこの生長の家の教えは素晴らしいものでこれこそが人類を救う教えであると確信したので、それを他の人に伝える為に生長の家の青年会に入って、組織的伝道活動を始めた。そして、日常生活でも自分の知人、友人に生長の家を勧めたりしていた。
 これらの行動は私の真理探究の切なる願いから出て来るものであった。私は何よりも真理を求めた。そして、その中から真理を他の人に伝える事こそ最も真理にかなった道であると確信したから、生長の家青年会にも入ったのである。私は真理を探究し、その通り生きる事こそが最高の生き方であると思った。従って、私は人間関係とか友人との付き合いというものを二の次に考える様になっていた。真理探究の為なら友人など無くしても一向に構わないと思っていたのだった。だから、私は自分の属する組織で道に叶わない事をしている人間がいるとそれを絶対に赦す事が出来ず、徹底的に攻撃してやめさせたりすることがたまにあった。
 それは真理とか道理こそが大事であって、極論すれば仲間とか人付き合いなどは真理追究の為なら犠牲にしても構わないという考えであった。むしろ、お互い馴れ合って、妥協し合っているのは単に群れているだけの軽蔑に値する行為だと思っていた。
 
 だから、友人でも自分の尺度でお構いなしに審くのである。それが当たり前で正しい事であると信じていた。それだから、私は今まで随分と色々な人と仲違いして来た。でも、私は正しいのは自分で自分と袂を分かった相手は間違っていて悪いやつだと思っていた。

 しかし、先日、私は生長の家相愛会のある研修会に出席した際、その資料の表紙に書かれた生長の家創始者、谷口雅春先生の御文章がふと目に止まったのである。そこには「誌友会(生長の家の信徒の集まり。生長の家の講師を招いて生長の家の話を聞いて、その感想を言い合ったりする会)に中々人が集まらないのは智恵のみが働いて愛が働いていないからだ。智恵は分ける働きで愛は結び合わせる働きだよ。」と書かれていたのである。
 私はあっと思った。私は今まで余りに真理探究、真理探究という事を考えて、智恵にのみ片寄り過ぎて愛を忘れていたのではなかったか?

 智恵があるのは良いがそれだけだと単に審く働きなのである。その審く心で他人の欠点を重箱の隅をつつく様に審くのである。しかし、そんな事をしていれば、ただ切り審くだけであり、自分も切られ、お互いバラバラになるだけであるのである。
 智恵の他に愛を働かせよ。愛は結び合わせる働きである。

堀 浩二

Love

I was given a faith of Seicho-no-ie by my mother in my childhood. When I was a child,I always carried holly sutra of Seicho-no-ie named"Kanro-no-houu"and prayed with my mother every night and heard my mother's reading "Kanro-no-houu" in front of a household Buddhist altar sometimes in my house.

As I intensively believed Seicho-no-ie was very wonderful and that only Seicho-no-ie could save humankind, I entered a youth circle of Seicho-no-ie and I begun Seicho-no-ie movement. And in my private life, I informed my friends and my ralative of Seicho-no-ie.

These activity was from desire of my pursuing truth. I primarily pursued truth. As I believed that preaching truth is the best way of pursuing truth, so I entered a youth circle of Seicho-no-ie.
As I believed that pusueing truth is the best way of life and that living exactly along truth is the most valuable way of life, I became a person who consider that relation with my friend is not important.
I had a notion that I may lose my friend to pursue truth. So I often blamed a person who do evil thing against truth in a circle of Seicho-no-ie, and drove the person out from a circle.

This conduct was from a notion that most important thing is truth or reason,and that you may sucrifice your relationship with your friends to pursue truth.
Besides, I thought that having cozy relationship and compromising each other are only gathering conduct. I despited a person who do such a conduct.

So I blamed even my friend with no care. I believed my conduct was normal and right. Therefore, I discorded with many aquaintance in the old days. But at that time, I thougt I was right and that my opponent was wrong and evil.

But a few days ago, I attended some seminar of Seicho-no-ie male circle. At that time I spotted one phrase on the resume of the seminar. The phrase was written by Masaharu Taniguchi a founder of Seicho-no-ie. The phrase said " If you cann't gather people to siyuukai( a kind of party of Seicho-no-ie), you are luck of love. Intellect is work of deviding,but love is work of jointing."

When I read this phrase, I was enlightened that I forget love as I was only pursueing truth intensively and fettered by intellect.

Intellect is important thing, but if you have only intellect, you only blame others. And with your mind of blame, you would blame other's defect throughly.
But if you continue to blame others, you would be also blamed and you became separately each other.

You shold love besides using intellect. Love is work of jointing.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-18 18:17 | 信仰 | Trackback(3) | Comments(4)

本当の成功とは

我々は現象的に何か問題、例えば病気とか家庭内不和とか子供の非行とか倒産とかそんな事が起こって、色々物質的、現象的に手を尽くしたが、どうにもならないなんて事になった時、初めて心が神に振り向き、信仰を求める様になる。
 そして、宗教の門を叩き、そこの先生から何某かの指導を受けて、その通りやると問題が解決したりして、ああ良かったという事になる。しかし、いくら健康になった所で肉体はいずれ滅びるのであり、財産もあの世に持って行く事は出来ない。即ち肉体や現象が良くなったからと言って、悦んでいる様な信仰は物を信じているのであって、神を信じているのではないとは生長の家の「久遠生命」の神示にも示されている通りである。要するにそんなものは本当の信仰ではないのである。
 本当の信仰というのは今、このままで肉体も現象も存在せず、本当に存在するのはその奥に存在している完全円満なる自己自身の生命と世界であるという事を悟る事である。
 私なども毎日、生活しておれば、色々な希望がある。能力をもっと上げたいとか仕事を成功させたいとか子供をいい大学に行かせたいとか英語検定のテストに合格したいとかテニスの試合に勝ちたいとか等々。
  しかし、これらの事は所詮、現象である。結果はどうでもよい。現象はナイからである。今、ここに既に完全円満の生命が生きているのであるから、我々はただ、その悦びで毎日、力一杯生きればいいのである。先行きを心配するな。自分の暮らしとか会社がどうなるかなんて気にするな。人からの評判なんかに引っ掛かるな。
 試合の結果も試験の結果もどうでも良く、唯、今に全力を尽くせば良い、その中に神は生きている。そうすれば、失敗を恐れる事は無い。そして、そうした生き方をする事が本当の成功である。従って我々は今、そのままで成功出来るのである。

What is true success?

When you have a grave illness which can not be cured by medicine or you suffer from inharmony which can not be solved easily in your house or you have a big and serious problem of your child, your mind would turn to religion.
Then you would visit the some riligious sect and you would be guided by the teacher of the sect. Thanks to the guidence, your problem would be solved.
But if you would become a healthy, your body must perish at last、And if you would become rich,you cann't bring your property to the next world. If you would be delightful only because your phisical condision become better by your faith, your faith is on a vase which consist of flesh and matterial. Such a faith is fake. As holly oracle of Seicho-no-ie suggests,If you remain at such a condition, you believe in not God but matterial.

True faith is to be enlightened of a truth that flesh ,matterial do not exist and a life of God which is perfect only exist and the life of God is your true life.
As for me,I have several desires for example, improvement up of several ability and success in bisiness and making my son go to high level university and passing the 1st level of English certificate examination and so on.
But these things are all only phenomenon. You don't have to mind consequence, because consequence is only phenomenon. and phenomenon is not real existence. As a perfect life of God is living in your inside now and here, you only live and do the best with a delight that God's perfect life exist in your inside.
Don't mind your living of future and your reputation and a result of a examination and a result of game of sports. It's OK for you only to do the best. If you live in such a way, God is living there. So your fear would be gone.
And to live such a way of life is true seccess.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-12 17:51 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(2)

映画「アイズ・ワイド・シャット」

この映画は新作ではないが公開当時(1999年)は結構、話題になった作品である。監督は「2001年宇宙の旅」「時計仕掛けのオレンジ」の故スタンリー・キューブリックである。また主演はトム・クルーズ、ニコール・キッドマンの二大スターで、彼らはこの時はまだ夫婦だったが、この作品の撮影中、不仲となったそうで、後に離婚している。

スタンリー・キューブリックという監督は「2001年宇宙の旅」などでもそうであったが、中々深遠なテーマをその作品に持たせる。そして、その意味する所が割合と難解であるという事でも有名である。

 ご他聞に漏れず、この映画もそうで、あらすじはニューヨークの開業医をしている若くてハンサムな夫とその美しい妻がある時、夫の友人の主催するパーティーに参加するが、そこでそれぞれ、行きずりの相手の性的誘惑に引っ掛かりそうになる。だが、双方、事なきを得るが、その後、自宅で彼らはお互い、パーティーの事で口論となり、夫は自分はお前(妻)を愛しているから絶対に浮気はしないし、お前も自分を愛してくれているから絶対に浮気をしないと信じていると言う。しかし、妻はその言葉を笑い飛ばし、自分はかつて行きずりのある男に強い性的衝動を受け、その相手の為なら夫も子供も捨ててもいいと一瞬、思った事があるという告白をするのである。その言葉に夫は衝撃を受けるが、その時、自分の患者の老人が死んだ事をその娘から電話で知らされる。それでとにもかくにもとりあえず、そのお悔やみに相手の家に出かけるのであるが、そこに行くとその場でその娘から愛の告白を受け、キスをされる。
 夫はその娘を何とかなだめて、その家を出るが、その帰り道にある娼婦に誘われる。頭が妻の事でむしゃくしゃしていた夫は娼婦に誘われるまま相手の部屋に行く。そして、これからという時に妻から携帯電話が掛かる。その電話で我に返った夫は、やはり止めておこうという事でそこを立ち去る。
 しかし、その後、以前、パーティで再開した旧友のつてである屋敷で開かれていた限られた人間しか参加出来ない仮面をつけたセレブリティーの集う秘密の乱交パーティーに潜入する。しかし、そこで正体がばれ、危うく命の危険が迫るが、ある娼婦に助けられ、何とかそこを切り抜けて、その屋敷を後にする。しかし、その窮地を救ってくれた娼婦がその後、死んだりして、自分に責任があるのではないかと悩むのである。

ここで描かれている事、テーマは色々あると思うが、一つには夫婦の絆というものは何かというものだろうと思う。この映画では一組の経済的にも地位的にも家庭的にも十分恵まれ、かつお互い美男美女という人もうらやむ理想的な夫婦が主人公になっているが、何故か心は空虚に満たされ、そして、お互い潜在意識では不倫願望があり、性的欲望に翻弄されているのである。私が思うに人間はうわべでは立派に世間体よく幸せそうに、かつ自分は浮気なんてしませんなんて清廉潔白ぶっていても、その実、その深層心理では性的欲望というものが渦巻いているのであり、それに翻弄され、かつまたそうした事による罪の意識とそれに対する神の処罰に対して、恐れおののいているものであるという事をこの映画は表現したいんだと思う。

性的欲望、衝動というのはこれは中々やっかいで、人間にはついて回るものであり、特に宗教的求道を目指す者に取ってはこれを如何に克服するかという事が昔から重大な問題になっていたのである。だから、ある人によれば、セックスの欲望を無理に抑えると却って駄目だから、一度思い切って解放したらいいという人もいるくらいである。

私だって男であるから正直そういうものはある。それなら、私は自分に正直になる為にその欲望を出鱈目に解放するのが自分に正直な生き方であろうか?
しかし、この考えは間違っているのである。そう考えるのはこれ全て、人間を肉体であり、物質であるという考え方から来ている概念である。
 人間は物質ではない。肉体ではない。完全円満なる神の生命である。この真理を知り、自己の自覚の次元を高めれば、今このままで性欲あるままでそれを解脱する事が出来るのである。 そうなれば無理にそれを抑える必要も無い。セックスを罪悪視して忌み嫌う必要も無い。また逆にそれを無理に解放して、それが如何に馬鹿らしいかを学ぶ為に女遊びしまくるなんて事をする必要も無い。そのままで自由にしていながら、自ずと性欲は整い、本来の相手即ち夫婦間での人時処を得たものとなるのである。

堀 浩二

The movie「Eyes Wide Shut」

 This movie was road-showed in 1999. At that time, it became a subject among funs of movie. The director of this movie is Stanley Kubrick who directed "A Space Odyssey","A Clockwork Orange". Main casts of this movie are Tom Cruise and Nicole Kidman. When this movie was produced, they were parents. But there is a rumor that their relationship became worse at that time. After this movie was produced, they devorced.

 The theme of Stanley Kubrick movie is always so profound like the movie"A Space Odyssey". And it is difficult to understand the meaning of the theme of his movie.

 Like his other movies, this movie has a difficult theme to understand. This movie's reading charactor is some young male surgeon. His name is Bill. He is a handsome guy, and his wife is a beautiful woman. Her name is Alice.

At one night, they take part in some party which is held by a friend of Bill. At that party, they are about to make love with somebody separately. But they don't.

After that, at their house they begin to argue about the affair of each one at the party which they are invited to. At the argument Bill says that he never make love with other women besides Alice because he loves her and Alice also never make love with othr men besides Bill. But Alice laughs so loudly to hear Bill's statements. And she confesses that she felt some urge sexiality with some stranger guy at once. And she says that she thought she could abondon Bill and their child for the purpose of acomplishing the urge at that time.

To hear that, Bill feels shock, but at that time someone calls him. By the call, he is informed of the death of the old male patient which he has been diagnosing. The call is from the daughter of the patiant.
So Bill goes to the house of the patient to say condolence to the daughter. But, as Bill talks to the daughter, she confesses that she loves Bill and she kisses him. Bill is upset by the daughter's statements and acts. But he calms her down,after that he lelt the patient's house.

On the way of coming home, Bill is spoken to by some prostitute, and she invites him to her room. As he is so anxious about his wife's statements at that time, he goes to the prostitute's room. When they begin to make love, his cellular phone calls him. The call is from his wife. By the call, he reconsiders and quits to make love with the prostitute. And he left the room.

But after that, Bill goes to some pub and meets his old friend. And Bill gets some information of some secret party from his friend. After that Bill penitrates the secret party which is organized by some syndicate. The party is sex party. All the participants of the party are celebrities. And all of them wear a mask. The party is top secret one. All participants are selected members. Anyone cann't take part in the party. Bill is an outsider. If the fact that Bill takes part in the party is revealed, the situaition around Bill would become dangerous.

But in the middle of the party, his identity is revealed by the organizer of the party in front of all the members who take part in the party. Bill is threatened to strip himself by the organizer. The danger of his life is coming. But at that time some prostitute saves his life. She declares that she becomes a scapegoat indtead of him. After that, Bill is released and returns to his home.

But in the next day, the prostitute who save his life dies. To know that, Bill suffers from a pang of guilt. Because he thinks that the prostitute may be killed instead of him.

 I think that this movie has a several themes. But the main theme is the bond between parents, I suppose. The lead of this movie is rich and handsome, and his status is high level. And his wife is so beautiful. Everybody would envies him. But the inner mind of this parents is empty. And each of them has a desire of adultery in the bottom of their minds. They are fettered by the desire of sex.

I imagin that the director is going to say that the human being has a enormous desire of sex in the bottom of his mind as though he pretend to be innocent and he is fettered by the desire of sex,and he suffers from guilt of the sin of sex besides.
 
 The desire of sex is so troublesome, and it stick to the body of humanbeings. Especially to truth seekers, the conquest of this desire is very important exercise from the old days. So someone says that you should reliese the desire of sex freely because your desire of sex would become a complex if you forbid your desire of sex intensively.

 As for me, I also have a desire of sex because I am a healthy male. But, is it honest way of life to reliese my desire of sex freely?
But such a notion is wrong.that is from the idea that human-being is only material. Human-being is not mere flesh. Human-kind is not only material. Human is perfect life of God. If you realize this truth, and raise the demention of your notion, you can transcend the desire of sex as it is.

If you become such a state, you do not have to deny the desire of sex, on the contrary you do not have to reliese the desire too much freely to study the vacancy of the desire on pourpose. As it is, your desire of sex must be arranged appropriately and automatically.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-10 00:04 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとうございます。 

皆様、新年明けましておめでとうございます。旧年中は当ブログをご愛顧下さり、また貴重で暖かいコメントも下さり、誠に有り難う御座いました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 また、当ブログは開設以来、初めてリニューアル致しました。ちょっと季節に合わせたつもりです。また、今回以降、全世界に向けて従来の日本語の他、その英語訳も載せて行く事としました。

堀 浩二

A HAPPY NEW YEAR!!

 A Happy new year!! Thank you for reading my blog last year, and I appreciate your valuable and warm comments to my state-ments so much.
I wish you great luck this year.

By the way, my blog is renewed for the first time since the biginning. I tried to express an atmosphere of winter by the design.
And English version starts besides Japanese version to all over the world from this time.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-04 23:09 | Trackback(1) | Comments(2)