<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 生長の家では罪はナイと教えている。人間は罪があると思うから罪を犯すのである。そして、人類が人類に罪アリと固く信じ、そしてその自己の信念通り自ら罪を犯し、そして、その罪人たる自分自身を自己処罰するのである。それが人生上に起こるあらゆる不幸、病気、災難、戦争等の原因である。
 生長の家では罪はナイと教えられるから、その罪の自己処罰の結果である病気等の色々の不幸が消えるのである。

 人間は道徳的に人間の本来の姿を勉強すると、人間たるものかくあるべし、かく生きるべしという規範が出来る。しかし、人間というものはこういう事は罪だ、悪だと思えば思うほど却って、それが誘惑になって、その事を犯してみたくなるのである。それはこれは良くない事だと余りに心に印象させる為に心に罪を描き、心に描いたものはどうしても形に現れるという心の法則があるからそれでどうしてもその事を犯してしまうのである。
 従って、いくら罪を犯すまいとしても罪を心に描けば、罪は出て来る。そして、その罪を犯した後、自分で自分に嫌気がさし、自己嫌悪に陥り、ああ、自分は駄目なものだ、真理を実行出来ない生長の家落第生だなんて嘆息するのである。しかし、その事でまた、罪ある自分を心に印象する事になるから、またいつかむずむずとその良くない事をどうしてもしたくなってまたしてしまうのである。それを業の法則と言うのである。

 罪を犯すのは自分が真理を実行出来ない駄目な者であるからではない。自分の心の自覚がまだ幼くて罪というものがこの世にアルのだという思い違いをしていた頃に罪を心に描き、心に描いたものは自ずと実現するという心の法則があるからそれが出て来ただけの事である。従って、自分の行動に罪が出たら、その自分の過去の迷いが消える姿と思って、感謝して悦んだらいいのである。そうしたら、もう二度と同様の罪は犯さなくなる。
 自己の内から自ずと悟りが出て、この世に神は罪や悪を本来一つもお造りになっていないという事に目覚めれば、罪はナイと分かるが故に罪を心に描かなくなり、自ずと罪を犯さない様になるのである。だから、罪は放っておけば良いのである。
 
堀 浩二

Sin

Seicho-no-ie doctrine teachs that there is no sin in this world. If you imagine that there is a sin in this world, you would become to commit a sin. And you would panish yourself, the punishment by yourself is a only cause of all misfortune, for example, disease, waging war and disaster.
As you are taught that there is no sin; at Seicho-no-ie,all your misfortune would disappear.

If you study that human should do a right thing, you are going to make yourself obey the right thing. But, if you think some conduct is evil, you would become to want to do the thing paradoxically, Because you would become to be attracted by that.
If you imagine something in your mind , that thing is going to appear.That's why you become to want to do what you think evil.

Therefore you become to commit the sin nontheless you are going to profibit yourself from commiting the sin. And after commiting the sin, you regret too much and you dislike yourself and you sigh deeply with a thought that you are not valuable person as a believer of Seicho-no-ie.
But, by such a too much regret, you become to commit the sin again some day. Because you imagine your evil image in your mind by excessive regreting your sin. As you image your sin in your mind, you will become to want to do the same thing some day. This is a law of karma.

Your commiting a sin doesn't come from that you are lazy for effort of doing a life style of Seicho-no-ie. As your consciousness is infant, you imagine that evil exist. So you imagine some evil thing in your mind. That's why you commit a sin. Because what you imagine in your mind appear some day.
Therefore, when you commit a sin, you may joy with a reason that your inside misunderstanding that sin exist dissapear by appearing of it. So you won't commit a same sin again.

If you realize that evil thiing and evil person do not exist by appearing of your truth of life automatically, you become not to imagine any evil in your mind. So you became not to commit any sin automatically.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-27 09:07 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(0)

悪に刃向かうな

 組織にはいわゆるマベリックとコウディレクターという二種類の人間が居るという。マベリックとは自分勝手な行動で組織全体に悪い影響を及ぼす者の事を言い、コウディレクターとは組織全体の事を考えて、行動し、組織に良い影響を及ぼす者の事を言う。
 マベリックとは別名腐った林檎とも言われ、腐った林檎を一つでも林檎箱の中に入れておくと徐々に周りの林檎も腐って行くのであり、それと同じ様に組織に対し、良からぬ思いを抱き、かつ周りに影響力を持つ人間が居る事で周りの人間がその人間のマインドコントロールを受けて、その悪い影響が拡がって行くのである。
 それはまた癌細胞にも似ている。癌細胞は体全体という組織に生じ、肉体全体の事を考えず、無制限に身勝手に自己増殖を続けて、そして自分が巣くっているその人の肉体全体を終いには滅ぼしてしまう。しかし、その事でその癌細胞自体も滅びてしまうのである。それは正に中心帰一を忘れた者の末路である。

 私は色々の組織に属して来て、そうした事態を何回も目撃して来た。そうした時、吾らはどうしたら良いのだろうか?
 この者は組織全体の為にならないから排除しようと強制力を持って、排除するのが正しいのだろうか?
 生長の家の教えで「悪に刃向かうな。」というのがある。目の前に展開している悪を実在するものと考え、それを除去しようとすれば、それは悪の存在を認めている事になるから、除去しようとすればするほど、事態は収拾がつかなくなり、どうにもならなくなるのである。
 悪に刃向かわない事である。放っておく事である。悪は実在ではない。吾らの心の影に過ぎない。つかまないで放っておけばその内、消える。しかし、それは今、目の前の事に対して何もしないという事ではない。悪はナイ、悪人はイナイと心で認め、かつ、自由自在に状況に応じ、時に応じ、人に応じ、自由に内側からのインスピレーションに従って、言うべき事を言い、やるべき事をしたらよいのである。
 キリストは全ての人を神の子として愛していたが、神殿で鳩を売る輩に対しては鞭を持って、それを叩きだしたと伝えられている。

堀 浩二


Don't struggle against a evil

It is said that there is a two kind people in organization. The one is a person who don't think a benifit of whole organization which he belong to; and do egoistic action and has a bad influence to other people, The another is a person who think a benifit of a organization which he belong to; and dedicate himself for a organization; and has good influence to other people.

The former is called as rotted apple. If you put a rotted apple in a box which is filled with a dozen of apples, several other apples also become rotted. As this example, if there is a person who has a anti thinking to a organization which he belong to; and has some power of influence to other people in a organization, other people would be controled by the person and a bad influence would spread in a organization.

A rotted apple is similar to a cell of cancer. Cell of cancer is born at a body. Cell of cancer do not think about a whole body, and it proliferate egoistically and infinitively;and destroy a whole body; and also die for itself. It is the end of a person which forget to return to a centor of a whole organization.

I had been watcing such a story a several times. If you encounter such a situation, what action should you do? Is it right that you get rid of such a evil person because such a person has a bad influence to others?
Seicho-no-ie doctrine teachs that do not struggle against a evil. If you try to get rid of a evil in front of you with some idea that the evil exist, you could not get rid of the evil; and the situation would be stucked. Because you think that the evil exist. As what you imagine as existence appear into a phenomenon, a evil which you imagine as a true existence never disappear nontheless you try to get rid of that hard.
You should not struggle against a evil and should have that to be as it is. Evil do not exist. That is only a reflection of your mind. If you do not grasp that with your mind, that would dissapear automatically and graduatelly.
But it does not mean that you should do nothing in front of a evil phenomenon. You should not only admit that there is no evil and no evil person in this world, but also act a right thing in accordance with a situation with your inspiration.

Jesus Christ drove away some marchant who sell doves at a shrine with a whip.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-22 13:40 | 信仰 | Trackback | Comments(5)

集中力

 私は英会話をやっている。もうかれこれ始めてから14年になる。英語に関しては大学受験の時に相当勉強して単語なども覚えたが、ご存知の様に日本の学校で習う英語は文法とか読解が中心で英会話が無く、(現在は高校でも英会話の授業がある様だが)散々、勉強しても実際には殆ど使い物にならなかった。
 しかし、33歳の時にあることがきっかけで一念発起し、英会話の勉強をし始めた。最初は英会話のテープだけ聴いていたが35歳位の時から英会話学校に通い出した。それから、今から2年半前から英検一級受験クラスにも通う様になった。
 この英検に向けて勉強し始めたのはとてもよいきっかけだったと思う。何故ならばそれまでの私は一応、週一回位のペースで英会話学校に通っていたが、何か十年一日という感じで進歩が無かったのである。何故なら背水の陣を敷いていなかったからである。語学というのは語学に限らず、何でもそうだと思うがそれを出来なければ死んでしまうという状況に追い込まれなければ本当に進歩しないものである。だから、十年間ただ、英会話学校に通った人と一年間、アメリカに行って、周りが全てアメリカ人ばかりという状況に居た人とでは当然、後者の方が桁違いに英語の力は上がる。

 それはともかく、私は英検一級受験クラスに入って、勉強の目標を持ち、実際そのテストを何回も受ける内に自分の現在の実力というものがどれほどのものかという事が如実に分かる様になり、それにどんな問題があるのかそれをクリアーするのにはどんな事をしなくてはならないかという事が切実な問題として自分に突きつけられた。
 その中で私が自分の英語力で一番、問題と思うのはヒアリング力(英語を聴き取る能力)の乏しさという事であった。英検のテストを受けてもこのヒアリングが一番出来ないのである。英会話学校の先生が日本人に向けて、ゆっくり話してくれる英語は何とか分かるがAFN(アメリカ軍の放送)やCNNなどの生のアメリカ人やイギリス人の喋っている英語は余りに早く、また発音も聴き取りにくく、殆ど分からなかった。
 それで殆どあきらめかけていたが、ある時、自分は出来ないと思うから出来ないのだと気が付いてから、自分は出来るのだ、分かるのだと思って毎日、AFNやCNNの放送も積極的に聴く練習を始めた。その中で気が付いた事は集中力が大事であるという事である。私はせっかちで何でも人より早く片付けてしまおうという気持ちが強く、今、目の前の事にじっくりと心を込めたり、味わったりする事が無かったのである。食事も人より早く食べるのが偉いと思って、それが習慣になっていた。
 私はそれがヒアリング力の乏しさの原因だと思った。即ち、目の前の事に集中していないから、相手の言っている事を聞き逃してしまうのである。生長の家の聖典、「生命の実相」第七巻生活編に書いてあるが、今に集中すれば、今に対する判断力は上がり、能力が発揮出来るとある。私はせっかちで自分がこの仕事をやらなくてはならないと力んでいたので、今、目の前の事にじっくりと味わうという心の余裕が無かったのだった。
 今に集中してじっくりと今、目の前の事を味わい、心を込める事が大事である。そうしていれば、自ずとその事を憶えているから記憶力も上がり、判断力も上がり、能力が自ずと発揮出来るのである。

 私はその事に気が付いてから、AFNの放送でアナウンサー同士で話しているかなり早い英語も大部理解出来る様になった。その人のしゃべっている英語を一字一句集中して聴けば、自ずと会話全体の意味している事が理解出来る様になって来るのである。
 この集中する事の素晴らしさは英会話に限らないのである。我々は先ず、自分の内在の無限力を自覚し、それを実際の生活で発揮するのには今、目の前の事をじっくり味わい、心を込める事が大事である。そうすれば自ずと内在の無限力を発揮する事が出来るのである。

堀 浩二


Concentration

I am studying English conversation for fourteen years.I studied English very hard when I took a entrance examination of University; for example memorizing English words. But my English ability was almost useless. Because you can study only composition and reading in studying English at junior high school and high school in Japan.

But, I began to study English conversation when I was 33 years old; due to some reason. At beginning, I only listened a tape of English conversation. But two years later, I began to go to English conversation school. And I began to go to a class for passing a examination of 1st grade of English ability two and half years before.

It was very good chance to me that I began to go to a class for passing a examination of 1st grade of English ability. Because I couldn't step forward at English ability before going to the class. At that time, I didn't burn my behind the blidge.
If you want to progress at something, you must stay yourself at a situation in which you must die unless you could do that.
The former who correspond a English conversation class in Japan for ten years, the later who stay himself among only American in USA for only one year. The later must progress in English conversation further more than the former.

Any way, I became to see the level and the faults of my English ability and became to realize how to conquer my faults as I began to correspond a class for passing a examination of 1st grade of English ability and as I took a examination several times.

Through these experiences, I found that my hearing ability is my most disable item of my English ability. When I took a examination of 1st grade of English ability, most disable item was hearing.
I could see what a teacher of English convesation school said slowly, but I couldn't see what a announcer of AFN(American Forces Network) and CNN said quickly. Because the talking was so quick and pronounciaition was so difficult to me.

So I gave up almost to see these talking which is so quick and so difficult to hear in pronounciaiton. But some day I realized that if you would think you could do that, you would beccome to able to do that. So I began to do hearing practice of AFN and CNN with confidence. Through my effort, I realized that most important thing is a concentration.
I used to try to do too quickly in anything more than others from my childhood. So I used to forget to concentrate on a now subject in front of me, and forget to do a task from my heart .
That's why I was disable in hearing quick English. As I didn't consentrate on each word a person said, I couldn't catch what a person said.
In the seventh volume of a holly book of Seicho-no-ie ,named "The truth of life", there is valueable chapter. It says that you must consentrate on now subject in front of you, so your ability of decition become execellent.
First of all, you must realize that there is a infinite power in your inside, after that, to exercise your infinite ability, you must concentrate on now subject in front of you and do your task from your heart. So your memorization and sense must became super. And you can exercise your ability in anything.

After I realized the importance of concentration. I became to be able to see the quick talking of a anouncer of AFN compaired to me of past.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-21 09:36 | 潜在能力 | Trackback(4) | Comments(0)

どうして生長の家総裁・副総裁に中心帰一するのか

 今回は生長の家の信徒の人を対象とした文章になるのでそうでない人はちょっとご勘弁下さい。
 生長の家では中心帰一が大事という事が盛んに説かれる。中心帰一というのは大宇宙から極微の原子に至るまでものごとには中心というものがあり、太陽系の中心は太陽であり、原子の中心は原子核という中心がある。これが神の御心であり、根本設計であり、組織に属する者はその中心者の御心に帰一する事が大事であると説いている。
 だから、生長の家の信徒の人は当然、生長の家の組織と運動の中心である生長の家総裁・副総裁に中心帰一する事が大事である。しかし、時々そうでない人もいる様である。それで影で先生の批判をしたり、現在の生長の家の運動をくさしたりするのである。それで中には生長の家は神様に中心帰一すればいいと暗に現生長の家総裁・副総裁に中心帰一する事を否定する様なベテラン講師もいる。
 でもこれらの考え方は間違いである。天皇が我らの神性の自覚の映しである様に生長の家総裁・副総裁は我ら生長の家信徒の生長の家の信仰の自覚の映しである。

 神の国は既に我らの中にある。従って全ての真理は既に我らの中にあるのである。それが真理である。しかし、だからと言って、生長の家総裁・副総裁の言う事など耳を傾ける必要は無いという事では無いのである。
 我々の素晴らしさ、無限力は我々の中に既にある。そして、それは自分で出て来るのである。そして、その自分で出て来る過程において、自分の中からインスピレーションによって導かれる事もあれば、師によって導かれる事もある。私もテニスとか英会話とか真剣にやる中で私の中の才能と力が努力とか経験という過程を通して、自分で出て来るのであるが、それが大抵は自分の中からのインスピレーション的に出て来る事が多いが外からの働きかけとか先生の教えで導かれる事もしばしばある。それは自他一体であるからである。
 それは私が自分の外に真理を求めたのではなくて、自分の中に既にある宇宙の真理が自分と自他一体の師やその他の人々を通して、顕現したのである。それが師の教えである。そこに師への満腔の感謝がある。
 だから、生長の家の真理を学び、運動を進める上で生長の家の総裁・副総裁に中心帰一するとは自分の中の生長の家の神を信じ、中心帰一し、ひたすらその様に行動する事を念願する事なのである。

堀 浩二

Why do you return to the teaching of the president and vice-president of Seicho-no-ie?

This time , as my statement is for members of Seicho-no-ie, So I'd rike to apologize to other peole besides members of Seicho-no-ie.

At Seicho-no-ie, returning to the teaching of a president and vice-president of Seicho-no-ie is taught as a very important thing.
There is a center in anything. For example, there is a sun as a center; in the solar system, and there is a atomic nucleus as a center;in atom. This is a funfamental design of God. So it is very important that you return to a reader of the organization which you belong to.

So if you are a member of Seicho-no-ie, it is very important for you to return to president and vice-president of Seicho-no-ie. But some Seicho-no-ie members do not do that. They critisize a president and vice-president of Seicho-no-ie and blame now movement of Seicho-no-ie behind the scenes.
Some veteran lecturer says that it is OK for you to return to only God. It means that you may not return to a president and vice-president of Seicho-no-ie.
But these idea is not right. As the Emperor is your refrection of your recognization of your a nature of God, a president and vice-president of Seicho-no-ie are your reflection of your faith of Seicho-no-ie.

There is a country of God in your inside. Therefore all truth is in your inside. But it is a misunderstanding that you may not listen to the statement of a president and vice-president of Seicho-no-ie.
There is a wonderfulness and infinit power of God in your inside. And these wonderfulness appear automatically. At the process of appearing, the appearing is lead by your own inspiration usually, but sometimes your appearing of your wonderfulness of God in your inside; is lead by your teacher and some advice of your friend.
As your inside life and every other people's life are identitical at the life of God, through your teacher and your friends, your infinit power of God grow and appear automatically. There is a great thanks to your teacher at the situaiton.

So it is the same thing as believing in God of Seicho-no-ie and wanting to act in accordance with God of Seicho-no-ie; that you return to a president and vice-president of Seicho-no-ie.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-19 10:45 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(5)

 私はテニスをやっている。素振り練習は毎朝やっており、テニスには真剣に取り組んでいるのである。
 ラケットを始めて握ったのは今から26年前であったが、その後、社会に出たりして色々と忙しくなって来たので殆どテニスはやっていなかった。しかし、十年位前から本格的にやり出した。
 その後、息子の通っていた小学校のPTAのお父さん達で結成した野球チームの会長になってしまったので野球とテニスを両方情熱を掛けてやっていた時期もあるが、二兎を追う者は一兎をも得ずと悟り、テニスだけに絞ったのだった。
 ものごとは本当にそこから大事な事を学ぶ為には一つの事に絞って、その事を真剣に徹底的にやる必要がある。私はテニスを真剣にやった事で人生上の多くの学びをする事が出来た。

 テニスに限らずスポーツや武道というのは型とかフォームがある。上手い人、名人というのは端で見ていてフォームがとても美しい。ボールを打ったり、相手に打撃を与えたりするのにその力を効果的に発揮するには正しい、効果的なフォームである事が大事である。私は子供の時から卓球に親しんで来たお陰でテニスのフォアハンドとバックハンドはテニスを始めて割合早い段階でものになったがサービスが中々ままならなくて苦労した。それで色々本を読んだり、上手い人に習ったりして、近頃になってようやく効果的なフォームが身に付いて来て、ダブルフォルト(ファーストサーブとセカンドサーブと両方失敗する事。これで一失点となる。)も大部少なくなり、サーブのスピードも上がって来た。

 ところでその型であるが、それは大事であるが、それが外側から自分にくっつけたものだと駄目なのである。
 例えばフォアハンドストロークでは肩を回すとか膝を曲げるなどの大事な型、ポイントがある。その他、サービスではフォアハンドストロークより遙かに多くの大事なポイントがあって、肘を使うとか手首をひねるとか膝を曲げるとかその他実に多くのコツというか型がある。それを身につけて行くには根気よく毎日、素振りなどの反復練習が必要である。
 しかし、それだけでは試合に勝つ事は出来ない。先に申し上げた様にその一つ一つの型とかフォームを自分に外側からくっつけて行くという考えでは駄目なのである。練習では教わった通りのフォーム、型を意識して何度も反復練習する事が大事だが、いざ試合になれば、それを全て忘れる事が大事である。つまり、自分の中にある本能と言うか、フィーリングに従って自由にプレイする事が大事なのである。試合中なのにフォアハンドはこうやって打つのだなんて教わったフォームを一々頭で思い出して、その通りに自分の体を動かして打つなんて事をしていたらとてもではないが臨機応変な動きは出来はしない。そんな事をしないで自分の内側からの本能というか自然な動きの通りに打つのである。そうしてこそ相手の打ってくる球に応じた自由な動き、判断が出来て、試合に勝つ事が出来る。

 本当の技は既に自分の中にあるのである。教わった型を反復練習して行く中で自分の中に既にある自分の技が自ずと出て来るのである。
 私が以前習っていた習字の先生も同じ事を仰っていた。習字も様々なやり方があり、それを先生に習って身につけて行くのだが、その中から段々と自分本来のやり方を出して行きなさいと指導された。生長の家創始者の谷口雅春先生も書道の達人でおられて、やはり書道は型から入って、その中から自分ならではの自由な技を出して行くのだと仰っておられた。

 生長の家の講師の方も読者の中におられると思うので申し上げるが講話も全くそれと同じである。私は昔、生長の家の講話をするのに一所懸命、テキストを勉強して、原稿を完璧に作り上げ、それを一字一句間違いなく暗記して、講話に臨んだが、それだとある瞬間、記憶が飛んだりすると頭が真っ白になってしまって、どうにもならなくなった事があった。
 私はその反省から講話の内容は既に自分の中にあると悟り、今では講話に臨む時はテキストに適当に目を通し、自分なりの簡単な原稿をまとめ、いざ講話が始まるとその原稿さえも捨ててしまう。そして、自己の内側のインスピレーションに従って自由に話すのである。そうすると自分でもびっくりするような立派な事を言っている事がよくある。
 それは何も私だけではなくて生長の家講師の人なら誰でも出来るはずである。真理の講話はテキストとか原稿という自分の外にあるのではなく既に今、自分の中にあるのである。自分の外に頼らないで全面的に自分の中の真理に全託して、講話をすれば自ずと素晴らしい講話が出来るのである。

堀 浩二


Form

I play tennis. I practice swing of tennis every morning. I tackle tennis seriously.
I began tennis 26 years ago. After that, as I became busy;for example taking a job, I had been hardly playing tennis. But I began to play tennis about ten years ago again seriously.

After that, as I asked to become a reader of baseball team which consists of fathers of PTA of my son's elementary school when my son was a student of elementary school,I also began to play baseball hard besides tennis.
But I became to play only tennis seriously as I realized that you would lose both items if you pursue two items at the same time.
If you want to master something deeply,you have to consentrate on only one thing.
I was able to study a lot of things from tennis.

There is forms in any sports and any martial arts besides tennis. The form of good performer of any sports and any martial arts is so beautiful. It is important that form of sports is right. If your form is right and efficient, you can hit a ball or your opponent efficiently when you play a sport or martial arts.
As I had been playing table tennis from my childhood, I became to be good at forehand stroke and backhand stroke of tennis. But service was so difficult to me. So I read a book of tennis lesson and I ask a lesson to good performer of tennis, thanks to these lesson, my service became more speedy compared to my past service and became less in double fault.

By the way, as for form of sports and martial arts, it is very important. But if the form would be attouched to you from outside, the form is not true , fake, not effective.
For example, forehand stroke of tennis has some form and method which are vending knee and turning shoulder, and as for service of tennis; it has more number of methods or of form than forehandstroke; that you must use your elbow and that you have to vend your knee ans so on. You have to practice for example swing practice everyday to master these technique.
But you cann't win the game if you only do these practice. As what I said before, if you think that form is attached to you from outside, you cann't play good performance.
You must practice repeatedly to memorize a form to your body and to your under consciousness,but when you play a game, you must not think form and play tennis instinctively and follow your natural feeling. If you would think a method of forehandstroke, for example, turning your shoulder and so on when you play a game, you couldn't cope with a ball from your opponent and couldn't play appropriately according to the situation of the game.
If you do not think form but follow your instinct, inspiration,you are able to win the game.
There is true tecnique in your inside already. If you practice to master form repeatedly every day, the true tecnique must appear automatically from your inside.

The teacher who teach me a calligraphy said same story.

If you are a lecturer of Seicho-no-ie. you have a chance to deliver a lecture of Seicho-no-ie. As for delivering a lecture of Seicho-no-ie, it is a same story.
When I deliver a lecture of Seicho-no-ie, I read a text book of Seicho-no-ie and write a script for preparation in advance, after that I deliver a lecture,but at that time I throw away even the script which I wrote, and I preach in accodance with my inspiration.
The true lecture does not exist outside of us, for example, text book and a script but exist inside of us already. When you deliver a lecture of Seicho-no-ie, you must not depend on outside of you,like a textbook and a script, you must depend on only your inside.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-13 10:40 | 潜在能力 | Trackback | Comments(2)

魂の半身

 私は昭和63年10月9日に現在の妻と結婚した。今年で結婚19年目になる。
 妻とは生長の家青年会で知り合った。私は妻と付き合い始めた時は妻を自分より一学年上だと思っていて、しかも4月生まれだと聞いていたから3月生まれの自分より2歳年上だと思っていた。しかし、それが間違った情報で妻は私と同学年であった事を後から知ったのだった。
 私が何故、妻に付き合ってくれと言ったかと言えば、それは当然、結婚を視野に入れていたからである。何故ならば、私はその時、28歳で先に申し上げた様に妻を2歳上の30歳だと思っていたから、今から20年前では30歳の女性に男女の付き合いを申し込むからにはいい加減な気持ちでは出来なかったのである。

 私は何故、ここまで考えたかと言うと、それは私の直感というかインスピレーションに従ったからである。私の直感は「この子と一緒になれば一生最高に楽しい生活だろうな。」というものであった。今ではその直感が全く正しいものであった事を実感する日々である。
 私は妻と付き合う中で妻の人となりをより知るにつけ、「結婚相手はこの子しか居ない。」との確信を決定的にし、正式に妻に結婚を申し込んだ。妻は二つ返事で承諾してくれた。

 生長の家では結婚は元々一つの魂が地上に生まれる時、男と女の半身に分かれ、その半身同士が最高の愛をこの世に実現させる為に再び地上で巡り会って、結ばれる事であると教えている。
 私は妻が自分の正真正銘の半身であるという実感を結婚、19年目にしていよいよ深めているのである。私は妻と居る時が一番、安らぎを感じるし、自分自身に戻れる。妻には自分の一番駄目な部分、欠点も全て受け入れ、赦してもらえる安心感がある。本当に心の底から妻を「ああ、自分の魂の半身だなあ。」と実感するのである。

 世の中には不倫や浮気をしたり、ちょっとした事で別れてしまう夫婦も居るが、結婚というものが一つの魂の半身同士が巡り会ってするものであるという真理を知っていれば、そう軽々な事は出来ないはずである。
 また、ちょっと複雑な話になるが生長の家の人で結婚はしたもののそれが本当の自分の魂の半身であったのかどうかなんて事を疑って悩んでいる人もいる様である。しかし、そんな悩みは全くの不要である。何故ならば自分の魂の半身というのは誰かと言えば、それは自分が結婚した相手であるからである。それが何故、そう思えないかと言えば、自分が生きているのは我(が)が生きていると思っているからである。我(が)だからもしかしたら結婚相手を間違ってしまったなんて事もあるかも知れないと思っているから疑問が出て来るのである。
 我々が生きているのは我(が)が生きているのではなくて神に内側から生かされて生きているのである。従ってどういう経緯で結婚しようが自分が結婚した相手は間違いなく自分の魂の半身である。それがそう思えないのは自分の眼が曇って迷っているだけである。

堀 浩二

Real marriage pertner

I married my wife in Oct. 9th 1988. This year is 19th aniversary of our wedding.
We knew each other at youth circle of Seicho-no-ie. I was heard of that my wife was more one year old grade of school than me and that her birthday was April. As my birthday is March, I reckoned that she was two years older than me when I asked her to date with me. But,after that, I was informed of that she was equal grade of school by her.

I had a intention to marry her when I asked her to date with me. Because I couldn't ask to date her without serious will as I reckoned that my wife was 30 years old. At that time; 20 years ago, you couldnn't ask a woman who is more than 30 years old without serious will.

I followed my inspiration that I could live with great pleasure everyday in case I would live with her. That's why I asked her to date with me. Nowaday I realize that my inspiration was right.
As I dated with her, my intention to marry her became more strong. So I proposed her to marry me. She accept my proposal soon.

Seicho-no-ie teachs that one soul devide to two bodies which are man and woman when the soul be given birth and that these two bodies meet to love each other deeply on earth and that the conduct is the purpose of marriage.

These days, I became to convince that my wife is my true marriage pertner throughly. I feel most stable and I can become myself when I am with my wife, and my wife receive my everything even my faults and she permits my everything.

Some people often commit adultery and they divorce easily, but if they realize the true purpose of marriage, they won't do such a conduct.
And this is a little compricated story, some people who have a faith of Seicho-no-ie doubt that their now marriage pertner might not to be their real marriage pertner and they become blue. But you don't have to be in blue. Because your real marriage pertner is whom you married. If you think that you live by your ego, you may err to choose your marriage pertner. That's why you doubt that your marriage pertner is not real marriage pertner.
But you don't live by your ego. You live by a life of God inside you. So your now marriage pertner is real your marriage pertner , if you married in any way.
If your vision is not clear by lost, you cann't see the real thing.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-08 13:12 | 家庭生活 | Trackback(1) | Comments(2)

完全主義

 私は子供の頃、プラモデルを作るのが好きであった。プラモデルメーカーはタミヤがお気に入りでそこで良く、600円の第二次大戦中のドイツ軍の戦車のプラモデルを買って、作ったものである。それもただ、組み立てるのではなく、塗装も本物そっくりに施すのである。それで格好良い戦車のプラモデルを本物そっくりに組み立てて、ご満悦していた。

 しかし、私はその時、プラモデルの部品の一つでも破損したり、欠けたりする事がいやでしょうがなかった。だからそんな事が無いようにそれは丁寧に注意深く組み立てたものである。それは部品点数の少ない戦車などのプラモデルはいいが、部品点数の多い大型のプラモデル例えば1/12のスケールのF1カーなどは組立に完璧を期過ぎて、いつまで経っても完成しないという事がよくあった。

 私はこの様に子供の頃から完全主義であった。それは受験勉強の時もそうで私は他の人がやるように傾向と対策を考えて山をかけるという様な事はせず、受験科目全てにおいてまんべんなく完璧に全ての知識を習得する事に努めた。
 その傾向は社会に出てからも変わらず、仕事は完璧にしなくてはならないという事で常に気を張っていた。
 
 しかし、こんな事はいずれ破綻する時が来るのである。私は全ての事を完璧にやろうと、いやしなくてはならないと気負いすぎて、十年前に不眠症になってしまった事がある。
 私はその後、生長の家の神髄を故榎本恵吾先生の薫陶により、授けられ、そこで救われる事が出来た。
 
 不完全に見える現象は単に我々人間の心の影であり、本来存在せず、その奥の本当に実在する実相世界では全ては既に神様により完成され、我(が)が焦って、頑張らなくて良いのである。全ての仕事は私ではなく、私又は他の人を通して神様が完璧に遂行して下さる。そこにこそ本当の感謝があるのである。それを信じないものは神様にお任せ出来ず、「私が、私が」となり、気持ちは焦り、心に平和は無くなり、いつも気持ちは張りつめて、しまいにはにっちもさっちも行かなくなるのである。

 我らは神に生かされているのである。神により今、必要なヒントを与えられ、仕事は為され、信仰さえも神に支えられているのである。完璧にやらなくてはならないと思うのはものごとは神様によりされるのではなくて自分という我(が)がやると思っているのである。
 ものごとを完璧にやろうとするな。完璧に語ろうとするな。完璧に分かろうとするな。それは我(が)の考えである。ものごとは神様が完璧にやって下さると知り、神にお任せせよ。

堀 浩二

Perfectionism

When I was a young boy, I liked to compose a plastic model. My favorite plastic model maker was TAMIYA,and I often composed a TAMIYA plastic model of German militaly tank of World War Ⅱperiod.
I did not only composed a plastic model but also paint that as a real thing. I was satisfied to see the model which I composed like real thing.

But I hated to lose and to destroy any parts of plastic model, so I composed plastic model very carefuly. It was OK when I composed a plastic model which numbers of parts is a not many, but when I composed a plastic model which numbers of parts are many,like 1/12scale F-1 racing car, I often could not to finish to compose the model.

Like this example, I was a perfectionist. So I studied all things perfectly in all items to prepare a entrance exam. of university. After graduating a university, I got a job, and even in working, I pursuit a perfection too much.

But, if you do such a conduct, you would collapsed at last. By pursuiting to do all thing perfectly, a huge stress loaded me. So I have become insomnia by the stress ten years ago.
But after that, with being given the essence of Seicho-no-ie by Rev.Keigo Enomoto, I was saved.

All things are acomplished by God. You don't have to irritate to try to do all things perfectly by yourself. Because your ego do not exist. God only exist in your inside. All things are not done by your ego but by God through you. There is true appreciation to God in the comrehension of the truth.
If you don't believe that truth, you would think that you have to do everything by your ego, and you would become lost at last.

You can live by life of God. You can be inspired by God. You can do anything by the power of God. As for even your faith, you are given that by God.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-06 09:42 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

マッチポイント

 テニスではマッチポイントを握ったり、又は後一つこのゲームを取れば、自分に勝利が転がり込むという事になると緊張して、中々ポイントが取れない事が多い。
 先日のテニスのオーストラリアオープンの男子シングルス決勝はテニス界の王者、スイスのロジャー・フェデラーとチリのフェルナンド・ゴンザレスとの間で行われたが、ゴンザレスは今までフェデラーと9回対戦して、まだ一度も勝った事が無く、しかもグランドスラムの大会の決勝に進出したのも初めてであったから、彼は非常に気負っていた様である。
 しかし、今大会、ゴンザレスは好調で準決勝まで対戦相手をほぼ一方的に打ちのめして来た。試合は第一セットから拮抗した戦いとなり、ゴンザレスが第一セットのセットポイントを握った。それも二本もである。要するに一回失敗しても次のポイントを取ればそのセットを奪えるのであった。その上、そのゲームは彼のサービスゲームで有利であったから、当たり前にプレイすればポイントを取れるはずであった。
 しかし、彼はここでその二回のチャンスを生かせず、そのゲームをフェデラーに逆に奪われ、結局、そのセットをフェデラーに取られ、そして後の第二、第三セットも連取され、敗れ去った。

 人は自分が今まである事を得る為にひたすら努力して来て、その欲しいものが後、一歩の所で手に入ると思うと目がくらみ、体が硬くなって、実力を発揮出来ない事がある。
 どうしてそういう事になるかと言ったら、今、目の前に自分が長い間、欲して来た事が現れて、それを後、ちょっと手を伸ばせば、取れそうな気がするからである。
 それは今の自分にはそれが与えられていない、それが足りない、だから、それを外部に手を伸ばして取ってしまおうという考えである。この世界は自分の思う通りになる世界であるから、自分にはその良いものが無い、乏しいと思うと自分の思い通り、その自分の欲しいものが逆に奪われるという事になるのである。

 全ての良きもの、自分に取って必要なものは今、既にここに、そして自分の中にあるのである。神の国を自分の外に求めるものは永遠にそれを得ること能わずとは生長の家の聖経「甘露の法雨」にある通りである。

堀 浩二


Matchpoint

You have difficulty to get a point when you get a matchpoint in praying tennis. Because you would become nervous when you get matchpoint at the match.

At final match of men's singles of last Australian tennis open tournament, the king of tennis, Roger Federer,Switzerland versus Fernando Gonzalez, Chile. At that match, Gonzalez seemed to be too agressive because he had no experinece to beat Federer and to pray at final of grandslum tournament.

But Gonzalez was very good condition at the tournament. He beated most opponents perfectly until the final.
At the first set of the final match, Gonzalez versus Federar, they competed. And Gonzalez got two set point at his service game. But he could not get the point, after that he lost the game. As the game was Gonzalez's service game, Gonzalez had a advantage. Nontheless he failured to get the two set point. After that he lost first set. And he lost rest two set too and he was beaten by Federer at last.

Humankind have a tendency to become nurvous and to be disable to exercise his ability when he is about to get what he have been desiring for long time.
Because he feels that he may get the thing what he desired if he reach for that. But this feeling is that he does not get the thing yet and he think that he is luck of the thing at that time.

Seicho-no-ie teachs that what you imagine become real, so if you imagine that you lack the thing you desire, you would be robbed of the thing.

All the thing that you want and what you really need are already in your inside. Holly sutra"Kanro-No-Houu says that you never get the country of God if you seek that outside of you. The country of God already exists in you just now.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-01 09:28 | 潜在能力 | Trackback(4) | Comments(2)