<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

全ては自分の心の影

 自分を害するものは存在しない。そういう風に見えるものは自分が勝手に妄想している心の影に過ぎない。自分が「この世には悪がある。敵がいる。」と妄想を描く。そして、その心を相手に投影させて、「こいつは悪い奴だ。敵だ。」と観る。そして、害されまいと相手を攻撃する。そうすると相手もこちらを敵と見なして、反撃して来る。そして、又、こちらもやり返す。こうしていると悪と見えるものは手が付けられなくなるのである。
 悪はナイ。敵はナイ。敵みたいに見えるのはこちらの「この世に悪あり、敵あり。」という迷いの影である。

堀 浩二
by koujihori | 2011-11-14 15:09 | 社会生活 | Trackback | Comments(10)

そのままでよい(39)

 そのままでよい。そのままで神である、一時的な現象的な不具合を気にするな。それは実相が自分で現れる為の一つの過程である。

堀 浩二
by koujihori | 2011-11-11 12:57 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

実相は自分で出て来る(44)

 実相が自分で出て来る事によってのみ、実相が出て来る事が出来るのである。我(が)が真似事をしても駄目である。そして、実相は時期が来れば、必ず自分で出て来る。否、この人生そのものが神生であり、その全ての過程は実相が自分で出て来る過程であるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2011-11-11 12:49 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

天下無敵

 人間、すべからく天下無敵にならなくてはならぬ。敵とか悪があると思っていれば、それが如何に小さな存在であろうとそれだけ自分の領分が侵された事になり、それだけ自分が負けた事になるのである。それではもう天下無敵と言う事は出来ない。

堀 浩二
by koujihori | 2011-11-09 12:01 | 社会生活 | Trackback | Comments(2)