<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

訪問者数70,000人突破

 お陰様で昨日、当ブログ、訪問者数70,000人を突破致しました。皆様のご愛顧に心より感謝申し上げます。これからもどうぞ宜しく御願い申し上げます。

堀 浩二
by koujihori | 2012-06-22 09:44 | Trackback | Comments(0)

自分が神である。(7)

 「同志を集める為の祈り」に「神が私なのである」という一節が出てきますが、正にその通りなのです。これそう祈るからそうなるのじゃない。そうだからそう祈っているのです。
 で、人間、人生行路を行く上で「どうしたら良いか」という決断を迫られる事がある。また困難に際して、「どうして良いか分からない」という場合があるのである。そうした場合、自分の中に神を見いださないものは他の人に「相談する」又は「すがる」という事をする。でも、そんな他者にすがっていたのでは結局どうにもならない。聖典、「生命の実相」にも書かれているが「あなたは明日、道を歩くにもどの辺りを歩いたら良いか、どの方角へ歩くべきか、いちいち、占い師だとかに尋ねますか?そんな事は出来ますまい。それならあなたは自分の中に全知全能の神を見いだし、自分の一挙手一投足の判断をその神に求めたくはありませんか?」という記述が出てくるが正にその通りで「自分が神である。自分の中に全知全能の神がいらっしゃる」という自覚に立たないと人間は根本的に救われる事は無い。 
 生長の家の人であっても「自分はまだ駄目だ。だからこの問題に関しては◎◎先生に頼ろう」なんて考えている内は駄目である。生長の家の生き方、生活の仕方に関しても教科書通りにやっていれば良いというものではない。その場その場に応じて臨機応変に内側からの導きに従って縦横無尽に展開して行かないと行き詰まるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2012-06-10 11:20 | 信仰 | Trackback | Comments(2)

解決出来ない問題は無い。

 生長の家の教えに「解決出来ない問題は与えられない」と言うのがある。これは誠に有り難い教えである。人はともすると重大な問題に直面し、途方に暮れる事があるのである。そして、自分には解決出来ないと思って、自分の課題から逃げるか、人生から逃げるかという選択も考えたりする。
 しかし、生長の家の教えは「現象はナイ、悪はナイ」である。今目の前に現れた難儀は如何なる深い闇に見えようとも存在しない、自分の過去の心の投影に過ぎないと教えられているのである。それを知れば、その問題をつかむ事無く、「現れたら消える」という事で放って置く事が出来るのである。そして、その問題は過去の自分が心の力を駆使して自分を生長させる為に作り上げたトレーニング台に過ぎないのである。そして、それは必ず解決出来るレベルのものしか与えられないのである。
 その事を知れば、吾等は勇気百倍である。粛々と内側からの導きに従って、一つ一つ行動すれば良いのである。

堀 浩二
by koujihori | 2012-06-06 23:47 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

実相は自分で出てくる。(46)

 誠にも吾等の内なる完全円満の実相は実相世界は自分で出てくるのである。そして、それは最も良い時期に出てくるのである。
 吾々の人生は紆余曲折、色々ある。表面的には修羅場を呈する様な事もあるのである。しかし、それは全て実相顕現の一つの課程に過ぎない。その中で実相が最も良い時期に現れる。だから、実相を出そうと焦る必要は無い。良くしようとする必要も無いのである。
 その実相の出方としては吾々が様々な人生経験を得る中で内側から「汝、こうあるべし、こうすべし」という声が聞こえるものである。それは観世音菩薩の働きであるが、それに静かに素直に耳を傾ける所、「ああ、本当の事はこうであった。今までそうでなくて申し訳ない」と心の底から思えるものである。その時、実相が自分で出てきた瞬間である。だから、吾々は良くする必要も無ければ、実相を出そうと焦る必要も無い。そして、過去を悔やむ必要も無いのである。過去に如何なる失敗みたいな事を犯していようとそれは全て、実相顕現の為の学びであるからである。
 実相は自分で出てくるというのはこの世界には実相と実相が自分で出てくる事しか無いという実相独在の事である。

堀 浩二
by koujihori | 2012-06-05 20:35 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

現象はナイ(3)

 如何なる不調和、悪が今、目の前に現れていても恐れるには足らないのである。何故なら、それらは皆、ナイからである。
 不調和、不完全、不幸はナイ。今、そのままでここがそのまま神の国であり、完全円満の実相常楽国土である。それを観る目が多少歪んでいるから不調和、不完全が映っているに過ぎない。
 良くしようとする必要は無い。やり直す必要は無い。今そのままで完全に調和している実相を観れば良いのである。

堀 浩二
by koujihori | 2012-06-04 22:10 | 信仰 | Trackback | Comments(0)