<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

真の先祖供養(2)

 聞いた話ですが、あるご婦人がお子さんが何らかの病気か何かの問題になって、それで生長の家の先生に相談したら、
 「先祖供養をやりなさい。そうしたら良くなる」
 って指導されたそうです。

 それで教えられるままに一所懸命先祖供養した。でも一向に子供の状態は良くならない。でこれでもかこれでもかとやった。それでも良くならない。しかし、その内、

 「自分は先祖を迷っていると思ってそれを救おうと思って先祖供養していた。それは間違いだった」
 と悟るのですね。そして、生長の家の根本真理
 「人間は神の子で完全円満である」
 という聖経の意味をかみしめて、先祖を救おうという心を捨て、ひたすら感謝の心で仏壇の前で聖経を読誦する様になった。そうしたら子供の状態が完全に改善されたのだそうです。

 要するに現象的に霊界で救われていない先祖を認め、この先祖供養で一つ救って、それで子供にも祟らない様にしておくれという心では先祖供養にならない。自分が人間は神の子完全円満であるという真理を悟った時に自ずと感謝の先祖供養が行われ、子供も良くなったという事ですね。要するに先祖供養の要諦は

 「人間は神の子であり、完全円満であり、全ての人間は既に救われている」

 という実相独在の悟りな訳です。そこから自ずと親孝行も先祖供養も出て来る。先祖供養と実相独在の悟りは一つなんです。

 私は7月に母が他界し、その後、家内と一緒に残された95歳の父の面倒を見させてもらってます。父は同じ文句を何回も言ったり、時折暴言めいた事を言う事もあるのでそういう時は私もカッとなる。悪いと思いつつ、そうなってしまう。それは人間だから仕方が無いと思います。

 でも、私は母が他界する際は安らかに他界出来る様にそれこそ全力を尽くした。一ヶ月間、昏睡状態の寝たきりだったので家内と一緒に一所懸命、お世話もさせてもらった。そして色々な導き、幸運が重なって母は安らかに他界する事が出来た。
 そして、現在、父に対して先に述べた様にたまにカッとなる事もあるけど、それも自分の心の影であると分かっているのでそんなに心のしこりにならないし、やはり、私なりに一所懸命お世話をさせてもらっている。そして、毎晩決まった時間に母の位牌に聖経を読誦させて頂いている。
 これらは自ずとそうせざるを得ないのです。救おうとか世話をしなくちゃいけないとかそんなものではない。私の人間神の子完全円満の自覚から自ずと出て来る行為です。

堀 浩二
by koujihori | 2012-12-19 06:51 | 家庭生活 | Trackback | Comments(0)

何を信ずるか

 この混沌とした時代を生きるのに何を信ずるかという事が問題だと思う。
 私は色々と勉強しているつもりだがことに評論家の副島隆彦氏、そして漫画家の小林よしのり氏が好きで、両氏の著作は随分読んできた。
 副島氏は社会の裏側の動きに関しての著作が多く、それは主にロックフェラー、ロスチャイルド系の話が多い。小林氏に関してはその著作の対象は多岐に渡っており、氏の直感力というか純粋性から来る慧眼には敬服していた。事に天皇論の中で女系天皇の必要性を堂々と書き、民族派の学者知識人から苛烈な攻撃を受けても頑としてその説を曲げない姿は立派だと思う。又、氏はいち早く脱原発を唱えていた。この二つの主張は民族派、右派と言われている言論人では大変稀少であり、右派の多くは原発推進、女系天皇否定である。
 
 ただ小林氏は地球温暖化原因炭酸ガス説を否定している。そして、副島氏は放射能ホルミシス効果(放射能は身体に良い)を唱えており、福島第一原発の放射能など恐くないなどと言明している。
 私はこの両氏のこれらの主張には全く賛成出来ない。そうなるとこの両氏も盲信は出来ないと思う。
 で、私達はこの社会を生きて行くのに何を判断の基準にしたら良いかを考えるにそれは「吾が内の神」であるという事に究極的にはなる。
 
 生長の家の教えは全く素晴らしい。自分の中に神があり、真理があり、それは宇宙の隅々まで拡がっている大叡智であるから、私達は決して迷う事は無いからのである。祈りさえすれば。
 そして、そうした吾が内の神、真の実相たる神のご指導の具体的現象的投影が生長の家総裁のご指導である。吾等は実相独在の信仰を持ち、内に全知全能の神を宿し、その導きに全面的に従って生きるのであるが、その具体的投影はやはり、師のご指導として出て来る。
 それが生長の家総裁のご指導である。

堀 浩二
by koujihori | 2012-12-18 12:40 | 社会生活 | Trackback | Comments(0)

唯物論と霊的文化の対決

 選挙の争点はいくつかあると言われているけど消費税やTPPなど些末な問題。正に原子力を日本人が選択するのかどうかが最大の山。これは世界が見てる。原子力は片山恭一さんが書いている様にこれは死の技術。数万年も放射性廃棄物を保管しなくちゃいけない。管理なんてできっこない。これを目先の便利さ、快適さ、金儲けと引き替えに使おうというのはこれは利己主義です。後のことは何とかしてよ。今オレが快適に過ごしたいんだよ。金儲けしたいんだよ。っていう事でしょ?
 これは正に唯物論の権化。で、それを推進する勢力、その後ろ盾はアメリカだけどアメリカって言っても一般のアメリカ人の事じゃない。政府のバックにある財閥の事。それらの勢力が唯物論の権化。それが世界的に人類を支配しようとしている。しかし、それもリーマンショック以降衰退の一途。正に今最後の悪あがきをしている。そして日本の選挙で原発推進の流れに戻そうとしている。これは正に神とか愛とか自然を第一にする霊的文化、人類愛的文化の移行に対する挑戦です。

 今度の選挙では脱原発勢力は負けるでしょう。そして自民の圧勝、しかし副島氏の見立てによれば民主もある程度生き残り、影響力は保持する。その中で原発再稼働、徴兵制に近い新兵募集が為され、日本は中国と一触即発の状態になるかも知れない。もしかしたら戦争になるかも知れない。でも、それも唯物論という人類の迷妄が自壊する姿だと思う。要するにアメリカの財閥を本拠とする唯物論、利己主義と新たな霊的文化が対決し、けっこうな自壊作用を経て、結局、唯物論の勢力は消え、人類が霊的文化に目覚めて行くのだと思う。それが次元上昇、アセンションではないかと思う。

 でもこれ、実は古事記に描かれている事なんです。唯物論という迷いを洗い清める伊邪那岐神(いざなぎのかみ)が身を清める。それが住吉大神(すみよしのおおかみ)の御働き。 古事記によると伊邪那美神(いざなみのかみ)が亡くなって黄泉の国に行かれた。それを寂しく思った伊邪那岐神(いざなぎのかみ)が黄泉の国まで伊邪那美神(いざなみのかみ)を追いかけて行った。しかし、そこで見たものは世にも恐ろしい姿であった。そして、急いで逃げ帰ってきた伊邪那岐神(いざなぎのかみ)は禊祓(みそぎはらい)をされた。即ち身を清められた。その禊祓(みそぎはらい)の御働きが住吉大神の宇宙浄化の働きである。

 伊邪那美神とは唯物論の象徴。その穢れを伊邪那岐神が清める。清めるとは唯物論の否定。唯物論とは物質がある、物質の繁栄さえ、特に自分の物質的繁栄さえあればよいという考え、これが利己主義。そしてその象徴が原発であり、人間は物質の塊に過ぎない死んだら無になるという考え、それがアメリカの物質文明。それがこれから最後の悪あがきをする。それに対抗し、それを否定するのが新しく起こってくる霊的文化。それこそ物質は本来存在しない。人間は物質ではない。霊であり、肉体は滅んでもその本体の霊は生き続けるという文化。
 これからその二つの文明が最後の対決をする。そして唯物論、物質主義、金儲け主義の迷いが消え、そして、霊的文化の夜明けが来るだろう。それが天照大神の出現による宇宙の光明化。

堀 浩二
by koujihori | 2012-12-09 21:01 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)

時代の変わり目

 この間、ある会合(生長の家の男性信徒の会)の宴会でパナソニックの経理部長だったMさんという方のお話を伺う機会があった。
 私が
「パナソニックはすごい赤字ですね。7500億円という。シャープも4500億円の赤字だし。」
 Mさん
「あれは社長が馬鹿なんだよ。いいか、堀さん、君も会社やってるんなら、会社は金儲けしようなんて頭でやったら駄目だぞ。如何に世の中の為になる製品を世に出すかという事を考えなくちゃ駄目だ。創始者の松下幸之助さんはそういう考えだったが後継者が駄目なんだ。」
 
 今、月9でキムタク主演のpricelessってドラマやってます。これ、価格がつけられない程の価値って意味です。このドラマでテーマになっているのは金儲けじゃなくて如何に夢を形にするか、それで人に悦んでもらえるかという事でキムタク演じる主人公は効率の上がらない下請け業者も切り捨てずにその為に多少価格が上がっても
良いって頭で経営します。
 これ、朝ドラの「純と愛」でも同じ志向が描かれてる。効率優先、金儲け優先じゃなくて、多くの人が悦んでもらえるホテル、夢のあるホテルを頑張ってやっていこうっていう事がテーマになってる。

 この手のドラマが同時期に色々な局でやられているというのは私は偶然ではないと思う。もう時代の変わり目が来てる。今までの物質主義的な金儲けの文明から、霊的な愛とか夢とか共存共栄という社会が来てる感じがします。

 今年はマヤ暦が終わるという2012年。アセンションと言われる次元上昇の境目の年と言われる。私は今までその事は半信半疑だったが、最近それを強く感じる。今年、余りにも他界する人が多い。私の会社では50人の会社なのに私を含め、12人の人が家族が昇天してる。テニスクラブのオーナーさんも亡くなったし、私の叔母も亡くなった。
これも時代の変わり目の時はそうなるそうです。  

堀 浩二
by koujihori | 2012-12-04 12:49 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)