<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

生長の家の教えは人類を救う教えではなく全ての人が今そのままで悟っていると拝む教え

 生長の家の教えは人間は神の子であり、完全円満であるという教えである。そしてそれは未来の事でも最果ての地の事でもない。今ここ全ての人がそのままで完全円満な神の生命であり、悟りを啓いているという事なのである。
 私は生長の家は母親の影響で幼い頃から触れて来て、その後、大学生の時から組織活動に加わり、講師の資格も得て、勉強して来た。私は生長の家のみが最高の教えであり、キリスト教は罪の子と説くし、仏教も釈迦は妻子を持たず家も持たなかったので生長の家に比べれば完全でないと思っていた。だから、生長の家で人を救うのが先に生長の家を知った者の勤めだと思って、自分の周囲の人にも出来るだけ生長の家を伝道した。それは相手をそのままでは救われていない不完全な存在と見て、それを生長の家という最高の教えで救ってやろうという気持ちからであった。

 しかし、そうこうする内に私は心の平和を失って行った。それは
「生長の家のみが素晴らしいのであり、それを知らない者は救われていないどうしようもない存在であるから自分が生長の家で相手を救わなくてならない」という強迫観念で一杯となり、終いには夜も眠れなくなってしまったのである。
 それを宇治の榎本恵吾先生に出会い、救われた。先生の教えは
「全ての存在は全ての人はそのままで既に救われている仏であり、神である。そのままでよい」
 という事であった。
 
 私はそれまで実相世界は実相世界であり、現象世界とは別物であるから現象世界は自分が清めなくてはならない、救わなくてはならないという事で完全な二元論に陥っていたのである。だから
「生かされている」という神への満腔の感謝の信仰がすっぽり抜け落ちていた。しかしながら私は榎本先生の薫陶により生長の家の根本真理
「全ての人はそのままで救われている仏の子であり、神である。山川草木国土悉皆成仏と言う事、実相独在の真理」を悟る事が出来たのである。

 そうしたら手の舞い足の踏むところを知らずという歓喜の状態になり
「ああ、そのままで良かった。生かされている、満たされている、有り難い」
 という心境になる事が出来たのである。

 そうしたら全ての人もの事を見るにそれまでは
「自分が生長の家で救ってやらなくてはらない、そのままでは不完全で愚かなもの」
 と見えたのが
「そのままで悟っている完全円満な神の生命」
 と観じる事が出来たのである。

 そうしたら、生長の家だけが谷口雅春先生だけが素晴らしくて救われているのではなくて
「そのままで全ての存在は救われ、悟りを啓いており、救う必要のない尊敬すべきものである。」
 と分かり、全ての人達を神として仏として拝む事が出来る様になったのである。そして谷口雅春先生の法統を受け継いだ谷口清超先生もその法統を受け継いだ谷口雅宣先生も生長の家の大神の命の流れとして礼拝する事が出来る様になった。私が雅宣先生のご指導を祝福礼賛するのはそこから来ているのである。

 それからは世界中の至る所に素晴らしい悟りを啓いた人達を見いだし、アメリカのニールドナルドウォルシュの「神との対話」という本などは本当に素晴らしい悟りの書であると賞賛する事が出来た。

 人間神の子という生長の家の教えは
「生長の家だけが谷口雅春先生だけが悟りを啓いていて素晴らしくてその他の宗教、哲学、人類は不完全で生長の家で完全にしてやらなくてならない情けない存在である」という事ではないのである。

 生長の家の教えをそのまま受け取り、今そのままで全ての人が神であり、仏であると見いだした者は人類の至る所に同様の悟りを見いだして発表している者を見いだし、かつそれを賞賛し、拝む事が出来るのである。
 そしてそれこそが
「人間は神の子であり、完全円満である」
 という生長の家の実相独在の根本真理なのである。

堀 浩二
by koujihori | 2013-03-29 20:04 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

親に感謝出来ない全ての人へ

 生長の家は感謝の教えである。特に大事とされるのは「親への感謝」である。「大調和の神示」に「神に感謝しても父母へ感謝しえない者は神の心にかなわぬ」とある。

 だから、父母への感謝が大事だと分かるのだが感謝が出来ないと悩む生長の家信徒の人は多いのである。それで感謝誦行とやったり、浄心行をやったりする。それもいいだろう。しかし、根本的に知っておかなくてはならない事は「親というのは自分の完全なる鏡である」という事である。

 生長の家で父母への感謝が大事だと教わった。しかし、自分は幼い時に父母に虐待を受けた。とか認知症で荒れ狂っている親にどうして感謝が出来ようかと言うが、その幼い時に虐待した父母、そして認知症で荒れ狂っている年老いた親というのは百%自分の心を映し出してくれる観世音菩薩なのである。

 私は96歳の父が去年にアルツハイマー型認知症と診断された。父は暴力こそふるわなかったが暴言がひどく、常に文句を言い、怒り、恨み言を言っていた。私と妻は本当に閉口したものである。しかし、私は生長の家の仲間、先達からそういう親の姿は自分の心の鏡であるという事を教わった。私は反省した。大いに心当たりがあったからである。私はちょっとした事にもいらいらしてかんしゃくを起こす様な所があった。
 そして、父は悪い人間ではない、自分の観世音菩薩様であると分かった瞬間から父が変わった。
 
 今では穏やかな好々爺になってしまった。

 私は自分の体験から訴える。ひどい親、悪い親など存在しない。ナイ。それは全て自分の心の鏡、観世音菩薩であると。

堀 浩二
by koujihori | 2013-03-27 19:30 | 家庭生活 | Trackback | Comments(2)

完全円満なのにどうして練習するのか?

 生長の家の教えは「人間は完全円満である。無限力である。」という教えです。それなら、反復練習って必要無いじゃないか?と感じるかも分からない。既に完全円満、無限力なら練習したり訓練する必要無いじゃないかという訳です。皆さんはどう思われますか?

 私はヴォイストレーニングやテニスなどを通じて、
「反復練習は絶対に必要だ。」
 という事が分かりました。

 人間神の子無限力というのは無限なんだから、無限生長でもある。それは現象としての自分の力量というのはこれからまだまだ無限に伸びるものであるという事ですね。そうすると
「今、完全円満である。」という自覚は「これから訓練によってまだまだ無限に生長する。」という事になる訳。
 それを「今すぐ力を出そう。今すぐ分かろう」というのは我(が)なんです。谷口清超先生は「待つ楽しみ」という事を説かれました。要するに今すぐ効果とか結果を求めるのは我(が)なんです。それは神に生かされているというのではなくて我(が)が頑張って今すぐ完全にしたいと思っている。

 人間神の子無限力というのは
「これから訓練によって徐々に力が出て来る」という自覚でもある訳です。

堀 浩二
by koujihori | 2013-03-25 12:29 | 潜在能力 | Trackback | Comments(0)

神様はいるのか?

 今朝の朝ドラ「純と愛」でこれから脳腫瘍の手術を受ける事になった愛(いとし)に純がこう言います。
「神様なんて私はいないと思う。もしいるならいとし君をこんな病気にするはずがない」
それに対し、いとしは
「神様はいると思う。でもそれは力の足りない神様」
そして純はこう閉める
「いいえ、人生は自分の意志で切り開くもの」

 よく無神論者の人が言うのは「神様がいるなら、この世界をこんな悲惨な事にするはずがない」っていう言い分。それじゃなくてもいたとしてもそれは力が足りない神様に違いないと。

 これはこの現象世界を見ていればそう思うと思う。でも、神様はいます。それは衣冠束帯で顎髭を生やし、杖をついているという様なものではない。そういう神様云々っていうものの存在の真偽を言うから現代人は鼻で笑う。そうではなくて、宇宙を貫いている法則と言うか大生命というか理念というか。そういう存在があるのです。それを神と呼ぶ人は呼ぶ。
 そしてそれは完全円満で無限なんです。

 で、その完全円満で無限の理念というか大生命は同時に無限の個性があり各人においてそれぞれ個性として表現されているそれが各人の人間。

 それがこの世界の本当の姿。でも、それは物質とか肉体ではない。その奥にある理念的なもの。それを霊とか呼ぶ事もある。で、物質とか肉体はその霊とか理念の表現の舞台です。要するに画家がうちに無限の才能があるとして、それを表現したい。それで二次元世界のカンバスに表現する。彫刻家なら三次元世界の塑像に表現する。

 この現象世界とか肉体というのはその奥の真実に存在する理念の表現の世界。で、その奥の理念の世界は完全円満でもそれを表現する世界というのは段階がある。初期段階はどうしても稚拙なものとなり、色々な失敗が出て来る。絵もその画家が内側に無限の才能を持っていても表現の初期段階では稚拙な絵、下手な絵になる。そういう訳で神様が作った本当の世界は完全円満でそこには病気も無ければ戦争も無い。でも人間がそれをまだ自覚せず、自覚しないが故にそれを表現する事も出来なければ、この現象世界は色々、病気とか戦争とかの不完全が出て来る訳。決して、これは神様がいない訳でも力が足りない訳でもない。人間がその本来の姿をまだ発見出来ず、従って表現出来ないが為にそれが現象世界に出て来ないだけ。
 だから、純が最後に閉めた様に
「この世界は私達の意志(心)が築き上げるもの」という事にもなるのです。

PS この本当の世界は実相世界とも言いますがそれを内側に見出した人の事を覚者と言い、こういう人を所謂「悟った人」と言います。

堀 浩二
by koujihori | 2013-03-22 18:10 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

自分が生きているのではない神が自分をして生きている。

 私の責任です・・・・って言って自分を責める人がいますね。WBCの内川じゃないですが。でも、人間万事塞翁が馬って言う事で人間何が幸いするか分からない。朝ドラの「純と愛」でたばこの不始末でホテルを全焼させてしまった女性がいます。この人は「自分なんて生まれて来ない方が良かった」って言いますが、純は「本当に申し訳無いと思ったら立ち直りなさい!」って言います。
 結局、純達は沖縄で以前のホテルより更に素晴らしいホテルを手に入れ、再出発出来た訳で。そうなるとあの前のホテルは燃えた方が良かったって事にもなる。

 だから、あんまり「自分のせいで・・・・」って思わない方が良い。要は自分の反省をするのは良い。考え違いとかやり方の間違いとか。でもそれ以上に自分を責める事は要らない。それが却って良くなるって事っていくらでもあるのだから。

 人間、自分が生きていると思うと常に落ち込んだり、取り越し苦労したりすると思います。「あれで良かったんだろうか?」とか「ああなったらどうしよう?」とか。それって全て「自分という我(が)が生きている」と思っているからです。

 でもそれって凄い傲慢。「吾が生くるは吾が生くるにあらず天地(あめつち)を貫きて生くる祖神(みおや)の権能(ちから)」で僕達は何時如何なる時も神に生かされている。
 だから、自分のせいでチームが負けた、誰かが死んだなんてすごい傲慢な発想。常に神様が良い様にして下さるという事です。

 自分が生きている様に見えて自分で生きているのではない。常に神に生かされ、護られ、導かれている。それが実相であり、それ以外に何も無い。

堀 浩二
by koujihori | 2013-03-19 20:00 | 信仰 | Trackback | Comments(2)

陰謀論について

 世に陰謀論というのがある。典型的なのが9.11アメリカ同時多発テロであるがあれはアメリカの自作自演で、狙いはイラク攻撃の口実を作る為だと言う。私もあのビルの崩れ方はちょっと不自然だと思う。爆破装置で爆破させた時の様な感じがする。
 そして、今盛んに言われているのがアメリカの軍産複合体によるアジア軍事危機演出説。昨今、尖閣問題、竹島問題、北朝鮮の核問題と日本を取り巻くアジアではきな臭い事件が多い。これはアメリカの軍産複合体が裏で糸を引いていて、アジアで戦争を起こさせ、自社製品の武器で大いに金儲けをしようとしてるというもの。
 こういう事がもし本当であれば誠に恐ろしい事である。私はこれらの話は現象的にはありうる事だと思っている。でも実相世界から見ればいかなる恐ろしい陰謀集団も本来存在しない。ナイのである。だから、心底怯える必要は無い。本当にある世界は実相世界のみであり、それは完全円満、大調和の世界である。そして、人間がそれを正しく観る事が出来れば(言い換えれば悟りを得る事が出来れば)その通りの大調和の世界が現象的にも展開する。それが出来なければ今ここに大調和の世界が展開していようとも人間にはそれが感じられず戦争とか病気とかの不幸な世界がある様に感じられるのである。

 それが結果的に現象的に陰謀集団が戦争を起こして、人類を不幸に陥れる様な事になるかも知れない。しかし、返す返すも具体的にそんな陰謀集団なるものは本来存在しない。それらは全て吾々人類自身の心の歪みにより本来平和な世界が戦乱の阿鼻叫喚の地獄図に見えるに過ぎないのである。
 だから、如何なる現象的な陰謀集団が存在している様に見え、それが世界を残酷な運命に導こうともしっかりと真の生長の家の信仰を心に把持し、今ここ完全円満、大調和の世界を観ているものには災厄は降りかかりようがない。

 そして、人類的にもし苦難の時代が訪れるとしたらそれは人類の迷いの念の自壊作用なのである。迷いの念が清められて実相の世界が出てくるのを禊ぎというのである。自壊作用、禊ぎなくして本当の大調和の世界が出てくるなどというのは生長の家の神示にあるように甘い考えである。
 やはり、人類の迷いの念が清められて実相世界が地上に実現する際、どうしても禊ぎ、迷いの自壊作用を経なくてはならぬ。それはどうしても苦痛を伴う。その禊ぎの苦痛を少しでもやわらげる為に出現したのがこの生長の家の人類光明化運動である。

堀 浩二
by koujihori | 2013-03-18 21:42 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)

利己主義というのは自ずと治る。

 人間は本来神において自他一体の生命である。しかしながら、それがまだ自覚出来ない幼い段階であれば、自と他とが対立的に感じられるのである。
 人間は肉体を見れば、それは物質であり個々人は分かれて存在する。従ってそこに自ずと自他とが孤立し合って、離ればなれの存在に感じられる。それは肉体を人間であるという迷い、唯物論から来ているのである。
 自他が離ればなれの存在であるという観念は自分さえ良ければ良いという利己主義につながるのである。それと同時に他は自己の存在を脅かす恐ろしい存在にも感じられる。そこに対人恐怖、ノイローゼが生じるのである。
 要するにノイローゼは利己主義の別名である。だから、利己主義ではなくて愛他的になればノイローゼは治る。しかしながら、それは「利己主義は良くないから愛他的になろう」などと言うものではなくて自己の実相が自ずと顕現する中で自ずと自他が本来バラバラの存在ではなくて神において一体であるという真理に目覚めて来る。その中で自ずと利己主義も治り、それに従って他人が恐くなくなって来て、ノイローゼも自ずと消えて行くものである。

堀 浩二
by koujihori | 2013-03-15 12:38 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

この現象世界は心が作っているのである。

 現象はナイ。それは心の現れに過ぎない。だから、全ての現象は心の通りになるのである。世に色々の健康法があり、健康食があり、医薬の服用の仕方等々あり、それらは全て吾々の肉体の健康不健康に直接関わりを持つ。しかしながら、その元になっているのは一にも二にも心である。
 心に健を念じて初めて肉体の健康が出てくる。それ以外に原因は無い。だが、心に真に健康、完全円満を把持しておれば、自ずと最も健康に良い食生活になり、生活習慣にもなって行くのである。だから、本当はこれを食べたらいかん、あれを食べなくてはならんととらわれる必要も無いのである。
 その様に心が全ての現象の元になるがその過程の中で吾等の内なる実相が自分で出てきて実相顕現するという事が為されて行くのである。

 そうした真理の面から観れば、放射能も本来無い。そもそも放射能の元は核兵器であるがそれは相手を徹底的に破壊したいという人類の破壊願望、言わば迷いの具象化したものである。
 だからと言って放射能は出放題にしておれば良いというものではない。今ここ完全円満の実相世界を悟った者ほど、そうした迷いの具象化である原発を全廃しなくてはならないという運動を必死に展開するものである。

堀 浩二
by koujihori | 2013-03-12 18:14 | 信仰 | Trackback | Comments(4)