<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

親に感謝について

 生長の家は親に感謝を強調する。「大調和の神示」にも「神に感謝しても父母に感謝しえないものは神の心にかなわぬ」とあるからだ。
 だから、親に感謝しなさいと指導する講師は多いし、信徒も親に感謝しなくちゃいけないと思って居る人は沢山いる。確かに親に感謝する事は大事だ。何故ならば親というのは神様の愛が目に見え、肌で触れられる姿で現れたものであるからだ。だから、親を憎んでいれば神を憎んでいるという事になり、親の有り難さが分からないという事は神の有り難さが分からないという事になる。

 神は全ての全てであり、神により吾々は完全に安寧に生かされているのであるから神の有り難さが分からないという事は生きて行く事は事実上不可能であるという事になる。世の中を呪い、自分自身を呪い、不安になり、不幸になり、病気になるのだ。

 これほどまでに親への感謝というのは人間が生きて行く上で基本となるのであるがだからと言って、憎んでいる親を感謝しようという功利的な感謝では駄目だ。感謝は無条件に「ただ有り難い」という心の底から魂の内側から沸き起こって来るものではなくてはならない。

 それならどうしたらその様な感謝が出て来るのか?と言ったら、それは「そのままでよい」のである。

 何故ならば吾々は感謝そのものであるからだ。神そのものであるからだ。神そのものであり、神の国は吾が内にあり、その神の国は自ずと出て来る事になっている。神の国が内側から自分で出て来て、全てが神に生かされているという事が分かるとそれが感謝となり、その時始めて、その神の具体的現れである親が心底有り難かったと分かるのである。

 それが感謝である。

堀 浩二
by koujihori | 2014-04-15 12:28 | 信仰 | Trackback | Comments(4)

人間は神の子、完全円満である。

 「肉体の調子が悪くてもう駄目だ」と言うのは人間は肉体であるという考えである。今、出来る。やれば出来る、訓練すれば更に出来るというのが「人間は神の子であり、完全円満である。」という事である。

堀 浩二
by koujihori | 2014-04-08 13:25 | 信仰 | Trackback | Comments(0)