<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

実相は自分で出て来るという事

 昔、ある生長の家講師が
「人間神の子無限力という事を我々が悟れば、唯心所現の法則が働いて現象的に肉体的に無限力も無限健康も出て来る。これは間違い無い。ただこの真理を悟るというのが難しい。これが問題なんです。」と講話していた。

 これは悟りというものが我(が)が行うものであるという考え違いからこういう考えが出て来る。実相というものがあって、心のレンズというものがあって、実相を観る心のレンズが歪んでいない真っ直ぐなものであれば実相の投影が現象世界に歪む事無く出て来る。だから我々はこの心のレンズを真っ直ぐなもの、要するに真理を悟れば良いというのが理論だが、これだと実相の他に心のレンズという存在を認める事になる。これは実相独在の生長の家の根本真理とは違う。

 心のレンズというものはナイというのが生長の家の真理。これは雅春先生が「生命の実相自伝編」で明らかにされている。

 なれば悟るという事はどういう事か?実相の他に心というものがあって、その心が悟るという事か?冒頭の講師はこの実相以外の心というものの存在を認め、ここを何とか悟らせようと思っているのではないか?しかし、雅春先生はそれがどうしても出来なくて苦悶した。そして、その後
「心もナイ、現象もナイ、実相のみがある」と悟られた。

 これはこういう事だ。実相というものは神であり、神というのは無限の叡智である。その無限の叡智が悟りそのものであり、従って、我々は神の子だからその実相は既に悟っているという事。現象的に悟るというのはその実相の悟りが表面に出て来るという事に他ならない。それが実相顕現であり、その実相の悟り要するに「今そのままでここがそのまま実相世界であり、自分は今そのままで金剛不壊の神そのものだ。」という自覚が表面に出て来れば、心の法則が働いて今ここそのままに実相世界が現成という事になる。それが実相顕現という事。

 そしてその実相は榎本恵吾先生は常に「実相は自分で出て来る」と仰っていた。
実相は無限の生長であり、それは自分で表現したくてしたくて仕方が無い。だから実相は自ずと表現を欲する。それが実相の現象化であり、実相顕現。しかし、それは初めはその表現の段階が稚拙である。しかし、それが経験を重ね、周囲の導きも相まって段々とその表現が高度化して来る。それが最初は迷いの段階の表現で、色々失敗もし、失敗の過程の中では本来でない悪も犯すがその中で色々経験する中で実相顕現がされていく。それが実相は自分で出て来るという事。

堀 浩二
by koujihori | 2015-10-15 12:40 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

生長の家を学び続けるという事は自己の中に神即ち真理を見出す事

 私は生長の家の真理を自分の言葉で述べていて、生長の家の○○先生はこう仰いました的な生長の家の真理を人ごとの様に語る書き方をしない。生長の家の真理を自分の実感ではなくて、雅春先生、清超先生、雅宣先生の仰った事を丸暗記してそれをそのまま伝える事が生長の家だという考え方ではないのである。

 釈迦が後継者として認めたのは多聞第一と言ってお釈迦様の仰った事を蓄音機のごとく全部暗記して一言一句同じように言い得た阿南ではなく、釈迦が蓮華の花を捻って瞬きした際、それの示す宇宙の真理(中心帰一)をただ一人理解要するに不立文字の真理を体得した迦葉であった。

 要するに生長の家の目的は自己の中に神の国を見出してそれを表現する事にある。その神の国、神は真理そのものだから生長の家をやって行けば自分の中に真理を見出す事になる。そして真理というのは真理の言葉であるから、真理を見出した人の内側からその人の言葉で真理の言葉が語られ、それが文章化される事もあれば、講話で話される事もある。それが人間神の子の自覚であり、それを万人に実現させるのこそ生長の家の運動の目的だろう。

 谷口清超先生は生長の家の人は講師になって、個人指導をする際に相手をどう指導したら良いかは直感的に内側から判断すべきものであって理屈ではないと仰っていた。

PS 但し、誤解しないで頂きたいのはそれだからと言って私は生長の家総裁・副総裁も関係無く勝手に自分で生長の家の真理を語るのではなくて、実際、現総裁のご指導、御著書の中から多くの学びを得ている。「観世音菩薩讃歌」は誠に素晴らしい真理の内容が書かれてあり、そこから多くの大切なお導きを頂いている。
 要するに自分の中に真理を見出したからと言って、教えの中心者とか師を蔑ろにするという事ではなくて、自分の中の真理が出て来る際、師に導かれるという形を通してそれが為されるという事であり、私は自分の中に真理を見出してより一層、生長の家総裁・副総裁のご指導の素晴らしさと意義がよく分かる様になった。 それはやはり生長の家の運動の展開が「生長の家大神-総裁・副総裁-御教え」の流れにあるからだろう。要するに真理というのは自分の頭脳智という肉体ではなくて、師から自分へと久遠の生命の流れる中での学びの中から内側から自ずと啓けて来るというものだと思う。

堀 浩二
by koujihori | 2015-10-14 13:40 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

生長の家の素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。

 私は最近になって改めて生長の家の教えの偉大さ、筆舌では尽くしがたい素晴らしさに目覚めて来た。

 私は幼い時から生長の家に触れていて、組織活動もやり、求道と伝道をやって来て、火の出る様な思いから生長の家宇治別格本山の榎本恵吾先生の薫陶により、生長の家の神髄を把握する事が出来た。今から18年前の事であるが、その後、日常生活の中で自分の生活習慣が自ずと変化して行き、肉食は十年ほど前から基本的にしなくなり、三年前から食事量も減り、肥満体型も治った。そして、その他の習慣でも肉体に良い状態に自ずとなって行った。これは中心的信仰を把握しているからだろう。そして、父の認知症の介護の経験から現代医学の化学薬品が健康に良くない事を知り、それも基本的に飲んではいない。

 しかし、そうした中でいつの間にか自分が薬であるとか生活習慣であるとかそうしたものに影響を受ける肉体であるという迷いの状態に居た事を最近自覚した。そして自分は生活習慣とか食物だとか薬だとかに影響を受ける存在であり、従ってそうした外部的要因を良いものにしなくては自分という存在は保たれないのだと思い、かつ、信仰も肉体を良い状態に保つための一つの方便であるとまだ思っていたのであった。

 しかし、真理はそうではない。本当の真理は「自分はたった今、完全円満であり、無限力であり、信仰によって自分の潜在意識を清めたり、食物や薬品によって肉体を保たなくても良い存在である。」という事である。そして肉体はナイのであり、吾等は自分が今完全円満、無限力であると自覚してその通り行動して行けば肉体や現象は心の影であるから肉体も現象も徐々に良化し、能力も健康も回復し、神経細胞その他必要なものは修復されて行くのである。
 
 それが生長の家の真理であり、これ以上素晴らしい真理があるだろうか?

堀 浩二
by koujihori | 2015-10-07 15:19 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

悟りも無限生長である。

 私が今実感するのは
 「悟りも無限生長である。」という事である。

 私は子供の頃から生長の家に触れており、青年期から生長の家青年会に入って組織活動もして来たし、その中で生長の家の真理を学び、伝える中で火の出る様な経験もして、宇治の榎本恵吾先生の元に導かれ、そこで生長の家の神髄の薫陶を受ける事が出来た。それが今から18年前の平成9年7月の事。

 しかし、それで「自分は悟った」などとはとても言えないという事を最近とみに自覚する。実相独在の生長の家の神髄の薫陶を受け取り、自分のものにはする事が出来たが現象の私はいくらでも至らない所があったし、今もあると思う。自分勝手であったり、肉欲にふけったり、利己主義であったり、傍若無人であったり、嫉妬心が強かったり。また、自分が肉体であるとまだどこかに思っている節もあったのである。

 しかし、それはまだ私の中の実相における悟りが表面に出きっていないからである。悟りはいくらでも無限生長するのだ。人間の内在の可能性が無限であり、もうこれで良いという事は無いのと一緒で実相独在の生長の家の悟りもいくらでも無限生長するのである。
 それは悟りがまだ表面に出てこない事により現象的に不完全さ即ち前述のような利己主義、傍若無人さ等がある事により色々と他人から不遇を受けたりと苦労する。その中で切磋琢磨される事で悟りの無限生長がある。

 そして悟りが生長すればするほど、自由自在さが増し、より魂が解放され、人格も形成され、他の人に喜ばれる人間にますますなって行くのである。

堀 浩二
by koujihori | 2015-10-07 12:48 | 信仰 | Trackback | Comments(0)