<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

実相独在の信仰は相手からの報いを求めない。

 信仰というのは肉体や現象を信じるのではなくて内なる実相を信じるものである。そしてその内なる実相は完全円満なものとして今ここにあるのである。そして自分は今このまま神の身であり、完全円満である。
 それを信じるのが生長の家の信仰であり、その信仰なら今すぐ悦べるのである。

 それに対して信仰したら現象が良くなるだろうと思って現象が良くなれば悦ぼう、感謝しようというのは現象や肉を信じる信仰であり、それは生長の家の信仰ではない。

 今、完全円満である。という信仰は結果を求めない。それは報いを求めない信仰である。だから、実相独在の生長の家の信仰を持って、それを実践している者は今悦べるばかりか相手に自分が施した事に対して何の報いが無くても絶望せず、報いを求めず、相手を憎む事もせず、ひたすら相手にただ与える事が出来、それを持って悦べるのである。
 そして相手の内なる完全円満の実相を観て愛せるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2016-07-27 09:31 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

私は今回の選挙でより一層、生長の家の実相独在の信仰を鍛える事が出来た。

 今回の選挙で私はかなりの危機感と不安を感じた。そして、一時は結果に対する絶望感に打ちのめされた。選挙でこんな思いになったのは生まれて初めてだ。

 しかし、私には生長の家の信仰がある。生長の家の信仰は今ここ完全円満の実相世界があり、その実相世界は必ず自分で出て来る。表面的にどんな事があろうともそれらは実相顕現の為の過程であり、長い目、大局的な目で見れば全て良き事であるというものであり、事実、私の半生はそういうものであった。

 だから今回、選挙結果が如何なるものであっても実相世界をそしてそれがいずれ展開する事をより信じられる様になった。
   
 私は以前は何となく安倍自民の手によって日本は戦争か天災がいずれかで壊滅的な事になりそこから立ち上がって本当の世界、実相顕現の世界が来るのであって、そうなるためには人類は日本はかなりの自壊作用を経なくてはならないとなんとなくそう思っていた。

 しかし、今回の選挙の危機的な状況で精神的にかなり追い込まれる中でそんな壊滅的な大惨事が起こるのではなくて実相世界がただ展開するのがこの世界であり、その直前は表面的に絶望的な状態に見える事もあるがそれも実相世界が展開する為に必要な事であると言う信念をより強くする事が出来たのだ。

 私は今回の選挙でより生長の家の実相独在の信仰を鍛える事が出来たのである。

堀 浩二
by koujihori | 2016-07-12 17:34 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

良くなる直前は一番悪くなる。

 実相が顕現するのは人間の我(が)の思惑通りには行かない。それは神様がご判断される事であり人智を超えたものであり、最も良い時期に最も良い形で実相は顕現する。だから、当座の事が上手く行かなくても決して諦めてはいけない。

 良くなる直前というのは一番悪くなる。そうした時に諦めないで努力を継続したもののみが栄光を手に出来る。今はその時である。

堀 浩二
by koujihori | 2016-07-11 10:46 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

現象はナイ。長い眼で見れば必ず良くなる。

 今回の参院選は大変残念な結果になりました。与党のマスコミ操作にだまされたあまりにも自覚のない国民が多かったことと事前の報道で与党圧勝とあったのが投票率の低下を招いたことが原因だと思います。
 いずれにせよ。これが選挙の結果ですからこれから起こることは日本国民が甘んじて受けなくてはならない運命でしょう。

 しかし、これらは所詮現象です。現象はナイと教えられていますね。だからどうってことはない。今ここ実相世界であり、それは必ず最もよい時期に自ずと出てきます。現象に何が起ころうと短視眼で見ると不幸なことでも長期的に大局的にみれば何一つ真に悪いことはない。それらは実相が顕現するための単なるステップに過ぎません。

  大丈夫です。これからも生長の家総裁先生に中心帰一して心安らかに運動していけばよいです。

堀 浩二
by koujihori | 2016-07-11 09:31 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)

今夏の参院選についてのお願い

 皆様にお願いがあります。今度の選挙でもし与党とその補完勢力が勝ったら日本から民主主義が消えて、大げさではなくてナチスとか北朝鮮の様な全体主義の国、表現の自由も言論の自由の無い国に変わってしまいます。改憲に必要な衆参両院2/3以上に彼らがなるからです。まともな選挙も行われなくなり、独裁状態になるでしょう。
 それは彼らを操っている思想が全体主義、国家主義であり、国民一人一人の権利とか自由など一切認めないものだからです。

 是非ともこの流れを止めるべく御自分の周囲の人達に働きかけて下さい。

 菅野完氏著「日本会議の研究」で明らかにされた様に安倍政権を操っているのが生長の家の元信者達(生長の家の本質が分からない原理主義者)ですが彼らは所謂原理主義者なので後に生長の家本体が時代に応じて方向転換した時にそれが理解出来ずに生長の家を出て行きました。
 
 それが今、日本会議とか日本政策研究センターとかとなって時代遅れの民族運動を続けている。そしてそれが今の安倍政権に入り込んで理念的なものから運動方針、政策に到るまでほぼ完全に安倍首相を操っています。
 
 彼らの考えて居る事は一言で言って戦前の軍国主義時代の日本の美化、戦争の美化、国家の為に国民の犠牲を強いる事の美化です。私は生長の家信徒でありもう何十年も前から生長の家の組織活動をやっているので彼らの事は直に良く知っていて、それで言っているのです。

 この集団が安倍政権をコントロールしている。

 こうした輩に日本の国を滅茶苦茶にされない為にも心ある方達にお願いしたいのは御自分の周囲の人達に出来るだけ口コミでそしてネットで与党以外の野党連合のどこかの党に積極的に投票してくれという事を呼び掛けて下さい。そして菅野完氏の「日本会議の研究」も合わせて勧めて下さい。お願い致します。

堀 浩二

ps 安倍政権の補完勢力にはおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党、日本を元気にする会、新党改革も含まれます。ここにも投票しないようにお伝え下さい。
by koujihori | 2016-07-01 19:00 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)