生長の家は途轍もなく素晴らしい。

 現象はナイ!全て自分の心の影に過ぎない!実相は完全円満でそれは既にここにある!そして今自分に与えられた問題は今の自分に出来る問題しか与えられない!これらの教えが如何に有り難いものであるか!
 これを知っていれば如何なる過酷な運命も切り開く事が出来る。

 
 生長の家の教えを一人でも多くの方に伝えたいですね。

堀 浩二


# by koujihori | 2018-08-22 10:04 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

恐怖心は放っておくべし

 思ったら思った通りになると教えられているから恐怖すまいと思っても恐怖してしまう。そういう時は放っておくが良いのである。そのままでいるべし。その内恐怖は神が取り除いて下さる。全託すべし。そのまま恐怖本来無きなり。
 これは「続々甘露の法雨」にも書いてある。

堀 浩二

# by koujihori | 2018-08-21 15:35 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

自分一人が実相顕現すればよい。

 生長の家は「天地一切のものに感謝せよ」という教えだがこれが中々難しいのである。何故難しいか?これは我(が)が感謝しようとしているからである。
 
 自分一人の実相が顕現すればこの世界がそのまま神の創造された完全円満の実相世界であると分かる。そうすると全ての人が素晴らしい感謝せずにおれない有り難い存在であったと分かるのである。ここに無理せず自然に天地一切のものへの感謝が出来るのである。

堀 浩二

# by koujihori | 2018-08-21 15:06 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

現象に満足している者は実相独在の信仰者にはなれない。

 富める者が神の国に入るのはらくだが針の穴を通るより難しいとキリストは仰った。 
 現象に完全に絶望しない限りは実相独在の信仰に入るのは難しいだろう。

堀 浩二

# by koujihori | 2018-08-10 15:37 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

実相が出て来れば感謝も出来る。

 天地一切のものに感謝せよが生長の家の教えの根本であるがこれが中々難しいのである。現に自分に不実を為す人間を目の前にして感謝など出来るものではない。
 しかし、それは何時かはやらなくてはならない。それではどうしたら感謝出来る様になるのであるか?
 それは感謝は自分の実相が出て来れば自ずと出来るのである。

 「生命の実相」には自分が尊い神の生命であると分かれば人の生命も尊い命であると分かるとある。要するに自分の実相の目が拓けてくれば自分が神の生命であると分かり同時に他人も素晴らしい感謝せずにはおれない尊い神の子であるというのが如実に観じられる。

 感謝出来ない様なひどい悪人が実際に居るのではない。自分の実相がまだ顕現していないから本来完全円満な神の子の実相が見えていないだけなのだ。

 それならその実相は如何にしたら出て来るのか?それは実相は自分で出て来るのである。
 しかし、のんべんだらりとふわふわしていて出て来るのでもない。観世音菩薩の厳しいお示しの中で自己反省を真摯にして行く中で出て来る。

堀 浩二


# by koujihori | 2018-08-02 10:58 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

実相が出て来れば全ての不幸は消える。

 全ての不幸の原因は自己の実相がまだ顕現していない事である。実相は自分で出て来る。その時全ての不幸は嘘のように消える。この人生はそういう風になっているのである。この世界は実相と実相が自分で出て来る事しかない。

堀 浩二

# by koujihori | 2018-08-02 09:37 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

今そのままで完全円満であり問題はナイ

「続々甘露の法雨」に出て来るが「病気の原因は何であるか?」とか「色々と悟らせて頂きました」とかにこだわっている内は駄目である。

 要するに病気の原因を一つ一つこれから我(が)の努力で消して行って初めて幸せになるのではない。無論、観世音菩薩のお導きにより自己の心の姿を知って反省する事で自己の生長はある。しかしそれで反省して段々と完全円満になって行くのではない。今そのままで完全円満であり問題は始めからナイ!と悟らなくてはならない。

 今そのままで完全円満で問題はナイという所を直接把握しなくてはならないのである。それが実相独在の信仰である。 

堀 浩二


# by koujihori | 2018-07-30 14:21 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

悟りは無限生長する。

 悟りと言うのは面白いよねぇ。
 一つ悟ったかと思うと次の瞬間、その悟りに囚われている自分がいる。だから文言として形に現れた悟りは絶対的なものではなくて、常に内側からまた更に高い悟りが出て来てそれを無限に繰り返すと言う訳だ。

堀 浩二

# by koujihori | 2018-07-26 15:00 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

問題はナイ!

 問題はナイ!問題は自分が「これが問題だ」と問題をアルと思って心でつかんだ時のみ現れる。

堀 浩二

# by koujihori | 2018-07-26 09:40 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

一切の憂いは神様のみが消す事が出来る。

 究極は神様に何とかしてもらうしかないのである。私が懺悔して私が心を浄めて云々などではとてもなすすべがないという事もある。

 だから全託が大事である。神様のみが全ての憂いも悩みも病もその他一切の不完全を消す事が出来るのである。
 それこそが真の生長の家の信仰である。我(が)は要らない。現在の問題は過去の迷いの念が作り出したものであるがそれは同時に今の自分の信仰をトレーニングするトレーニング台である。
 そのトレーニング台で全託の信仰がより出て来てそれで実相が自ずと出て来てより無限生長するのである。

堀 浩二


# by koujihori | 2018-07-26 09:10 | 信仰 | Trackback | Comments(0)