対人恐怖症は人を悪く思う心があるから

 対人恐怖症というのがあるがこれは相手の完全円満の実相を拝んでいないからそうなる。これは本来は病気ではない。(そういう意味なら全ての病気は本来存在しない。それは全て心の迷いの反映に過ぎない。)

 相手を悪く思う。その心が度重なって潜在意識に溜まる。その心は恐怖心となるのである。それが対人恐怖症である。だから相手を神の子で良い人なんだと思う事が大事でそれを積み重ねれば対人恐怖は消える。

堀 浩二 
by koujihori | 2016-10-13 10:13 | 潜在能力 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joyfulness.exblog.jp/tb/23549259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家で病気を治そうと思うな。 真の生き甲斐とは >>