終末思想ではない。

 世界は終末思想ではなくて迷いの自壊作用、観世音菩薩のお示しにより、実相が顕現して御心の天になるが如く地にもなるのである。それは実相は自分で出て来るという事であり、その中で色々試行錯誤もあり失敗もあるが本当に悪い事ではなくてその迷いの基礎工事により実相、悟りが出て来るという事である。
 日本が大東亜戦争を始めたのは迷いであるがそれにより有色人種の国が独立するという実相が顕現したのである。 

 これからの世界もそうした迷いの自壊作用を経てそれが基礎工事になって実相世界、悟りの世界が顕現する。それは所謂終末思想ではない。

堀 浩二

by koujihori | 2017-11-10 10:52 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joyfulness.exblog.jp/tb/26121574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 真理は吾が内にのみあり 北朝鮮危機について >>