この世界はそのまま無限生長であり生長の家である。

 生長の家の素晴らしい所は現象はナイ,悪も不幸も病も戦争も闘争も本来無いという事なんだ。そしてそれらは全て吾々の心の影であり、心を正せばそれは自ずと消えるという事。
 そしてその心の現れという事が観世音菩薩様の有り難い御働きであり、それにより吾々は自己の心を反省し生長進歩出来る。
 だから森羅万象全て観世音菩薩様のお導きであるという事。そしてその過程で吾々の実相が顕現するという事。実相は完全円満であり、実相独在であり、それが表面に現れて来る事が無限生長であり、この世界はその事しかないという事。

 だからどんな事が起こって来ても本当に悪い事ではなくてそれは全て吾々の実相が自分で出て来る事なんだ。それこそが実相独在の生長の家であり、そして無限生長であり生長の家である。

堀 浩二


by koujihori | 2018-02-26 10:22 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joyfulness.exblog.jp/tb/26520086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家の生き方は我(が)がす... 自壊作用はナイ >>