愛他的になれば病気は消える。

 私は最近愛他的になれて来た。会社の人達へも自然な笑顔が向けられる様になって来た。愛他的になれば大抵の病気は消えると思う。特にノイローゼなんかは。
 愛他的になるという事は本当の幸福だったんだ。とても広々とした愉快でかつ豊かな心になれる。人は利己的だから苦しい。そしてそれは愛のない行為要するに人への批判心になり、自分の事ばっかり考えるから恐怖心が出て来る。それが高じればノイローゼになる。

 でも愛他的になるのもそれも中々、我(が)では出来ない。内側から自ずと神様が出て来てそうなる。でそうなる素質は誰にもある。それは皆人間は神の子であり愛そのものだからだ。そして我(が)というのは利己主義に通じるがその我(が)が強くて利己主義であるという事も愛他的な自分が出て来る為の基礎工事、準備段階と言える。だから利己的な我の強い人は実は愛他的な要素が多分にあるという事になると思う。

堀 浩二


by koujihori | 2018-05-09 10:31 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joyfulness.exblog.jp/tb/26766439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 実相は自分で出て来る。 神の国は汝のうちにのみあり >>