恐怖心は放っておくべし

 思ったら思った通りになると教えられているから恐怖すまいと思っても恐怖してしまう。そういう時は放っておくが良いのである。そのままでいるべし。その内恐怖は神が取り除いて下さる。全託すべし。そのまま恐怖本来無きなり。
 これは「続々甘露の法雨」にも書いてある。

堀 浩二

by koujihori | 2018-08-21 15:35 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joyfulness.exblog.jp/tb/27065347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家は途轍もなく素晴らしい。 自分一人が実相顕現すればよい。 >>