人生に悲しみや困難のある理由

 悲しみの奥に聖地がある。

 これは深い悲しい人生体験の奥に本当に素晴らしい悟りと悦びの境地があるという事である。
 吾々は完全円満の神様に完璧に生かされている護られている導かれている。しかし時として人生上で困難や悲しみに見舞われる事がある。これは吾々の内にある神の国を現象世界に実現する際、その前段階として出て来る過程である。その中で人生を諦めなかった人間が本当に内なる価値ある栄光を現象世界に現す。

 ただフワフワとして安穏として現象的に恵まれているだけでは真摯さも出す必要も他人に思いやりも培う事も無い。

 だから神様に生かされ護られていると言っても人生では色々な経験をさせられる事になっているのである。

堀 浩二


by koujihori | 2018-09-04 09:05 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joyfulness.exblog.jp/tb/27089126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神様が全部解決して下さる。 生長の家は途轍もなく素晴らしい。 >>