最高のコーチは対戦相手

 テニスのチャンピオン、ロジャー・フェデラーは偉大な選手である。先日は全仏オープンでライバルのナダルに惨敗したが、テニスというのはコートのサーフェスが色々種類があり、ナダルは全仏のコートのクレーコートのスペシャリストであり、フェデラーの様なグラウンドストローカータイプではない選手にはちょっと、クレーコートは不得手なコートであるから、あの様な結果になっただけである。

 ところでフェデラーの素晴らしい所は身体に無駄な力が入っていない所である。柔(やわら)の境地と言うか、合気道の境地と言うか、余計な力が入っていると却って、強烈な打撃を加える事が出来ないがフェデラーは余計な力が入っていない為にサービスにしろ、ストロークにしろ、派手なフォームではないが、実に強烈である。
 そのフェデラーが以前、言っていた言葉に「最高のコーチは対戦相手である」というのがある。普通、テニスのトーナメントプロというのは例外なく、専属のコーチをつけている。しかし、フェデラーは現在はコーチをつけているようだが、以前はつけていなかった。何故、コーチをつけないのかの質問があり、それに対する答えが前述のコメントである。

 私もテニスをするから、この言葉の意味は分かる気がする。というのはスポーツは何でもそうかも知れないが、テニスはことにテクニック的に難しく、そのやり方に関して、色々悩む事がある。それを頭で考えても分からず、考えすぎるとノイローゼになってしまうので、テニスでは世界的選手でもコーチをつけ、色々相談相手になってもらったり、アドバイスを受けながら、試合をするのであるが、そのやり方をフェデラーはコーチに頼らずとも自分で分かるという事だろう。
 それは具体的に何時、分かるかと言えば、試合中なのだと思う。試合中に無我無心になって、全力でプレーする時、自ずとこうしたらいい、ああ打ったらいいと内側からインスピレーション的に分かるのだと思う。だから、彼は最高のコーチは対戦相手と言ったのだと思う。

 私はラケットを初めて、握ったのはもう30年近く前の事だが、本格的に始めたのは10年ほど前である。それで、やはり、やり方、打ち方に迷う事がある。先日もセカンドサービスに使うスピンサービスがどうも上手く打てず、ちょっと困っていたが、試合中に自ずと内側からこうした方がいいというやり方が浮かび上がって、上手く打てる様になったのである。
 それはサービスに限らない。あらゆる技、戦略等が試合中に自ずと内側から分かるのである。(すぐにではない。大抵、失敗経験をして一旦、挫折を経験してからである。)大抵の人はそれを習うのに必死にテニスのレッスン書をひもとき、コーチに色々質問するのであるが、私は殆どそんな事はしない。もちろんコーチに注意された時はそれもコーチを通じて神が自分に教えてくれたと思って、素直に聞く事にしている。

 要するに吾々は神の子であり、内側に神の無限の叡智が宿っていて、それが必要に応じて、その時、その場で出て来るのである。だから、取越苦労は一切、必要無く、何事もその時の自分の中から自ずと出て来る神の導き、インスピレーションのままにしておれば良い。

堀 浩二
by koujihori | 2008-06-27 12:42 | 潜在能力 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://joyfulness.exblog.jp/tb/8175163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三谷文人 at 2008-06-29 20:18 x
 有難うございます

 対戦相手というのは、常に自分の弱点を突いて来るものですから、厳しいコーチになってくれますね。
 その厳しい攻めに、内なるインスピレーションに従ってプレーする堀さんの感性は素晴らしいと思います。

 >だから、取越苦労は一切、必要無く、何事もその時の自分の中から自ずと出て来る神の導き、インスピレーションのままにしておれば良い。

 日々の生活においても、神様をコーチにつければ、誰でも人生の一流プレーヤーになれますね。
Commented by koujihori at 2008-06-30 11:50
三谷さん

 いつも素晴らしいコメント有り難う御座います。ところで先週の土曜日にシングルスの試合に出ましたが、正に素晴らしいコーチ(対戦相手)ばかりで又、大きなヒントをもらいました。

 その日は何と男女混合の大会で女性もエントリーしていたんですよ。それで女性と試合しましたが何と・・・・。けっこう一方的に負けました。ショックだったですよ。相手は上手い事は上手いんですけど、技術的には僕は負けてないと思うんですけど、要するに動きについていけなかったです。シングルスって脚力が大きくものを言いますが、それを本当に実感しました。という訳で本当に気を入れて、足腰を鍛え直す事にしました。体重も10キロは落とさないと駄目だと痛感しました。これって皆、その女性の対戦相手に教えてもらったと思います。
<< 生長とは自己の内部の宝を発見すること 思ったら思った通りになる。 >>