生長とは自己の内部の宝を発見すること

 生長とは自分の努力とか訓練とかによって、徐々に自分を良くして行くものではない。元々既に無限に良かったものを自己の中に発見して行く事である。だから、努力とか訓練というものはその自分の中に隠された無限の宝を発見して行く過程なのである。

 だから、上達というのはスロープ状に段々なだらかにされて行くものではなくて、階段状にされて行くと言われているのである。例えば、ある人が英会話とかテニスとかを真剣にやっているとして、それがいくら努力しても研究しても全然、上達しないという事があるのである。要するに努力や練習している割に力や技が向上しないのである。それどころかやればやるほど、ますます駄目になり、下手になる時期もある。それである人はそれで諦めて、自分は駄目だとか才能が無いとか思って、自分で見切りをつけて、止めてしまう。
 しかし、また別の人は自分の可能性を信じて、努力を継続するのである。そうこうして行く内にその人は自己の内部に既にそのままで完全円満の無限力を発見する。発見すれば、その力をすぐ使えるから飛躍的に力が伸びる。
 そうして、その人は上達したり、生長するが、成功する人と不成功に終わる人との違いは正にそこにある。

 だから、生長や進歩というのは徐々にスロープ状に上達するのではなく、しばらくうだつが上がらない状態が続くがそれを耐えていると突如化ける時が来ると言うか、突然、大幅に上達する瞬間が訪れるので生長や進歩は階段状に上達すると言われるのである。

 それは習い事に限らない。人生において、何か問題があって、それの解決に向けて日々努力していても、中々良くならないどころか、却って悪くなる様な時にもう駄目だと思って人生を投げてしまう様では駄目で、駄目だと思った後にそれでもまだ努力を継続する者は遂にその絶望の向こう側にある栄光や救いにたどり着くのである。

 要するに生長というのは自己の力で自分を良くして行くのではなく、既に神の力に完全に生かされ、無限力を与えられている自分の実相の宝を発見して行く事なのである。


堀 浩二
by koujihori | 2008-06-30 12:33 | 潜在能力 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://joyfulness.exblog.jp/tb/8192635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-06-30 18:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koujihori at 2008-07-01 08:48
シークレットコメント様

 有り難い御言葉有り難う御座いました。私もこのブログをやっていて本当に良かったと思いました。
Commented at 2008-07-01 18:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 迷い 最高のコーチは対戦相手 >>