<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

生長の家の生き方は我(が)がするのではない。

 生長の家の生き方が出来る人と出来ない人がいて、自分は出来ないと思っていた。特に「取り越し苦労するな」というもの。分かっていてもしてしまう。それと「今に集中して生きろ」というのも出来なかった。
 そして何より出来なかったのが自分を与えきる事。私が青年会をやっていた頃は理想世界百万運動というのの名残で青年会の研修会に行くと理想世界誌1,000部一括申込というのを決意させられる雰囲気があった。こうなるとものすごい出費で自分の趣味とかなんかはもちろん、全てを生長の家に捧げないと行けない気持ちになる。実際それが出来る人は良い。でも当時の自分はとてもそんな事は出来ないと思っていた。
 そうこうする内に自分は完全に生長の家に自分を捧げ切らないので色々悩みが出て来た。スパッと全て捧げ切れていれば悩みなんか出ないはずなのに。
 そして私は利己主義を捨てきれずに奈落の底に落ちた。そして極度の不眠症になりノイローゼになった。これも自分が生長の家の生き方をやり切れず利己主義を捨てきれなかったからだと自分を責めた。

 そうこうする内に私は宇治別格本山の榎本恵吾先生の元に導かれ、そこで一般練成十日間を受けその後、研修生となった。そこで榎本先生の薫陶を受け
「そのままでよい」「生きるんじゃない生かされるんだ。」「実相は自分で出て来る」「全託と言ったら本当の全託で良い」と分かった。今から21年前、私が38歳の頃です。

 そこからですよ。生長の家の生き方は我(が)の頑張りでするのじゃなくて自分の中の神、実相が自分で出て来てされるのであると分かったのは。そして私は肉体的にも癒され、元気が内側から出て来て職場に復帰。そして仕事に趣味に生長の家の活動に以前の百倍のパワーと悦びで取り組める様になれた。

 そこからは自分の中に神がある。完全円満がある。一切は神により為される。全託でよい。と分かったのです。

堀 浩二


by koujihori | 2018-02-27 16:59 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

この世界はそのまま無限生長であり生長の家である。

 生長の家の素晴らしい所は現象はナイ,悪も不幸も病も戦争も闘争も本来無いという事なんだ。そしてそれらは全て吾々の心の影であり、心を正せばそれは自ずと消えるという事。
 そしてその心の現れという事が観世音菩薩様の有り難い御働きであり、それにより吾々は自己の心を反省し生長進歩出来る。
 だから森羅万象全て観世音菩薩様のお導きであるという事。そしてその過程で吾々の実相が顕現するという事。実相は完全円満であり、実相独在であり、それが表面に現れて来る事が無限生長であり、この世界はその事しかないという事。

 だからどんな事が起こって来ても本当に悪い事ではなくてそれは全て吾々の実相が自分で出て来る事なんだ。それこそが実相独在の生長の家であり、そして無限生長であり生長の家である。

堀 浩二


by koujihori | 2018-02-26 10:22 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

自壊作用はナイ

よく生長の家の人で
「今はまだ(過去の迷いの念の)自壊作用中でして」
 と言う人が居る。

 こんな人は永遠に自壊作用中だろう。

 自壊作用(現象)はナイ!今そのままで完全円満である。

堀 浩二


by koujihori | 2018-02-21 13:13 | 信仰 | Trackback | Comments(0)

迷いは悟りの基礎工事である。

 強迫観念の正体は我(が)である。これは宇宙に満ちた完全円満の神を信じる事が出来ず「私が、オレが」と力む事であり、それが「ああしなくちゃいけない、こうしなくちゃいけない、これをしてはいけない」というとらわれとなりそれが高じると強迫観念となり不眠症、ノイローゼになる。
 しかし、それは繰り返すがその正体は我(が)である。しかし、我(が)なるものは本来は存在しないのである。それなら何故その本来存在しない我(が)が出て来るのか?それは実相独在の悟りが出て来る為の基礎工事なのである。我(が)とは迷いであるが迷いは悟りの基礎工事であるとは「神真理を告げ給う」に書いてある。

 その我による強迫観念、恐怖心により脳髄が損傷されて来て不眠症やノイローゼになるがこれも観世音菩薩様による救いの現れである。こうした過程を経て自己の考えの誤りを如実に悟る事により実相独在の悟りに結びつく。

 だからあらゆる現象は悟りが出て来る為の準備段階であり神のお導きであり、本当に悪い事は一つも無いのである。


by koujihori | 2018-02-06 10:41 | 信仰 | Trackback | Comments(0)